草なぎ剛、“窓口”を広げている最中「もちろん、テレビドラマにも出たいです!」

草なぎ剛 撮影/高梨俊浩

■「真千子ちゃん、すごくタイプなんです(笑)。女性らしさもあって、サッパリもしている。本人にもそれを伝えたんですが、どうやら僕のことはタイプじゃないみたい(笑)」

 そんな衝撃の告白を、明るくフランクに話し始める草なぎ剛(45)。映画『台風家族』では、大好きだという尾野真千子と2度目となる夫婦役! 当初は6月に公開される予定だった本作。一時はお蔵入りも危ぶまれたが、

■「たくさんのファンの方が、いろんなところに“公開を待っています”と声をあげてくれて。みんなの力で公開にたどりつけたと思っています。これは去年の夏、スタッフもキャストもみんなが人生を賭けて撮った作品なんです。もし公開されなければ、僕らのその時間はなかったことになる。そんな悲しいことはないです。だから、公開されて、本当によかった。多くの方に見てほしいですね」

 映画への熱い思いを語った草なぎ。現在、YouTuberとしても活動するなど活躍の幅を広げているが、今後やりたいことは?

「う〜ん、なんだろう。■僕はお話をいただけるなら、何でもやりたい(笑)。だから窓口を広げていて。いくら自分で“こういうものがやりたい!”って言っても、声をかけてくれる人がいないとできないですから。だから、■いつでも声をかけてもらえるような人間でいたいなって思いますね。もちろん、テレビドラマにも出たいです!」

■最高にクズな男になれた

■■“ダメな役”が多い?

「そうなんです。『クソ野郎と美しき世界』のときもアウトローみたいなクズっぽさがあったし、『まく子』で演じたのもダメおやじ。今回はそういうダメな男の役の集大成かな。■無意識のうちに経験として貯金されてきたものが煮え立って、最高にクズな男になれてると思います(笑)」

■■こんなところが、実はクズ!

「僕のクズなところ? やっぱりいろんな面を持ってますよ、僕も人間ですから(笑)。夜まで寝ちゃうとかは、日常茶飯事! ■例えば飲みすぎて、(愛犬の)クルミちゃんの散歩に行けなかったりすると、それはやっぱり、すごい反省しますね……」

■■両親について

「僕の両親も、仕事を始めた当初は(今回演じた)小鉄の両親と同じように、僕が出演した番組とか見てくれていたんだけど、だんだん慣れてきちゃったみたい(笑)。前は本当に無関心だったんだけど、最近、年をとってきて、昔の感じに戻ってきている気がする。もういい年だから、先のこともいろいろ考えてるんだと思う。■映画の最後に“父ちゃん、母ちゃん!”って言うシーンがあるんだけど、それ、ちょっと自分のリアルな気持ちが入ってますね」

草なぎ剛 撮影/高梨俊浩

■■稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛。長男っぽいのは?

「そのときどきかな。■焼き肉を食べに行くときは僕が長男っぽくなる。“プルコギ兄貴”になるから。コンサートとかイベントでは慎吾が長男になっていろいろ決めてくれるし、ワインに関してはやっぱりゴロさん。■そうそう、ゴロさんがレストランも始めるみたいで。飲みに行きたいですね〜」

■■3人でケンカはする?

「■ないですね。なんだろう、もう長いですから。言いたいことは言い合うんですよ。でも何を言われても腹が立たないの。なぜかはわからないけど。俺だけかな? 俺が鈍感なだけで、2人は実は腹が立ってるのかもしれない(笑)」

■■昔、どんな子だった?

「■『少年隊』に憧れてました。テレビでバク転したり踊ったりしてるのが斬新で、『ザ・ベストテン』とか、かぶりつくように見ていて。■僕もあんなふうにカッコよくなりたいな〜って、小6のときに事務所に履歴書を送って。少年隊に会いたくて、東京に出てきたの。当時は目に映るものに突き動かされていた、そんな気がします」

■映画『台風家族』 9月6日(金)公開
 強盗事件を起こし、大金を奪ったまま行方がわからなくなっていた両親。そんな2人の“見せかけ”の葬儀をするため、10年ぶりに実家へ帰ってきた4人きょうだい。その真の目的は財産分与! さまざまな事情を抱えた“クズ”な彼らの話し合いがスムーズに行くわけもなく、次第にそれぞれの本音や不満があぶり出されていき……。

(c)2019「台風家族」フィルムパートナーズ

関連記事(外部サイト)