<青山学院初等部合格>聖心女子志望から一転!「プロの一言」でラッキー進学

お受験2.0

【小学校受験のお作法2.0】親子力を合わせ、厳しいお受験を乗り越えるためにも、先人たちのリアルな合格体験談はあらかじめしっかりと知っておきたいもの。しかし、幼児教室などで登壇する合格者の経験談は、幼児教室の先生たちのフィルターがかかった内容になりがち。実際にはいろいろな教室に行っていたのに「我が家は本当にこちらの教室のみでした」とコメントされることもあるそう。そこでここでは、お受験コンシェルジュ&戦略プランナーのいとうゆりこさんが、合格者のお母様たちにインタビューを実施。合格するまでの道のり、そして入学後の様子など“生”の声を伝えてくれます。あくまでもひとつの参考とされてみてくださいね。

■青山学院初等部に合格した女の子の場合

 成城学園出身のお母様が娘に通わせたかったのは女子校である聖心女子学院初等科。しかし、最終的に選ばれたのは、共学の青山学院初等部でした。

■ご家族のスペック

■・お父様:東京都出身、私立大学卒、メーカー勤務
・お母様:東京都出身、中学から成城学園で同大学卒業、専業主婦
・お子様:女子校付属幼稚園

■――お受験をしようと思われたきっかけは何ですか?

「女の子が生まれたときに、幼稚園や小学校受験をすでに考えていました。というのも私自身、成城学園に中学受験で入ったのですが、■小学校から上がってきた内部生たちのあのキラキラ感が忘れられなかったもので。

■ お金持ちのギラギラした感じとも違う、人生に余裕がある感じというか。

 また、私が通っていた地元公立小学校では8割以上が中学受験をするので、みんなやってるから……、みんなが渋渋(※渋谷教育学園渋谷中学校)を目指してるから……、といった感じで、とくに自分で決めたわけじゃない目標に向かい、小さい頃から習っていたバレエもやめて、小学校高学年からは週に3、4回塾に通って勉強して。

 ■子どもながらにそんな中学受験に対して疑問があったんです。

■ だから娘には、小学校のあいだくらいは勉強のことを考えずに思いきり遊ばせたいという思いもあり、幼稚園か小学校から入れてしまおうと考えたんです」

■――お教室にも通われましたか?

「■はい、娘が1歳半のときに『ジャック幼児教育研究所』のキンダーガーデンクラスの門を叩いたのですが、すでに満席で入れず、お受験って中途半端な気持ちではやってはいけないのだなと痛感しました。その後、たまたま空席のあった『伸芽会』に入会し、幼稚園受験の準備をはじめました」

■話を聞けば聞く程揺れ動く志望校

■――お教室に無事入会され、どちらの幼稚園を目指されたのですか?

「■当然、最初に志望したのは成城の幼稚園です。

■ 幼稚園から大学まで、あの自由で守られた雰囲気のなか、健やかに育って欲しいと思ったからです。そこで、中学からの同級生に相談などもしながら準備をしましたが、残念ながら成城幼稚園ではご縁をいただけませんでした。

 そのため、『伸芽会』の先生のススメもあり、自宅の近くから幼稚園バスで登園できる女子校付属の幼稚園に入園しました」

■――入園されてみていかがでしたか?

「とても穏やかな雰囲気の幼稚園でした。女子は高校まで付属があるので、このまま通って大学受験でもいいなと思っていたのですが、入園後、ママ友なるお母様方から聞くお話で、ちょっと考え直し……。

 というのは、この幼稚園に入園してくる女子の半分近くが、白百合学園の幼稚園に落ちた方々だったんです。■そのため、お母様方からは“どうする? 小学校も再チャレンジする?”“聖心や田雙(※田園調布雙葉)を受ける?”というお声が聞こえてきまして……。

 小学校までしかない男子生徒が小学校受験を考えるのはわかるのですが、高校まで付属の女子校があるのに小学校受験をするなんてどうなのかな……と、ちょっと疑問を持ちながらも、我が家も小学校で再び成城に再挑戦する方向で動きはじめました。

