吉本社内で「むしろ株を上げた」岡本社長と、所属芸人が明かす“松本人志への本音”

揺れる吉本陣営に所属芸人が感じる“本音”とは?

 いまだ尾を引く吉本興業のお家騒動。事態が長引いていることで、芸人たちにはダイレクトに影響が出ている。

「■反社会的勢力への闇営業問題のせいもあって、吉本所属芸人たちへの営業オファーが解消されるケースが多くなってきています。まじめにやっている芸人たちは“吉本ってだけで悪い目で見られて困ってる”と口々に言ってます。また、バラエティー番組などのキャスティング変更も多く起こっています。一時的にスケジュールを押さえる“仮押さえ”も、吉本芸人たちのバラシが続出しています」(吉本をよく知る放送作家)

 騒動をさらに大きくしたのは、吉本の経営陣だ。

「■岡本社長の会見は大崎会長の指示で“宮迫博之とロンブーの田村亮は契約解消しない”という確定事項以外は、断言をしないということを決めていたそう。最後まで大崎会長の指示を守った岡本社長は、むしろ社内評価は上がっている。ただ松本人志さんから会見にダメ出しが出たことで、形式上、社長から退く方向で進んでいるという話があります」(同・放送作家)

■「すでに“松本興業”でしょ」

 今回、最も吉本を批判しているのが極楽とんぼの加藤浩次。松本に対して“僕が口をきくのもおこがましい話”としながらも苦言を呈した。

「■大崎会長が加藤さんに対して激怒しているという報道もありましたが、今はトーンダウンした印象ですね。当初は怒りのまま発言していた感じですが、最近は言葉を選んで、コメントも少なくなっています」(芸能プロ関係者)

 経営陣や松本に対して不信感を持っているのは、加藤だけではない。松本は「問題のある芸人の面倒を見る。部署として松本興業でもいい」とコメントしていたが、現役で吉本に所属する中堅芸人は、

「■力を持ってて、社長と会長とも近くて、すでに会社は“松本興業”でしょ。僕は松本さんよりも加藤さんについていきたい。もし加藤さんが独立なりするなら、移りたい。加藤さんは松本さん周りの芸人と違って、北海道から出てきて、特別なバックアップもなく、実力であそこまで上り詰めた。今回闘ってくれていることも本当に尊敬できます。

■ テレビには松本さんと近い芸人が出ることが多いですが、松本さんより加藤さんについていきたいという芸人のほうが多いと思いますよ」

 吉本が発表している第三者を含めた『経営アドバイザリー委員会』は8月8日に開催予定。加藤、そして宮迫と亮が経営陣と再度、話し合いをする日時について決まっているか吉本に問い合わせると「公表は差し控えさせていただきます」とのことだった。

 加藤の次の一手で“お笑い大国”が割れる可能性も。

関連記事(外部サイト)