町田啓太、ドラマ『テッパチ!』主演も驕らない“低姿勢”を培った「謙虚にね」母の教え

『劇団EXILE』の町田啓太

■「この楽曲を心に流しながら撮影を駆け抜けたいと思います」

 主題歌の発表に合わせて撮影の意気込みを語ったのは、7月6日にスタートするドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)で主演を務める『劇団EXILE』所属の俳優、町田啓太だ。

「主題歌は『GENERATIONS from EXILE TRIBE』という、町田さんと同じ事務所『LDH』に所属する7人組ダンス&ボーカルグループが務めます。かつて■町田さんも研修生として、メンバーたちと下積み時代を過ごしていたこともあり、冒頭のコメントを寄せたのでしょう」(テレビ誌ライター)

 そんな町田が気合を入れるドラマだが、そもそも『テッパチ』ってどんな意味?

「自衛官がかぶるヘルメットのことです。■ドラマは陸上自衛隊を舞台とした完全オリジナルのストーリー。若者たちが友情や恋愛に悩みながらも奮闘し、成長していく汗と涙の青春ドラマです。防衛省が全面協力しており、車両やヘリコプターなどは、実際に陸上自衛隊で使われているものを撮影に使っています」(同・テレビ誌ライター)

“パンイチ”でウロウロする町田

町田啓太主演ドラマ『テッパチ!』のポスタービジュアル。キャスト11名が勢ぞろい(公式HPより)

 町田といえば、2020年に放送されたテレビ東京系ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』に出演。深夜枠ながら話題を集め、ドラマタイトルの通称である“チェリまほ”というワードがTwitterで大バズリ。今年4月に映画版も公開された。

「何冊も写真集を出している町田さんは、その引き締まった肉体美が評判なんです。

 ある雑誌の撮影では、■スタジオ内のメイクルームを町田さんが“パンツ一丁”姿で平然とウロウロしているのを、女性スタッフたちは“目のやり場に困っちゃった〜”と言ってハシャいでました(笑)」(スタイリスト関係者)

ドラマ『中学聖日記』打ち上げの2次会会場を出る町田啓太(2018年)

 その撮影中、スタジオの真っ白な床に、町田が履いていた靴によってついた汚れをスタッフが拭き取っていると、

■「あっ! 僕のせいでスミマセン! 自分で拭きます!」

 と言って、スタッフたちを手伝っていたという。

母から教えられた「謙虚に」の低姿勢

「そんな腰の低さも町田さんの魅力で、どの現場でも好印象なんです」(前出・スタイリスト関係者)

 以前、共演した俳優からも《人を傷つけないようにする言葉選びやマインドには学ぶものがあるくらいステキ》と評される町田。本人も過去の雑誌インタビューで、

■《昔から母によく“謙虚にね”と言われてきているので、それは意識しているかもしれません》

 と語り、さらに、

■《僕自身、事務所に入った時に丁寧に接してもらったのを今でも印象深く覚えていて、そうありたいものだと常に思ってきました》

 と肝に銘じる。鍛え上げられた筋肉と体育会系な姿勢は自衛隊ドラマにピッタリ!

関連記事(外部サイト)