女優・松本ちえこさんが逝去、60歳『バスボン』のCMで大ブレイク

女優の松本ちえこさんが60歳で死去 資生堂『バスボン』石けんのCMで大ブレイク

記事まとめ

  • 女優の松本ちえこさんが11月17日に亡くなっていたことがわかった
  • 松本さんは1976年に出演した資生堂『バスボン』石けんのCMで大ブレイク
  • アイドルから女優に転身し、'84年には『日活ロマンポルノ』に出演した

女優・松本ちえこさんが逝去、60歳『バスボン』のCMで大ブレイク

松本ちえこさん 写真/産経ビジュアル

 ■資生堂『バスボン』石鹸のCMで一躍人気を得た女優・松本ちえこさんが11月17日に亡くなっていたことがわかった。享年60。

 関係者によると、死因は大動脈瘤破裂。前日までは普段と変わらない生活を送っており、同居していた娘・高澤桃子さんが、17日の朝に亡くなった状態の松本さんを発見したという。

■女性に大ウケだった

 松本さんは、バラエティー番組『前武のヤングアップ』(テレビ朝日系)をきっかけに、'74年『ボーイフレンド』で歌手デビュー。'76年に出演した資生堂『バスボン』石けんのCMで大ブレイクした。

 当時を知る芸能ジャーナリスト・佐々木博之氏は、

■「松本さんは当時、求められていたアイドル像とはかけ離れていたため、デビューしてもすぐに人気が出ることはありませんでした。

■ ところが『バスボン』のCMに出演すると大ブレイクしたんです。彼女の個性を逆手に取ったようなCMソングは頭に残りやすく、口ずさむ人が多かったんです。特に女性に大ウケでしたね」

 アイドルから女優に転身し、'84年には『日活ロマンポルノ』に出演、'95年にはヘアヌード写真集も出版した。

 '14年まで所属していた芸能事務所『アイティ企画』に問い合わせると、

■「現在の連絡先を知らないので、事実確認ができず何もお答えができません。事務所を辞めてからは東京にいないと聞いていたため、スタッフは亡くなっていたことも知りませんでした」

 とのこと。

 昨今は、親族が経営している会社に籍を置き、芸能関係の仕事は過去を懐かしむ番組の出演依頼があったら受ける程度だったという。突然この世を去り、残された家族の悲しみは計り知れない。

 なお、都内の斎場にてお通夜と告別式は済んでいる。

関連記事(外部サイト)