小泉進次郎、あまりの“セクシー大臣”ぶりに辛酸なめ子が考えた『熟女外交ルート』

『気候行動サミット』のためNYを訪れた夜にステーキを頬張り、一口ねだる小泉進次郎環境相(本人のブログより)

 第4次安倍再改造内閣で環境大臣に任命され、“電撃入閣”を果たした小泉進次郎。しかし、ニューヨークで開かれる『国連気候行動サミット』に際しての会見で、気候変動問題への取り組みについて「楽しく、かっこよく、セクシーに」と発言。それが世界のメディアで取り上げられてしまうなど、フタを開けてみれば何か雲行きが怪しい──。そんな進次郎氏の“言動”について、漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんとともに考える。

* * *

──環境相デビューして間もないですが、早速『セクシー発言』で叩かれてしまっていますね……。

「普段の記者会見を見ていても何かと別の話題にもっていきがちな進次郎さんなので、■例の“楽しく、クールで、セクシーであるべきだ”という発言も、はじめは一瞬、気候変動についてではなく、自分自身に対して言っているのかなと勘違いしてしまいました。

■ 発言をした直後は明らかに会場が“あっ、スベった……”みたいな空気になっていましたよね。あれをみてすごくいたたまれない気持ちになりました。会見をみた世界の人が“日本人は気候変動が激しすぎてちょっとおかしくなったのでは?”と思わせてしまった可能性もありそうです。

 その後、“セクシーという言葉はコンサル業界では多用される言葉だ”とニュースなどで目にしましたが、■失言のあとにすぐにこういった擁護めいたものが出てくるというのも裏で大きな力が働いているのかな……と感じましたね」

■“ハリウッドスター”になりきった?

──もともとあのサミットで進次郎さんよりも「セクシー」という言葉を先に使ったのは、隣に座っていたコスタリカ外交官のクリスティアナ・フィゲレスさんらしいですね。

「テレビではクリスティアナさんを特集し、■“ツイッターの語尾にもたびたび『セクシー』をつける人“と放送されていて、彼女のキャラもすごいなと思いました。

 ■気になってどれだけ連発しているのかツイッターを検索してみたですが……言うほどセクシーの単語はみつけられませんでした。彼女には“日本のメディアがあなたをセクシー外交官にしようとしているよ”と教えてあげたほうがいいのかもしれません。

 また、ツイートのなかには『#ShinjiroKoizumi』というハッシュタグとともに、進次郎さんと楽しげに写っている写真がアップされているのを発見できました。■何かと笑い者にされている彼ですが、クリスティアナさんの心はしっかりつかんだみたいです。日本だけでなく、世界の熟女を次々と虜にしていく……そういった政治活動もアリかもしれないですね」

──これまでの失言(?)の数々を批判する人たちからは、いろいろと勉強不足にもかかわらず、官僚が用意したペーパーを使わないで自分の言葉で話そうとするから失敗するんだ、という声もあがりました。

「ニューヨークの大学院に通われていただけに、■“今までの政治家はこんなにくだけた表現やネイティブっぽい言い回しはできなかっただろ”と、日本と世界にみせつけたくて“クール”や“セクシー”という言葉を使ったのかもしれません。

 もしくは、■現地の文化にも触れていたはずの進次郎さんですから、ハリウッド映画でありがちな、敵との戦闘シーンの前に“パーティーのはじまりだぜ”的な発言をする主人公に影響された可能性もありそうです。わからない・答えられないことを聞かれている危機的状況だからこそ、ハリウッドスターになりきってごまかす必要があったのかも」

■痛みに耐えてよく頑張った!

──参考資料は『ダイ・ハード』とか、ですかね……。今回はニューヨークに到着してまずステーキを食べたというのも、“地球温暖化について議論する場”に向かう者として常識はずれな行動だということで話題にもなりました。「できれば毎日食べたい」ともおっしゃっていましたが。

「セクシー発言と同様に、■とにかく“肉欲”がすぐに出てしまう性格なのかもしれないですね。

■ 国連気候行動サミットで、各国のリーダーの前で怒りのスピーチをした16歳のグレタ・トゥーンベリさんとの温度差がすごいです。彼女の前で“毎日ステーキ食べたい”と言おうものなら、すごい剣幕で叱り飛ばされたに違いないでしょう。

■ 欧米では地球温暖化対策として『ミートレス運動』が流行っていますが、叩かれまくったことを機に、進次郎さんも肉食を控えれば性格が変わるのではないでしょうか。ベジタリアンになったらストイックな政治家になりそうです」

──滝川クリステルさんと結婚、すぐに入閣といった流れの時点では“次期首相候補”とメディアに持ち上げられていましたが、現在はすっかり消沈気味ですね……。

「初めてふたりが並んで立っているのをみたときは、見た目だけですごい説得力が感じられました。■“世界に誇れる感”のあるビジュアルだけで国民をまやかして勢いで総理とファーストレディになれてしまうんじゃないかという気さえしましたね。でも見た目だけじゃあとで大変かもしれない、と今回の一件をみて思いましたね。

■ 官邸で結婚発表をしたのも将来、自分が総理になったときに“この映像がワイドショーで何度も流される”と予想したうえで、“フラッシュバック”を楽しむための演出だったのかもしれません」

──それにしても話し方や間の取り方などが父・小泉純一郎さんとも似ていますよね。

「確かに心に残る感じのしゃべり方とかは似ていますよね。だからなのか、セクシー発言でスベってしまったあの瞬間、私の頭のなかにも■“痛みに耐えてよく頑張った! 感動した!”の名言がこだましました。

■ ほかでも何かと発言が『ポエムっぽい』と揶揄され、ネットでもそういった発言を期待している人が多いようです。かつて芸能界でそのキャラだった上地雄輔さんが最近はあまり発言が話題になりませんし、世間は新たなポエマーを求めているのかもしれません。

 ■でも、進次郎さんのそういった言動やスター性に注目するのを機に、これまで政治に関心のなかった人が興味を持つようになればいいかなと思いますね」

辛酸なめ子/漫画家・コラムニスト。
東京都生まれ、埼玉県育ち。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。近著は『大人のコミュニケーション術』(光文社新書)『おしゃ修行』(双葉社)『魂活道場』(学研)、『ヌルラン』(太田出版)など。

関連記事(外部サイト)