“家事は1時間で終わる”に野々村友紀子が激怒! 細かすぎる家事リスト「211項目」

 

なんと家事は400項目もある!?

「家事は1時間で終わる」──ZOZOの執行役員である田端信太郎氏によるそんなツイートが主婦たちの怒りを買い大炎上。ワイドショーでも取り上げられる一大トピックとなった。放送作家でNSC東京の講師も務める野々村友紀子が主婦を代表して訴えたいこととは──?

* * *

 ZOZOの執行役員である、田端信太郎氏がSNSで発信した「家事」に関するつぶやきが話題になりましたね。目にした子育て中の主婦たちは、「え!?ちょっと待ってよ!」と、ざわついたのではないでしょうか。

 なんでも、奥様が3週間くらい海外に行っている間、田端氏が3人のお子さんの育児と家事をされてたそうで、このようなことを思われたみたいです。

■《俺の1日の家事時間、掃除、洗濯、食事・子供のお弁当の用意(3分で済む)など全部で1時間ぐらいだったけどw。12歳未満の子供の要る女性の家事が平日1日8時間って何やってるの?素朴に疑問。キャラ弁でも作ってるの?》

■そうめんだけ茹でてるの?

 ほぉーう……1時間。家事が1時間で終わるのね。ん? 一日の家事ってそんなもんだっけ? ちょっと私も、娘2人が12歳未満だったときの自分の家事を考えてつぶやいてみよう。

『私の1日の家事時間、掃除・洗濯・食事・子どものお弁当の用意(3分では済まん)……だけ、なわけないから、食材や日用品の買い物行ったり(ネット注文でも時間かかる)、掃除機する前にふわふわで家具や高いところのホコリ取ったり、そろそろ夏に使ったものや扇風機をバラして部品洗ってしまったり、秋物出して服も靴も衣替えしたり、玄関の掃除したり、家中の鏡拭いたり、洗剤やシャンプーの詰め替えしたり、まな板や布巾や子どもの食べこぼしを漂白したり、使いっぱなしで置いてる傘を干してくるくる巻いてしまったり、からまった充電器やらのコードほぐしたり、水道周りの銀色の部分を磨いたり、お風呂の換気扇の掃除したり、トイレの掃除は使う部分だけじゃなく床や壁まで拭いたり、誰かが置いて行ったトイレットペーパーの芯を捨てたり、洗濯機の横の排水溝の掃除をしたり、時計の電池を交換したり、ハンカチにアイロンかけたり、包丁研いだり、家族の歯ブラシの状態を見て交換したり、郵便物を仕分けしてしかるべき場所にしまったり、子どもの体操服にゼッケン縫い付けたり、子どもの持ち物に名前書いたり、子どもの赤白帽のゴムがビヨンビヨンに伸びてたら付け替えたり、子どもの行事や塾やクラブや習い事のスケジュールを立てつつ予防接種のスケジュール立てて病院に連れて行ったり、子どもの習い事の情報収集して見学行ったり、習い事の送り迎えしたり、子どもの人数分の保護者会行ったり、PTAに参加したり、地域の集まりに参加したり、子供が使い終わったノートからベルマークだけ切って集めたり、子どものメガネの度やメガネの幅の状態を把握してメガネ屋さんに調節しに連れて行ったり、ハロウィーンという親にはいまいち馴染みのない祭りに参加する子どもの衣装をなるべく他とかぶらないように考えて揃えたり、ハロウィーンでお友達に配る用のお菓子を買ってきてかわいくラッピングしたり、ハロウィーンはまだいいけどイースターっってなんやねん、今まで日本にそんな習慣なかったぞ! 何食べて何すりゃええ祭りやねん! とママ友と愚痴ったり……』

 あれっ!?

■ 8時間でも終わらんねんけどw。一日の家事が1時間ってどうやって? 晩ご飯もそれで作れるの? 素朴に疑問。そうめんだけ茹でてるの?

■ 結論。1時間では無理じゃー!!

 そもそも、家事って終わりあんの!? ないわー!! なんやったら、上記以外にもまだまだやることはある! キリがないし、しんどいから切り上げてるだけ! 家事っていうのは、掃除・洗濯・料理・育児などのレギュラー家事に加えて、「洗剤の詰め替え」や「家の電話の留守電のメッセージを聞いて消去する」のような、細かすぎて見えにくい家事、そして季節ものイレギュラー家事など、とにかくいっぱいあるのよ!

