『なつぞら』打ち上げ 9時間半が濃すぎた! 「絵かき対決」「激辛シュー」「欅坂46」

'19年8月、朝ドラ『なつぞら』の打ち上げに参加した広瀬すず

「広瀬さんは、黒のワンピースに黒いパンプスで上品な“全身黒コーデ”、北海道編で主人公のなつを支えていた山田天陽役の吉沢亮さんも、黒のワイドパンツに黒Tシャツをインした黒をテーマにしたおしゃれコーデでしたよ」(参加者のひとり)

 8月下旬の夜、広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』の打ち上げが都内ホテルで行われた。本作は、朝ドラの記念すべき100作目ということで、歴代のヒロインたちが出演。打ち上げも、主演級の役者が勢ぞろいする豪華な会となった。

「■夜6時から始まった1次会では、朝ドラでヒロインを務めた経験のある松嶋菜々子さんや山口智子さん、比嘉愛未さん、貫地谷しほりさんなどがいらっしゃっていました。

■男性だと、藤木直人さんはもちろんのこと、吉沢亮さんや草刈正雄さんなど、主要キャストのほとんどが参加していましたね。2次会に向かう途中では、岡田将生さんと清原翔さん、中川大志さんが仲よさそうに談笑されていましたよ」(NHK関係者)

■松嶋菜々子も3次会へ

 1次会では、こんな“サプライズ”があったようで、

「■ナレーションを務めていた内村光良さんが、映像で登場して開会宣言。その後、主役の広瀬さんが乾杯の挨拶をしてから、キャストやスタッフたちのスピーチが始まりました。広瀬さんは“撮影期間は長かったですが、とても楽しかったです”と、感慨深そうにコメントされていましたよ。

■ 挨拶がひと段落すると、再び内村さんから改めて“お疲れさまでした”といった心あたたまるメッセージがありました。さらに、主題歌を担当したスピッツの草野マサムネさんが書いてくれた手紙が読み上げられたんです! キャストの方々もそうとう驚いていましたね」(前出・参加者のひとり)

 3時間ほどで1次会は終了。ほど近いホテルの宴会場で2次会が始まった。

「■2次会では“ロシアンシュークリーム”や“絵描き対決”などのゲームを出演者とスタッフで行いました。“ロシアン〜”では、高木渉さんに激辛のシュークリームが当たっていましたよ(笑)。“絵描き対決”には中川さんなども参加しましたが、渡辺麻友さんの絵が“合格”をもらって喜んでいましたね」(同・参加者のひとり)

 2次会は夜11時過ぎに終了。ここでお開きかと思いきや、広瀬など数人のキャストは、ほど近いカラオケ店に移動して3次会に突入した――。

「■驚いたのは、若手のキャストの方々だけが残るだろうと思ったのですが、松嶋さんも3次会に参加され、深夜1時過ぎまでいらっしゃったんです。よほど、この作品への思い入れが強かったんでしょう。

■ 岡田さんや山口さんは、意外にも『欅坂46』の曲をノリノリで踊って場を盛り上げてくれていて(笑)。夜も深くなってくると、比嘉さんや貫地谷さん、犬飼貴丈さんや戸次重幸さんらが次々に帰っていきましたが、キャストで最後まで残ったのは、やはり座長の広瀬さん。3時半過ぎに笑顔でお帰りになりました」(前出・NHK関係者)

 9時間半にわたる大宴会を思いきり楽しんだ広瀬。

 なつよ、この仲間を大事にして生きていくんだぞ――。

関連記事(外部サイト)