純烈、小田井涼平卒業後に加入の新メンバーが決定!元仮面ライダー俳優・岩永洋昭の“ちょい不良”漢気素顔

右から新メンバーの岩永洋昭、『純烈』現メンバーの酒井一圭、後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平

■《初心と感謝の気持ちを忘れる事なくしっかりと胸に携え、大冒険の旅へ》

 9月1日、“スーパー銭湯アイドル”こと男性コーラスグループ『純烈』に、新メンバー岩永洋昭(42)が加入することが発表された。

「『純烈』は、現メンバーの小田井涼平さんが年内での卒業を4月に発表して以降、新メンバーの選考を行ってきました。“30代から50代の身長1メートル75センチ以上”という条件が明かされ、■タレントのJOYさんや野々村真さんが立候補して注目が集まりましたね」(スポーツ紙記者)

 丁寧なファンサービスとルックスのよさで、マダム世代から絶大な人気を誇るグループだからこそ、後任についてはさまざまな臆測が飛び交っており、その候補のひとりが岩永だった。小田井の卒業発表から5か月がたってようやくの新メンバー決定となったが、その岩永とはどのような人物なのだろうか。

「学生時代からモデルとして活動を始め、2010年にテレビ朝日系の『仮面ライダーオーズ』に出演したことで注目を浴びました。■私生活では2016年に結婚し、第1子となる娘さんも生まれています。年内はレッスンに励んで、デビューの準備に専念するそうです」(同・スポーツ紙記者)

『JUNON』編集者との出会い

 実は、彼の芸能界入りのきっかけをつくったのは、イケメン雑誌『JUNON』の編集者だった。

「たまたま行った■飲食店で店員として岩永くんが働いていて、受け答えがすごく気持ちよかった。身長も高くてガタイもよかったから話を聞いたら“役者を目指している”って。だから、ツテのあった芸能事務所に紹介して回ったんだよ。確か、当時は銀座の『フェラガモ』でドアボーイのアルバイトもしてたんじゃないかな。

 そのときのことにすごく恩を感じてくれているみたいで、時々電話で近況報告をしてくれてたかな。『純烈』加入を知って電話したら、■“実家の親も喜んでくれました”って随分うれしそうだったよ」(JUNON編集者)

 2015年まで所属していた前事務所のマネージャーも、岩永をよく知るひとり。

「モデル活動をして、俳優の養成所にも通っていたので全くの素人というわけではありませんでしたが、入所当時はすでに20代後半。■いろんな苦悩があったでしょうが、本人はかなりストイックな性格で、芝居も身体を鍛えることも努力を惜しまない人でしたね」

小田井涼平188cm、岩永洋昭187cmとふたりとも高身長。派手なスーツは小田井のもの

一見、不真面目そうに見えるが

 その結果、30歳を越えて仮面ライダーへの出演を果たし、仕事が増えていった。

■「人気が出てきても決して有頂天にならなかったのが岩永らしかった。一見、不まじめそうに見えますが、人間関係を人一倍大事にしていたので、彼の悪口を言う人はいないんじゃないでしょうか」(前事務所のマネージャー)

 2008年に『トミカヒーロー レスキューフォース』(テレビ東京系)で共演した当時俳優の野口征吾は次のように語る。

■「撮影後にみんなでご飯を食べに行くときは、年長者の岩永さんがいつもおごってくださったのを覚えています。でも、現場で威張るようなそぶりは全くなくて、撮影の合間には台本を読み込んだり、筋トレをしたり(笑)と、いつもまじめでしたね。“漢気”あふれる、情に厚い人なんです」

 “ちょい不良”→“ヒーロー”→“アイドル”……華麗なる変身はまだまだ続く!?

新メンバーの岩永洋昭

2011年、『仮面ライダーオーズ』のイベントに出席した岩永洋昭

 

2011年、仮面ライダーと戦隊ヒーローのイベントにて。後列、左端に岩永洋昭

『仮面ライダーオーズ』で仮面ライダーバース役を演じた岩永洋昭(インスタグラムより)

関連記事(外部サイト)