■嫁にだって嫁が欲しいわ!

 例えば、忙しくてシーツや枕カバーの交換は今日は無理やったけど「明日」やろう、とか、旅行の写真のネット注文は「来週中」にしよう、とか、クローゼットの整理整頓は「いつか」やろうと思っているけどまだできてない、とか。そういう予約家事もいっぱいあって、できずにたまっているものも多い上に、日々のレギュラー家事をやった側から次々と新たに生まれる家事・育児。

 書き出してリストにしてみたら、通常の家事・育児だけでなんと「211項目」!! 赤ちゃんがいたらこれに「89項目」プラス! 季節もの・イレギュラー家事も「85項目」! なんと全部で400項目近くもあったー! その中から毎日やることは一部だとしても、専業主婦でも一人じゃ大変、ましてや仕事しながらなんて、やってらんない数なんですよ。?

「家事なんか、仕事に比べたら楽勝っしょ」

「いいよなぁ、家のことだけしとけばいいんだから」

 こう思っている夫よ、どうか知ってくれ!

 ■こっちからしたら、「いいよね、仕事だけしとけばいいんだから」なんですけど!  専業主婦もワーママも経験している私からしたら、仕事だけしてる方がよっぽど楽じゃ! 帰って来たら部屋が綺麗で洗濯されて、黙っててもご飯出てきてお風呂出来てて、しんどそうやったら心配されて、「お仕事お疲れ様」って労ってくれて、「今日も頑張ってね」って励ましてくれて… 正直羨ましすぎるわ!!

 ずっとそんな生活できるんならなぁ、嫁にだって、嫁が欲しいわ!!

 たまに家事が辛くなるのは、誰も見てくれていない時。どれだけ頑張っても誰も褒めてくれない、気づいてもくれない! お金が発生するわけでもないし、休みもない。寝る寸前まで片付けや戸締り確認や子供の布団脱いでないか確認など、なにかとやることはある。

 夫の皆さん、もし、これが仕事だったらどうでしょう?誰も見ていない仕事、気づいてくれない仕事、誰にも評価されない仕事を、無償で、休みなしで、寝る寸前まで一生できる?「当たり前」「楽でいいね」と思われながら、いつもニコニコ機嫌よく、一生できるでしょうか。

 昨年、私が初期の家事リストをブログで公開したところ、ブログページがダウンするほどの反響と、「私、こんなにやってたんだ、頑張ってたんだ、とリストを見ながら涙が出て来ました」という奥様の切実な声や、「これだけやっているってことをもっと知ってもらいたい!」というたくさんの声をいただきました。■そうなんです、理想は分担してほしいけど、まずは「知ってほしい」。

 私たち、家事は好きでやってるわけじゃないからね! 中には「家事が好きだから苦じゃない」という人もいるけど、少なくとも私は違う! 最初から得意なわけでもない! 共働きの主婦なんて大半は「あ〜お風呂の掃除めんどくさ〜」とか「ご飯作りたくな〜い」って思いながら、それでもなんとか頑張ってやってるねん! なぜでしょう。

 それは、仕事や学校で疲れた夫や子ども達に、できるだけ清潔で快適な家庭でゆっくり休んでもらいたいし、栄養のある美味しいものを食べてほしいから。

 ■そう、家事は「愛情」なくしてはできないのです。細かければ細かいほど、それは愛情の証。レトルトや冷凍食品も簡単でいいけど、やっぱり時間をかけて作った手作り弁当には愛情が多めに入っております。細かい掃除や家事も愛情です。そこに気づいてくれたら。たまには手を貸してくれたら。たまには褒めてくれたら、嬉しいな。

 そして、田端氏には、日々の家事を1時間で終わらせるコツを書いた本をぜひぜひ出してほしい! 私、絶対買う!!

■プロフィール

野々村友紀子(ののむら・ゆきこ)                      1974年8月5日生まれ。大阪府出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の芸人、2丁拳銃・修士の嫁。 芸人として活動後、放送作家へ転身。現在はバラエティ番組の企画構成に加え、 吉本総合芸能学院(NSC)の講師、アニメやゲームのシナリオ制作など多方面で活躍中。“主婦から共感の声続出!”211項目を数える家事リストを掲載した新刊『夫が知らない家事リスト』(双葉社)が絶賛発売中!」

関連記事(外部サイト)