注目女優の小島藤子、母からもらった指輪を肌身離さず「私、マザコンなんです」

小島藤子さん

「私、実は物持ちがいいほうじゃなくて……。大事にしたいとは思うけど、すぐになくしちゃったり、ダメにしちゃうんです」

 と苦笑するのは、女優の小島藤子さん(25)。そんなモノに無頓着な彼女が肌身離さず大切にしているのが、20歳の誕生日に母親からプレゼントされたティファニーの指輪だ。

■2時間悩んで選んだ

■「これまでファッションに興味がなく、アクセサリーもつけたことがなかった私を見かねた母が、20歳になったんだから少しは大人の女性に見られるようにと贈ってくれたんです」

 複雑な飾りがほどこされたやや厚めの金のリングは、20歳の女性が身につけるには少々凝っている。

「■石がついていたり、シンプルなものは誰かとかぶっちゃいそうな気がして、できるだけ凝ったデザインのものを選びました。当時は人とかぶるのがすごく嫌だったんですよ。2時間くらい悩んだから、母はあきれてましたね。

 ただ、飾りにこだわったぶん、汚れがたまりやすくて。最近、久しぶりにクリーニングしたんですけど、掃除のしがいがありましたってお店の人に言われちゃいました(笑)」

 出演する放送中のドラマ『百合だのかんだの』では、親友の証としておそろいの指輪をはめる“友リング”なるものが出てくるが……。

「実は私、絶対しないタイプなんです。どんなに仲がよくても、彼氏ができたら彼氏優先ではずされちゃう可能性もあると思うんです。たとえ友リングでも終わりが見えちゃうのは悲しいので。束縛されるのが嫌という感覚はないんですけど、おそろいはあまり好まないタイプです」

 昨年の12月に25歳になった小島さん。意外にも、ようやくファッションやメイクにも目覚めたそう。

「今まで女子っぽい世界に全然触れてこなかったんですよ。ネックレスやブレスレットも衣装以外でつけたことがなかった。25にもなってさすがにそれじゃいかんだろうと、初めて髪にも色を入れ、アクセサリーを集めたり、友達にメイクを教わったりするようになりました。

■ 私、役ではしっかり者だったりクール系の女性を演じることが多いけど、中身は少年なんですよね(笑)。内面はなかなか変えられないものだから、せめて見た目だけでも年相応のお姉さんになれたらなと。買い物もそれまでは母とばかり行ってたんですけど、同世代の流行を知るために友達とも行くようになりました。今、大人の女性になるべく修業中なんです」

20歳の誕生日に母親から贈られたティファニーの指輪。凝ったデザインがお気に入り

■母が休みだと友達と遊ばない

 とはいえ、母親離れはまだできそうにない。

「■私、マザコンなんです。ひとりっ子なんですけど、母とは姉妹というか、むしろ彼氏みたいな感じです(笑)。どんなことでも常に並んでて、よく友達に引かれます。

 母はもう60過ぎているんですけどすごく気持ちが若い人で、ゲームも一緒にしてくれるんですよ。母の仕事が休みのときは母との時間を優先して絶対、友達とは遊ばないです。そんな私とは対照的に母は放任主義なんですよね。だから、かまってかまってってなっちゃうのかも。

 家では完全にオフモードになれるので、仕事で嫌なことがあっても、すぐに切り換えて忘れられるんです。家が癒しの場所になっているのは本当にありがたいです。ただ、あまりにも家の居心地がよすぎて全然自立できないんですよね」

 女優歴も10年を超え、新たな自分を模索中だ。

「今までは制服の役(学生)が多かったんですけど、そろそろ年齢的にキツくなってきたので(笑)、今後は職業モノの制服が着たいなと思います。

■ 『百合だのかんだの』で演じた海里は、女のコが大好きのオヤジキャラというブッ飛んだ今までにない役で、すごく楽しかったんです。私のイメージも少し変えてもらえたと思うので、これをきっかけに、さらに役の幅も広げていきたいです」

《プロフィール》
こじま・ふじこ ◎1993年生まれ。東京都出身。'08年、ドラマ『キミ犯人じゃないよね?』で女優デビュー。映画『この道』『としまえん』、ドラマ『ひよっこ』のほか、舞台にと活躍中。現在、『百合だのかんだの』(フジテレビ)に二宮海里役で出演中

関連記事(外部サイト)