箱根駅伝を碓井哲雄と和田正人が大予想! “ミスしない東海大”を脅かす有力選手は?

(写真左から)和田正人さん、碓井哲雄さん

 '20年1月2日午前8時、第96回箱根駅伝が幕を開ける。前哨戦となる出雲駅伝(10月)は國學院大、全日本大学駅伝(11月)は東海大が優勝している。テレビ解説でおなじみの碓井哲雄さんは、

「今大会は“超”がつくほどの戦国駅伝。予想は立てづらいですね。■“4強”は東海大、青山学院大、東洋大、駒澤大。中でも優勝にいちばん近いのは、東海大でしょう。山上りの5区に、前回区間2位の西田荘志選手(3年)が残っているのは強みです」

 箱根路を2度走った俳優・和田正人さんも、

「全日本でのレース運びは、お見事。館澤亨次選手(4年)や鬼塚翔太選手(4年)ら“黄金世代”を欠いての優勝ですから。選手層の厚さが違う。前回10区の郡司陽大選手(4年)、全日本でアンカーとして快走した名取燎太選手(3年)など、選手が育っている。■そして、どの大学も必ずミスをする中で、東海大だけはミスなく確実に走る。これは強いですよ」

■超大型ルーキーに期待大

 前回2位の青山学院大への見解は、両者分かれた。

「厳しいのでは? エースの吉田圭太選手(3年)が区間賞をとるような走りをしないといけないのに、他大学の選手に負けている状態では」(碓井さん)

「正直あまりよくないと思っていましたが、出雲や全日本で“駅伝に合わせる能力はやっぱり高い”と感じました。■さすが元王者。箱根の優勝を知っているメンバーが残っているのは大きい」(和田さん)

 11年連続3位以内、前回3位の東洋大は?

「■前回4区で区間新記録を出した相澤晃選手(4年)は特別に強い。学生ナンバーワンです。おそらく“花の2区”でしょう。ただ、駅伝は相澤選手1人じゃ勝てません。調子の悪かった選手と故障者がいかに戻ってくるかがポイントです」(碓井さん)

「2年連続1区で区間賞をとった西山和弥選手(3年)。今季はイマイチでしたが、箱根に向けて調子が上向いてると聞きます」(和田さん)

 前回大会4位の駒澤大は出雲2位、全日本3位と安定した結果。

「■久々に規格外の超大型ルーキーが! 田澤廉選手(1年)です。大迫傑さん(早稲田大卒/ナイキ)や佐藤悠基さん(東海大卒/日清食品グループ)のような衝撃のデビューを飾るはずです」(和田さん)

「田澤選手は1年生ながら、大八木弘明監督がエースの太鼓判を押している。おそらく2区でしょうが、彼の起用区間が鍵。駒澤大は駒もそろっています」(碓井さん)

学生長距離界ナンバーワン。東洋大の相澤晃選手

 4強であろうとブレーキがあれば、簡単に下位に沈む戦国駅伝。4強以外の注目校は?

「■往路優勝を狙っているのは、國學院大。前回大会では往路3位、出雲は優勝しています。前回5区で区間新記録を樹立した浦野雄平選手(4年)と土方英和選手(4年)のWエースが光ります」(碓井さん)

「帝京大はなんだかんだ地味に強い位置にいる。大エースはいなくても毎年、4年生がきっちり結果を出しています」(和田さん)

 では、気になるレース展開は?

■「芦ノ湖に到着するまでに、少なくとも先頭が4、5回は変わると思います」(和田さん)

「往路での独走はない。全体的なタイム差も少ないでしょう。■勝負区間は6区。ここで先頭に立てれば、優勝が近づくのでは」(碓井さん)

■復路名物! 白熱のシード権争い

 10位以内に入れば、次回大会にも出場できる。今大会は、もちろんシード権争いも熾烈だ。

「■予選会トップの東京国際大は、初のシードを獲得するのでは? 1区に留学生のヴィンセント選手(1年)、2区にエース・伊藤達彦選手(4年)で弾みをつけるでしょう。早稲田大は予選会9位のスレスレ通過でしたが、全日本は6位と健闘。中谷雄飛選手(2年)ら走るべき選手が走れば大丈夫でしょう。順天堂大も危ないかと思いきや、よく走っています」(碓井さん)

 ■一方、シードを手放すおそれがあるのは拓殖大、法政大、中央学院大だという。

「拓殖大は前回1区を走った赤崎暁選手(4年)と留学生レメティキ選手(1年)がいますが、3番手以降が続かない。法政大は、坂東悠汰さん(富士通)が卒業して戦力ダウン。中央学院大は故障者が多いのが心配です」(碓井さん)

 また、今大会には筑波大が26年ぶりに帰ってくる。

「何といっても第1回大会の優勝校(※当時は東京高等師範学校)。襷が最後までつながるよう応援したいです」

 と、和田さん。そして、最後をこう締めくくった。

「いろいろ言いましたけど、たぶん当たらないと思いますよ(笑)。■前回は“なんだかんだ青山学院大だろう”という大方の予想に反し、東海大が優勝した。本当に何が起きるかわからないのが箱根駅伝。予想の範疇なんかにおさまらないんです。そうやって裏切られるから、また面白い」

 ちょうど100年前(1920年)に始まった箱根駅伝。節目の年のゴールテープを最初に切る大学は、はたして──。

【PROFILE】
■碓井哲雄さん ◎箱根駅伝は3度出場し、中央大の6連覇に貢献。中大コーチ、本田技研工業監督などを経て、現在は神奈川工科大陸上競技部監督。箱根駅伝のテレビ解説を務めて26年

■和田正人さん ◎日本大で箱根駅伝に2度出場。4年時は主将。NEC陸上部を経て俳優に。1月4、5日放送のスペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)に出演

関連記事(外部サイト)