藤ヶ谷太輔、初主演ミュージカルに手紙を送り続けた “憧れの大先輩” の姿

藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)

 8月30日から、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔(32)が主演を務めるミュージカル『ドン・ジュアン』が上演されている。

「藤ヶ谷さんにとって、初のミュージカル出演になります。彼は、多くの女性を虜にするセクシーな色男の役を演じています」(スポーツ紙記者)

■接点のない先輩が

 勇姿をひと目見ようと連日多くの観客が訪れているが、その中には意外な人の姿も。

「■9月中旬の昼公演に、V6の坂本昌行さん(48)が来ていました。藤ヶ谷さんがステージで歌って踊る姿を熱心に見ていましたよ」(舞台関係者)

 坂本は数々のミュージカル作品で活躍しているし、同じ事務所に所属しているのだから、彼が来るのはめずらしくないように思えるけど……。

「■2人は全然、接点がないんですよ。V6とキスマイが一緒に仕事をすることはほとんどないですし、プライベートで仲がいいという話も聞いたことがありません。ですから、観劇に来ているのを見て、驚いた人も多かったみたいですよ」(同・舞台関係者)

 年齢もひと回り以上違う2人だが、終演後にはこんな場面もあったという。

「■坂本さんが藤ヶ谷さんの楽屋を訪ねたそうです。こういうときでないとゆっくり話せないと思ったのか、後輩の芝居を絶賛したうえで、ステージでの動き方や発声の仕方についてアドバイスしたそうです。藤ヶ谷さんは、大先輩と話すことができてうれしそうにしていたといいます」(同・舞台関係者)

 藤ヶ谷が興奮するのも無理はない。彼は、坂本にずっと憧れていたからだ。

「■これまでも、坂本さんが出演するミュージカルや舞台に何度も足を運んでいました。彼の芝居を見て、大人の色気と安心感を感じたそうです。7月23日にTBS系で放送された『アカデミーナイト』に出演した際も、“ミュージカルに挑戦するうえで影響を受けた人”を聞かれて、坂本さんの名前をあげていましたよ」(芸能プロ関係者)

 そんな憧れの先輩がわざわざ足を運んだのは、藤ヶ谷の“必殺技”がきっかけだった。

「■何度か直筆の手紙を書いていて、坂本さんのミュージカルに感激した旨を伝えていたといいます。郵送するのではなく関係者に頼んで渡してもらっていたそうですが、直接渡さなかったのは公演の前後は台本を確認したり、関係者に挨拶をしたりして忙しいので、先輩の邪魔はしたくないと思ったのでしょう。そんなふうに自分を慕ってくれる後輩が大役を担うとなっては、駆けつけないわけにはいきませんよね」(同・芸能プロ関係者)

 観客だけでなく、大先輩までも虜にしてしまう藤ヶ谷は、やっぱり“チョーカッコイイ”!

関連記事(外部サイト)