チョコプラ&シャチホコ「モノマネブレイク芸人」がいまもテレビで生き残る理由

モノマネでブレイクした芸人たちの真価とは──?

 IKKOのモノマネをする松尾駿、和泉元彌に扮(ふん)する長田庄平とコンビそろってモノマネ芸を披露するチョコレートプラネットに、声のみならずキャラクターまで和田アキ子に寄せにいくMr.シャチホコ。今“モノマネ芸人”たちのブレイクが止まらない! ひな壇にロケにと、彼らがテレビに引っ張りだこな理由とは……? 『ダウンタウンDX』など人気番組を多数担当する放送作家・山名宏和が答える。

 モノマネ芸人の中で今、なぜチョコプラとMr.シャチホコがブレイクしているのか。モノマネが面白いのはもちろんですが、■それに加えて彼らは「ひな壇に座ることができる」芸人であるからです。

 モノマネ芸人の中にはフリートークが苦手だという人はけっこういます。それは、モノマネ芸人としては、さほどマイナスなことではありません。彼らのウリは、あくまでモノマネ。ミュージシャンがフリートークを苦手でも何の問題もないように、モノマネ芸人にとっても、本来は何の問題もありません。

■モノマネのまま“ひな壇にいられる”

 ですが、テレビ出演となると話は変わります。現在のバラエティー番組の主流は、複数のゲストを招くひな壇スタイル。フリートークが苦手だと活躍できません。

 スタッフもモノマネ芸人はフリートークが苦手なことをわかっているので、意味がない限りキャスティングしようとはしません。そのため、モノマネ芸人がテレビ的にブレイクするのは難しいのが現状です。

 しかしチョコプラとMr.シャチホコは違いました。

 チョコプラはもともと『キング・オブ・コント』や『M-1グランプリ』でも上位に入る芸人。フリートークもいけます。■モノマネはあくまで余技です。そのモノマネも、「どんだけ〜!」「そろりそろり」と短いフレーズで笑いをとる一発ギャグのようなスタイル。トークの流れを阻害することはありません。これならば、ひな壇にも安心して座ってもらうことができます。

 Mr.シャチホコはチョコプラとは違い、ザ・モノマネ芸人ですが、ひな壇に呼ばれるようになったのは、彼がやる和田アキ子さんのモノマネの独自性によるものでしょう。

 ■これまで和田アキ子さんのモノマネといえば歌マネばかり。そんな中、バラエティー番組でしゃべっているときのマネというのは、とても斬新でした。そしてこれならば、トークの途中でふられてモノマネをしても、やはり話の流れを阻害することはありません。和田アキ子さんの代わりにしゃべっているようなものなのですから。しかもご本人が言えば普通のコメントでも、Mr.シャチホコが言えばそこに笑いが生まれます。 

 そんな彼らだからこそ、番組中、ずっとモノマネの格好のままひな壇に座っていることが可能になりました。これができるモノマネ芸人は、たとえ本人がやれると言ってもスタッフが止めることもあるので、彼ら以外に思いつきません。

 ■そしてもうひとつ、彼らの出演が増えた理由としては、モノマネされたご本人との共演が、意外と早く実現したことでしょう。

 モノマネ芸人とモノマネされる本人の共演は確実に面白くなるので、いろいろな番組で一度は企みます。けれど、実現までのハードルは高い。しかし今回の場合、和田アキ子さんも、IKKOさんや和泉元彌さんも、彼らとの共演は自分たちにとってもおいしいと感じたのか、彼らのモノマネが注目を集めた初期の段階から、共演にOKを出してくれました。これならば、番組を作る側としても、新たな展開を考えることができる。

 たとえば、僕の担当番組でも「和田アキ子さん1日密着をご本人の代わりにMr.シャチホコで再現」「IKKOさんのエピソード紹介VTRにIKKOさん役でチョコプラ松尾が出演」などをやりました。こうして、さらに露出が増えていったのです。

 以上が、チョコプラとMr.シャチホコがブレイクしていると世間が感じている理由、山名説です。
?

<プロフィール>

山名宏和(やまな・ひろかず)
古舘プロジェクト所属。『ダウンタウンDX』『行列のできる法律相談所』のようなバラエティー純度の高い番組から、『この差って何ですか?』『たけしの家庭の医学』のような情報濃度の高いバラエティー、さらには『ガイアの夜明け』のようにきまじめな番組まで、よく言えば幅広く、よく言わなければ節操なく携わっています。

関連記事(外部サイト)