「俺はカリスマになりたい」2.5次元界のトップを走る佐藤流司の“本質”

 マンガやゲームを原作とした舞台作品=「2.5次元」の人気が過熱する今。占い界イチの2.5次元&アニヲタである占い師の阿雅佐(あがさ)さんが、注目の2.5次元俳優を独自の視点で分析します! 今回分析するのは、2.5次元界の若きトップランナー・佐藤流司さんです。

ミュージカル『刀剣乱舞』の刀剣男子、加州清光を演じる佐藤流司

■第2回
ロード・トゥ・カリスマ 〜佐藤流司 カリスマへの道〜 

 佐藤流司の勢いが止まらない。

 ミュージカル『刀剣乱舞』(以下、刀ミュ)から“刀剣男子”として『第69回NHK紅白歌合戦』へ出場を果たしたかと思えば、今年の夏ドラマ『HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O』(日本テレビ系)で快進撃を飛ばし、ボートレースのCMではその歌声と麗しい姿を披露。牙城である2.5次元舞台での人気・実力は言うに及ばず、今や一般の老若男女にまで広く存在を浸透させつつある。

 一見、女の子のような甘い風貌とは裏腹の、凛として強い佇まい。その鋭利な視線からは、まるで研ぎ澄まされた刀のような“真剣み”を感じずにいられない。

 ■謙虚でありながら挑戦的。努力家でありながら感覚的。矛盾し相反する魅力はまさに“ギャップ萌え”の権化だ。24歳にして、2.5次元界のトップランナーと称されるまでになったのも頷ける。

 2.5次元舞台で大切なのは、言うまでもなくキャラクターの再現度だ。ルックスはもちろん、身に纏(まと)う空気感や立ち居振る舞い、ちょっとしたアドリブのディティールまで、できる限りキャラクターに寄せることが大前提。とはいえ、それでも役者の個性が滲み出てしまうことはある。ファンの中には、そんな瞬間を楽しみにしている人もいるかもしれない。

 だが、佐藤流司は徹底的にその再現度にこだわる。

『刀ミュ』を観た人ならもちろん、そうでない人も、『紅白』や『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)など、刀剣男子が出演した番組で、彼に目を奪われたのではないか。

 ■MCから急に話を振られても、返しは必ず彼が演じる「加州清光」100%。コメントはもちろん、“誰かが話しているとき、心ここに在らずな感じで、なんか髪をいじってたりする”様子など、その徹底ぶりは見事。1ミリも佐藤流司を出さなかった。

 いったいなぜ、彼はそこまでするのだろう。真面目なのか遊び心なのか、はたまた憑依(ひょうい)型の所以(ゆえん)か。

 ■佐藤流司は1995年1月17日生まれの山羊座だ。山羊座はストイックな完全主義者。自分に厳しく、やれる努力は最後の一滴までふり絞って結果を出そうとする。「頑張ったけど、これ以上はちょっと」は存在しない。できない言い訳とやらない理由は、山羊座の辞書にないからだ。佐藤流司が完璧にキャラクターを再現できる理由はここにある。

 少し専門的になるが、占星術では太陽を含め月・金星・火星など10個の天体を読む。佐藤流司の場合、核となる太陽以外に、革命の星・天王星、芸術の星・海王星を山羊座に併せ持つ。とても珍しい、強烈なコンジャンクション(連結によりパワーが増幅すること)の持ち主だ。これにより彼の山羊座的な性質は強化され、ゴールを具現化するパワーと気概が際立つこととなる。いわば■山羊座の“極”である。

■彼は伝説を作ろうとしている

 もう1つ重要なファクターがある。

 山羊座は長期展望で物事を計画実行するタイプ。目標という鋳型(いがた)に努力と経験を流し込むことで、じわじわと血肉を作り、魂を吹き込むのだ。ゆえに■山羊座は老成の星座とも言われる。どんなに若くともシビアに将来を見据えているし、人生はやがて終着駅に辿り着くことを識(し)っている。

 佐藤流司はどこへ向かっているのか。彼はその答えを幾度となくインタビューで口にしている。

■「俺はカリスマになりたいんです」

 ■終着駅を見据えるのが山羊座なら、佐藤流司にはすでにそのビジョンが見えているのかもしれない。10年後20年後、もしかしたら100年後の評価や実績から今を逆算しているのではとすら思わせる。

 カリスマとなるために今、何を成すべきかを常にイメージし、実行しているのだとしたら。それは単に「努力を重ねる」とか「経験を積む」といったことではない。それだけでは足りないことを彼は知っている。彼は伝説を作ろうとしているのだ。

 9月スタートのドラマ『REAL⇔FAKE』(TBS/MBS)で、佐藤流司はバンドボーカリストを演じる。彼が俳優活動と並行して行なっているバンドプロジェクト『The Brow Beat』のボーカルRyujiを彷彿とさせる役柄である。

 2.5次元スターが勢揃いするこの作品で、佐藤流司はどんな顔を見せてくれるのだろう。いや、ここで開拓する新境地が彼にはもう見えているのかもしれない。そのビジョンを具現化するために、猛烈な努力と鋼の意志で未来を創り上げるだろう。カリスマとはそうあるべきものだから。

阿雅佐●占星術研究家・心理ナビゲーター。西洋占星術、血液型占い、タロットカードなど、古今東西の占いに精通。『CanCam』『PASH!』『anan』『JUNON』ほか年間100本以上の雑誌記事・Webコンテンツを執筆する恋占いのエキスパート。今までに鑑定した人数はのべ1万人に及ぶ。『スッキリ』『アッコにおまかせ!』ほか、テレビ出演多数。『おそ松さん占い』(主婦と生活社)ほか、約40冊の著書があり、小説『魔女たちの占いゲーム』(イースト・プレス)、『モデル マジック』(学研教育出版)を上梓(じょうし)するなど、作家としても活動している。
Twitter @agatchy
Instagram fortunenavigatoragatha

関連記事(外部サイト)