<横浜雙葉小学校合格談>試験はお弁当持参、一日の生活習慣がまる見え

横浜雙葉

■【小学校受験のお作法2.0】親子力を合わせ、厳しいお受験を乗り越えるためにも、先人たちのリアルな合格体験談はあらかじめしっかりと知っておきたいもの。しかし、幼児教室などで登壇する合格者の経験談は、幼児教室の先生たちのフィルターがかかった内容になりがち。実際にはいろいろな教室に行っていたのに「我が家は本当にこちらの教室のみでした」とコメントされることもあるそう。そこでここでは、お受験コンシェルジュ&戦略プランナーのいとうゆりこさんが、合格者のお母様たちにインタビューを実施。合格するまでの道のり、そして入学後の様子など“生”の声を伝えてくれます。あくまでもひとつの参考とされてみてくださいね。

■■横浜雙葉小学校に合格した女の子の場合

 願書配布、説明会、オープンスクール、面接、本番にいたるまで、すべての日程が関東のお受験のなかで最初であることから“関東最大難関校”ともいわれている、横浜雙葉小学校。今回はこの横浜雙葉に合格した女の子のお母様にお話を伺いました。お母様が客室乗務員をされているため、お子様は幼稚園ではなく保育園からの小学校受験でありながら見事、合格した秘訣とは? 働くママのお受験のご参考になればと思います。

■ご家族のスペック

・お父様:MARCH卒、メーカー勤務
・お母様:女子校付属短期大学卒、客室乗務員

■──横浜雙葉を志望された理由をお聞かせください。

「まず大学の付属校であるということにこだわりました。私自身は、小学校・中学校ともに地元の公立、高校は名もなき私立高校、一浪して、結局は都内の短大に進学したのですが、短大には付属の中高があり、そこから進学してくる同級生が半数近く。

 付属校に対してのコンプレックスが非常に強くなったんです。

 神奈川県在住ですので、付属校の私立小学校受験となると、トップ層に入るのが横浜雙葉です。他校はいっさい考えず、横浜雙葉のみを目標に、子どもが幼稚園で年中にあたる年齢から私自身も勤務を国内線にし、泊まりのあるシフトをなるべく減らしてもらいながら受験準備をしました。

 ■また、横浜雙葉は自立した女性を求めているということで、母親が働いていることはけっしてマイナスにはならないとも思いました。

 実際に、考査当日は、お弁当を持参し、朝から約6時間も拘束され、ペーパー、行動観察、運動など一日がかりで生活習慣を見定められます。長時間、保護者から離れての試験となりますので、子どもの普段の姿をしっかりと見られることとなります。

 その点、共働きで保育園育ちの娘は、集団生活に慣れており、お弁当を食べる準備、食べたあとの片づけ、お弁当を食べるスピードなどの時間配分も身についていたので、横浜雙葉の求める生徒像に少しは一致するのではないかと思いました」

■──具体的にされた準備を教えてください。

「幼児教室は、大手の教室一校のみでした。そこの教室は参観形式ではなく、なおかつ託児施設や送迎サービスもあったので。自分が仕事のときは主人や母に頼んだり、お教室のスタッフの方が、保育園に送迎してくれるサービスを利用しながら通いました。

 ■家庭学習は夫婦で見ていましたので、私たちが受験できるのではないか? というくらい、ペーパーを解いていましたね(笑)。

 とくに、お話を記憶するという考査内容の配分が多いということで、とにかく読み聞かせをしていました。仕事のある日は、朝と夜しか娘とゆっくり過ごす時間がありませんので、スキンシップも兼ねて、抱っこをしながら長いお話をしたり、ときには一冊の本を一緒に読みました。読んだあとには、お話の内容にあわせて問題を出しあいっこしました。

 横浜雙葉は入学後も読書感想文を毎週のように提出し、読んだ本の数を競ったりもしますので、読書の習慣づけがいちばん大切な準備だと思いました」

■──働いていることで何かデメリットはありましたか?

「当時、お受験されるご家庭は専業主婦の方が多かったです。いまも娘の同級生のお母様で働いているのは、お医者さん以外ではほとんどいません。

 たまにお教室にお迎えに行くと、■“まだ飛んでるんですか?”なんて言われたこともあります。そうした嫌味は客室乗務員という職種に対するひがみだと思って聞き流すようにしていました。

 実際、面接でも校長先生に“仕事と家庭の両立”については、かなり深く質問をされました。自立した女性を求めているとはいえ、やはり家庭をないがしろにしていると思われると面接では、マイナスになるので、■“子どもが思春期を迎えたり、いちばん成長する小・中学生の時期は、母親が寄り添うことが必要と考えております”と答えておりましたが、娘が2年生になったときには国際線にも復帰しました。

 ただ、横浜雙葉では同校を卒業して社会で活躍する女性の講演会などもあり、働く母親の姿を見せている家庭も歓迎されているのかと思っておりましたが、実際に入学してみると、学校行事は平日に行われることも多く、月に1、2回は仕事を休むことになりました。■参加できない家庭は学校との関わりを持つ機会も減ってしまうんですよね。

 大学が付属ではないので、これから迎える大学受験に備えるためにも、私はもう少し働こうと思っていますが、主人と母の協力なしではやっていけないのが現状です」

■──実際、進学されてお子様の学校でのご様子はいかがですか?

「文武両道という言葉がふさわしい学校だと思います。運動会や日ごろのスポーツ活動などを見ていても“これが女子校?”と目を疑うほどのレベルです。

 全国大会に出場する子も少なくありません。運動会も異性の目を気にしないからなのか、激しい戦いに毎回ハラハラドキドキしていました。娘は部活動をしているのですが、朝早くから学校へ行き、放課後も日が暮れるまで練習しているようです。一年中、真っ黒に日焼けしています。

 ■勉強もスポーツも音楽も、全校生徒が誰ひとりまったく手を抜くことなく、全力で挑みます。音楽会に関していえば、まるでプロのオーケストラを聴いているような仕上がりに毎回驚かされます。仲間意識が強く、団結力も非常に強いです。全国の雙葉姉妹校のなかでも、いちばんアクティブで、強くたくましい生徒が集まっているのが横浜雙葉ではないかと思います」

 横浜雙葉の説明会は4月21日、見学会は5月8日となります。女子校、とくにミッション系女子校を志望されている保護者の方は、横浜雙葉の説明会から参加されることをオススメします。

 ミッション系とひと口にいっても、雙葉や暁星などのカトリック系、青山学院や東洋英和女学院などのプロテスタント系、立教や立教女学院などの英国国教会系と、宗派によってキリスト教のとらえ方や校風はまったく異なります。そうした違いも含めて研究してみましょう。

<著者プロフィール>
いとうゆりこ◎お受験コンシェルジュ&戦略プランナー。自身の経験から美容や健康・芸能・東京に関するマネー情報まで幅広い記事を各媒体で執筆中。いとうゆりこ受験情報公式サイトは、https://itoyuriko.studio.design

関連記事(外部サイト)