嵐『24時間』で絆をみせつけるも、やはり噛み合わない「活動休止への思い」

24時間テレビを成功へと導いた嵐だが……

 8月24、25日に放送された『24時間テレビ』(日本テレビ系)は大好評だった。

「メインパーソナリティーを嵐が、総合司会をフリーアナウンサーの羽鳥慎一さんと日テレの水ト麻美アナが務めました。嵐はグループとしては最多となる5回目の出演となりましたね。平均視聴率は16・5%と、昨年より1・3%上昇しました」(スポーツ紙記者)

 '13年以来6年ぶりの出演となった番組の舞台裏では“5人らしさ”を発揮していた。

 松本潤はカメラに映っていないところで、誰よりも機敏に動いていたという。

「■コンサートで演出を担当していることもあって、CMの合間に次のセットを準備する際に、スタッフに“このピアノはもう少しこっちのほうがいい”など、細かい指示を出していました」(制作会社関係者)

 櫻井翔はどんなときもゲストへの気遣いを忘れない。

「'08年に番組の企画で共演した難病を患う男の子が、11年ぶりにサプライズでスタジオに登場しました。久しぶりの再会がよほどうれしかったのか、櫻井さんは何度も“来てくれてありがとう”と労っていました」(同・制作会社関係者)

 周りをよく見る彼は、スタッフからの信頼も厚かった。

「■番組の進行に関する全体的な指示を受けていたみたいで、スタッフと話した後に彼がほかのメンバーや出演者に指示を出していたそうです」(同・制作会社関係者)

 ムードメーカーの相葉雅紀は会場を沸かせる場面もあったが、こんな地道な努力も。

「■空手やテニス、新体操の選手と一緒にアートとスポーツを融合させたライブパフォーマンスを19人のアスリートと披露しました。相葉さんは本番が始まる前も、ひとりで脇のほうで練習していましたよ。番組が始まる24日には、朝からジムに行って自分なりに精神統一までしていたそうです」(日本テレビ関係者)

■15年前では考えられない“指示出し”

 メンバー同士の固い絆を感じさせる場面もあった。

「■櫻井さんは、半身まひになった女の子とピアノに挑戦する企画を担当したのですが、演奏が終わると二宮和也さんが感極まったのか、テレビに映らないよう涙を流していましたよ」(同・日本テレビ関係者)

 嵐が初めて『24時間テレビ』のメインを務めたのは、デビューから5年後の'04年のことだった。

「アテネ五輪が行われた年で、世間はオリンピック一色でした。そのため、当時の日テレ内では、“視聴率も取れないだろうから、知名度のあるジャニーズのタレントを起用して傷をつけたくない”という声があり、当時はまだ今のように人気のなかった嵐にオファーしたという話もありました」(芸能プロ関係者)

 嵐だけではインパクトに欠けるという判断で、スペシャルサポーターに東山紀之も起用された。

「視聴率は11・7%と、低い数字でした。初めての大役に喜んでいたそうですが、苦い結果に胸中は複雑だったでしょう。当時、相葉さんがメンバーに向けて読み上げた手紙で“■トップになりたいって夢、絶対叶えようね”という言葉がありましたが、そんな悔しい思いもあったのかもしれません」(同・芸能プロ関係者)

 その後、多くの経験を積んだ5人は今回の放送中に大きく成長した姿を見せた。

「15年前は終始、緊張していて進行をこなすのが精いっぱいという印象でした。今年はひとりひとりただこなすのではなくゲストやスタッフが気持ちよく番組を終えられるよう気遣っていました。スタッフにも指示を出すなんて昔は考えられませんでしたよ」(前出・日本テレビ関係者)

■復活に後ろ向きなメンバーはやはり……

 今年の『24時間』でも相葉が15年ぶりに手紙を読んだ。

「嵐の20年間の活動を振り返り、4人への感謝を伝えたうえで活動休止に言及。“休止と書いてパワーアップと読む”と語り、近い将来、活動を再開させようとメンバーに呼びかけました」(前出・スポーツ紙記者)

 嵐は、'20年末で活動休止することを発表して世間を騒がせたが、相葉はその後も再開に強い意欲を見せていた。

「■5人でグループの今後について話し合っていたときも、彼は一貫して活動休止に反対の立場でした。最近もラジオ番組で“いまがいちばんメンバーの絆が強い”と話すなど、現状に手ごたえを感じていたので、気持ちは変わらないのでしょうね」(前出・芸能プロ関係者)

 そんな彼の熱い思いを受け止めたメンバーもいた。

「■櫻井さんは、彼の“再開したい”という呼びかけを聞いて、“ずっとそう思っているよ”と力強く頷いていました。相葉さん同様、嵐の活動を再開したいと考えているのでしょう」(同・芸能プロ関係者)

 松本はまだはっきりと意思を固めていない様子だ。

「■番組でも“休止まではメンバー全員で頑張る”と言うのみでした。最近はプロデューサー業に意欲を持っているので、'21年以降はグループよりも、“個人で自由にやっていきたい”という思いが強いのでは」(ワイドショー関係者)

 二宮も再開に関して具体的なことは考えていないようで、

「■一時は交際中の元フリーアナウンサーの伊藤綾子さんとの結婚を認めてもらえなければ事務所を退所することも辞さないと報じられました。相葉さんの熱い思いを聞いて、なにかしら感じるところはあったのかもしれませんが、番組終了後の会見では“5人にはそれぞれの思いがある”と話すにとどめましたね」(同・ワイドショー関係者)

 嵐が活動休止する原因をつくった大野智は、やはり“復活”には後ろ向きだ。

「■相葉さんが手紙を読んでいる間は終始硬い表情で、“僕のわがままのせいで……”と謝罪するばかりで、再活動についての言葉はなし。今後についても来年末まで全力を尽くすと話すのみでした。活動再開に関しては、“やっぱり厳しい”というのが正直な気持ちなのではないでしょうか」(同・ワイドショー関係者)

 休止を発表した1月の会見でも、彼が抱えていた“悩み”が話題になった。

「アイドルであることに疲れて“普通の人に戻りたい”という気持ちが強かった。今後は、世間から騒がれずに、釣りやアートなど自分の趣味に没頭してのんびり過ごしたいのでしょう。“早く休みたい”ということだと思います」(同・ワイドショー関係者)

 そんな彼がすぐに気持ちを切り替えるのは難しいだろう。

「■今月ファンクラブあてに送られた会報のメンバーからの直筆メッセージの中で、大野クンはこれまでの活動を振り返って《何の悔いもない》と綴っていました。そんな彼の気持ちを考えず、“復活したい”と呼びかけた相葉クンに対して、一部のファンからは、批判的な声もあがっていますよ」(大野のファン)

 それでも、メンバー間には今も固い絆がある。

「■手紙を読む前までは、2日目の終盤で疲れていたのかメンバー同士の会話が少なかった。ただ手紙の後に5人で曲を歌って座席に戻ると少し照れくさそうにしながら全員で楽しそうに話しだしたんです。やはり5人で一緒にいるときがいちばん楽しいことに変わりはないのでしょうね」(前出・日本テレビ関係者)

 嵐には“1人が嫌と言ったことはやらない”というルールがある。全員の思いが一致する日は来るのだろうか。

関連記事(外部サイト)