沢尻エリカ代役が決定した川口春奈、その「ド根性素顔」と五島列島への「地元愛」

川口春奈

「来年1月からスタート予定のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演予定だった沢尻エリカが、麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、NHKはすぐさま代役探しに奔走していました。■大河に出演実績のある蒼井優や貫地谷しほり、広末涼子などの名前が候補に挙がっていたのですが、結果的に大河初出演となる川口春奈が大抜擢されたのです」(スポーツ紙記者)

 沢尻が演じる予定だったのは、染谷将太が演じる織田信長の正妻である濃姫という準ヒロイン的な役どころ。すでに10話以上収録ずみだったため、放送開始に間に合うように、12月初旬から撮り直しに参加できる女優が条件だった。

■「濃姫は初回からほぼ1年間登場する重要な役で、スケジュールを押さえられることが絶対条件。川口は来年の新春にフジテレビ系で放送予定の『教場』に出演しますが、以降のスケジュールが確定していなかったことから、白羽の矢が立ったのです」(NHK関係者)

 時代劇自体が初挑戦だという川口の芸能界デビューは早く、12歳のときだった。

「五島列島の離島・福江島(ふくえじま)出身の彼女は、12歳で女子小・中学生向けファッション誌『ニコラ』のモデルに。'09年のフジ系月9ドラマ『東京DOGS』から女優としても活躍し始め、近年では日本テレビ系で放送された連ドラ『愛してたって、秘密はある。』や『イノセンス 冤罪弁護士』、テレビ朝日系のドラマ『ヒモメン』などにヒロインとして出演しています。

 清純派女優として映画やCMにも起用され、徐々に演技力を磨いていました。■かねてから“朝ドラヒロインを演じるのが夢”だったそうで、今回のNHKの連ドラ出演は、本人としても吉報だったでしょうね」(テレビ誌ライター)

■ドラマ撮影で体当たりな場面も嫌がらず

 芸能界デビューから12年で大河出演の切符を手にした彼女は、清純派の見た目とは裏腹に“ド根性”の持ち主でもある。

■「上京前は、雑誌の撮影があると、地元の五島列島から船と飛行機を乗り継いで、約9時間かけて東京の撮影現場まで通っていたんです。小学生のころには、おばあちゃんと一緒に船で椛島(かばしま)という離島に行き、アジなどの魚を大量に釣っていた“野生の子”という感じでした。中学3年のときに“東京で勝負する!”と腹をくくり、芸能活動に専念するようになりました」(地元住民)

 覚悟を決めて上京したあとも熱心に仕事に取り組み、

■「とあるドラマで、手を縛られて殴られたり、ナイフで足を刺されるシーンを撮影するため、身体じゅうに血のりや泥をつけて髪も泥だらけになっていたのですが、そんな体当たりな場面でも、嫌がるそぶりを見せなかったことが印象に残っています。地元愛も強いようで、たまに里帰りすると、最終便の飛行機で帰っても仕事のために翌日の始発便で東京に戻ることもあるんだとか」(民放テレビ局関係者)

沢尻(下段左から1人目)が濃姫役で出演予定だった大河ドラマ『麒麟がくる』の記者会見にて。彼女の降板によって多忙の出演キャストたちが撮り直しを

 '18年の雑誌のインタビューでは、

《いまは何でも挑戦したいですし、そういう時期。目の前にあるものに誠実に取り組めたらと思っています》

 大河ドラマの大役を演じる東京五輪イヤーに、“はるなの時代がくる”!?

関連記事(外部サイト)