読売新聞の女性記者との交際・妊娠報道の中畑清 直撃取材に「坂本」連呼で、坂本勇人の女性トラブル収束を図る巨人の“ダンマリ作戦”が台無し

読売新聞の女性記者との交際・妊娠報道の中畑清 直撃取材に「坂本」連呼で、坂本勇人の女性トラブル収束を図る巨人の“ダンマリ作戦”が台無し

中畑氏が文春砲に"坂本"連呼

中畑清

「巨人OB会会長」の肩書きを持つ、『読売ジャイアンツ』の元スター選手で、『横浜DeNAベイスターズ』監督も務めた中畑清氏によもやの“文春砲”だ。

 9月29日発売の『週刊文春』によると、なんでも■30歳近く年の離れた女性との間に子どもを身籠るも中絶し、4年愛に終止符を打ったというもの。この交際女性は読売新聞の記者だという。

「中畑さんがDeNAで指揮をとっていた■2012年に奥さんは他界しており、翌年に出会ったという女性記者との関係は不倫にはあたりません。破局したのも数年前と過去の交際ですが、なぜ今になって表に出てしまったのか。

 やはり今、■“巨人”“中絶”のキーワードから連想されるのは巨人軍のキャプテン・坂本勇人、ですよね(苦笑)」(芸能リポーター)

 同じく『文春オンライン』で報じられた、坂本勇人選手による20代女性への「中絶要求トラブル」。爽やかなスポーツマンに似つかわしくない、女性をまるで物のように扱う言動や、■《おろすならおろすで、やったら早い方がいいやろ?》と中絶を要求していたことが明らかになったのだ。

 ところが、女性側とはすでに示談成立しているともあってか、坂本本人から謝罪や釈明はなく、“上司”である原辰徳監督も一件には触れていない。さらにはネット上で批判の声が高まる一方で、スポーツ紙やテレビといった主要メディアも一切報じない、なんとも不自然な騒動に。

文春の直撃取材に「坂本」を連呼

 前出の芸能リポーターも、「天下の巨人軍、そして読売グループを敵にしたくないということ」と声を顰める。

「御用媒体は早々と■、“坂本のネタはNG”と忖度して取り扱わないことを決めたみたいですね。チームを含めた、その周囲の関係者が一丸となって■“ダンマリ”を決め込み、自ずと騒動が収束するのを図っているのだと思います」

 その作戦が功を奏してか、時間が経つにつれて坂本に関する記事、またネット上の声も収まりかけていたのだがーー、

■《このネタは、坂本と同じように皆さんが扱って、そういうふうにネタになるんじゃないかと思って(情報提供者が)言い出したんじゃないの、おそらく……》
 

■《やっぱり(情報提供者は)坂本のブームに乗りたいっていうところがあるんだろうな……》

 あろうことか、中畑氏は9月下旬に応えたという文春の直撃取材において「坂本」を連呼。OB会会長である“巨人関係者”が、自ら坂本選手の騒動を蒸し返してしまった形に。これにはプロ野球OBも苦笑いするしかない。

「もう……、台無しですね(苦笑)。■清さんはウソをつけない正直な人だから、ついつい“坂本のせいで俺まで”と愚痴をこぼしてしまったのでしょう。

 明るいキャラクターと旺盛なサービス精神、そしてDeNAの底上げに貢献した実績から次期ジャイアンツ監督候補の1人との声も上がっていたみたいですが、この口の軽さはちょっと信用を失ってしまうかも」

 絶好調! ならぬ“絶舌調”だったようで。

 

インスタグラムで使われ始めた坂本勇人選手をネタにしたフィルター

 

その甘いルックスから坂本勇人には女性ファンも多い(読売巨人軍 日本シリーズ優勝パレード2012年)

観客に手を振る坂本勇人(読売巨人軍 日本シリーズ優勝パレード2012年)

 

坂本勇人選手、原辰徳監督(2012年)

 

 

関連記事(外部サイト)