■ 具体的には、少しでも幼稚園から距離の離れたお教室で、夫も私も送迎がしやすい場所にあった『ジャック』の渋谷教室に、年中のときに入会をしました。

■ 『ジャック』の先生からは、他校に小学校受験をするのであれば、通っている幼稚園の先生にも仁義を切るなど、根回しが大切だと伺ったので、年中の秋に、幼稚園の先生に、“娘は共学の学校の方が合うと感じるので受験を考えている”とお伝えしました」

■――成城以外の学校では、どのような学校が候補に?

「『ジャック』で一通りの授業を受けながら、成城やほかの学校を念入りに調べていた最中、中高の同級生がご主人の仕事の都合で海外へ転居することになり、送別会で集まる機会があったんですね。

 子どもを成城の小学校に入れている同級生もいたので、相談に乗ってもらったりしていたのですが、会話のなかである同級生の男性が次のように話していたんです。“やっぱり、聖心の女の子って高嶺の花って感じだったよな。あの微妙にダサい制服にグラっときてたよなー!”と。

■ 男子ウケなんてそれまで考えてもいなかったのですが、たしかに女子校の女の子って健気な感じがして、かわいいなと思い直し。その点、成城は共学なので、受験をやめてこのまま女子校で進ませるか、もしくはほかの女子校も見てみようかと、説明会めぐりをしました」

■決め手はやっぱりプロの意見

■――そのようななか、共学である青山学院が候補になったのはなぜですか?

「当初、共学は成城以外考えたこともありませんでした。

 家族で合同説明会に出向いたときに、各学校のブースやミニ説明会をまわりながら、主人が“青学ってさ、オレのオフィスから見えるんだよね。都会のど真ん中だけど、すごい緑がいっぱいで。あのなかに幼稚園から大学まで全部あるのって便利じゃない?”と呟いていましたが、そのときにも“ふーん、青学ねぇ”くらいにしか思っておりませんでした。

 しかし、年長になり、『ジャック』で学校別の夏期講習の申し込みをしていたときに、授業終わりに先生に引き止められたんです。

■ “お嬢様は聖心タイプではないかもしれません。ペーパーがいまひとつ伸びません。成城以外に青学も出願しませんか? (『ジャック』渋谷校では)青学は担当校なので、少しはお役に立てるかもしれません”と。

 そこで初めて青学を意識するようになり、夏期講習にも申し込み、短い期間ではございましたが対策をいろいろと教えていただきました。

 そして、お話を伺えば伺うほど、同じ共学の付属小学校でも、おっとりした成城とはまた異なった魅力があり、都会的で活発な学校だなと感じました。またミッション系ということもあって、幼稚園の3年間で神様やマリア様に触れていた娘にとっても、すんなり受け入れられるかな、とも感じました」

■――そして見事合格したと。

「はい、幼い娘に選ばせても判断はできないと思っておりましたので、一応受験して、受かったところが娘に合っている学校なんだと覚悟しまして。

 ■青学もあまり気負いせず、夫婦ともども、記念受験のつもりで挑戦しました。そして成城の試験の前日、意外なことに青学から合格をいただいてしまったのです!! これも何かのご縁と思い、成城の入学試験は辞退し、青山学院に進学を決めました」

 “ラッキー合格?”と感じられる方も多いかと思いますが、きっとご家庭では、日々の生活のなかでしっかりご準備されていたのだと思います。

■ お母様の行かせたい学校=お子様に合う学校ではないということ。プロの目から見た、的確なアドバイスも功を成したようですね。

<著者プロフィール>
いとうゆりこ◎お受験コンシェルジュ&戦略プランナー。自身の経験から美容や健康・芸能・東京に関するマネー情報まで幅広い記事を各媒体で執筆中。いとうゆりこ受験情報公式サイトは、https://itoyuriko.studio.design

関連記事(外部サイト)