加藤紗里が離婚でまた炎上も、悪を極めきれない「中途半端なヤバさ」

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

加藤紗里

■第36回 加藤紗里

 今月10日、タレント・加藤紗里が昨年9月に結婚した不動産会社社長との離婚を発表しました。YouTubeチャンネルで■「(元夫に)3か月で1億円以上使わせた。そしたら、向こうの経営が傾いちゃって。そんなもんで傾くオトコいらないでしょ」と発言。12日に公開された『AERAdot.』のインタビューでは《■最低でも月1千万円は紗里のために使える殿方でないと》などと答えてネットは炎上し、ヤバい女だとバッシングされています。

 意図的にディスられてやっていくつもりなのかもしれませんが、もし加藤紗里が「タレントとして」やっていくつもりなら、■「全然足りない! もっとヤバくなれ!」と言いたい気持ちになるのです。

「稼げないオトコに価値はない」「結婚相手の年収は〇千万円」と公言して、女性タレントがあえてヒールに立候補することは、めずらしいことではありません。テレビには嫌われ役がひとりいると盛り上がりますから、バラエティーからお声がかかることも多いでしょう。それを見た視聴者から、ネットでもう一度叩かれる。仕事が増えて名前が売れていくわけですから、あえておカネのようなデリケートな話をするのは、話題を集めるという意味では正解でしょう。

 ■しかし、炎上させて話題になることと、仕事をつかむことはイコールではありません。加藤紗里は12日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演して、離婚のてん末を語っていましたが、特に目新しいこともなく、盛り上がらなかったように私は感じました。

 YouTuberとして話題の人がテレビに出ても、それほどインパクトに残らないことはよくあることです。それはテレビとネットの性質の違いからくるものではないでしょうか。

■加藤紗里vs炎上の先輩・西川史子

 ■YouTubeでは、自分の発言を遮る人もいませんし、基本的にメインは自分ですし、共演者がいたとしても、相手を自分で選べます。しかし、テレビはそうはいきません。大御所や旬の人を中心に序列がありますから、力関係を読む力が必要になります。

 ■プラスして、テレビの醍醐味(だいごみ)は掛け合いです。司会者や違う意見の人につっこまれて、どう切り返すかが見どころになっています。しかし、放送前に編集されて、自分の話した部分がいつの間にか切り取られてしまうこともあるでしょう。となると、出演者はインパクトのある発言を心がけるのはもちろん、いかにカットされないかに心を砕くようになります。

 ■加藤紗里はこのあたりの“心構え”、もしくは“下準備”が甘いのではないかと思うのです。

『サンデー・ジャポン』には、■かつて「結婚相手にのぞむ年収は4000万円」で話題になった女医タレント・西川史子が出演しており、いわば■「オトコはカネ」の新旧対決となります。ここは加藤紗里にとって、大きな見せ場でしょう。

 西川センセイは「向こうもそれを理解して結婚したのであれば、周りがとやかく言うことではないかもしれない」としつつ、■「(加藤が望むほどは)お金がないことを調べてから、結婚すればよかった」と脇の甘さを指摘します。ここは反撃が期待されるところです。しかし、■加藤紗里は「殿方の年収とか、仕事は何してるかって女が知る必要ないと思ってる」と答えます。

■「稼げないオトコに価値はない」と言っている人が、相手の年収や職業を知らなくていいと言ってしまったら、キャラは崩壊してしまいます。ここがブレると、じゃ、これまでの話はいったい何だったんだ? ということになりかねません。

■自ら“語録”を生み出す力もイマイチ

 ■物議を醸すキャラがテレビに出たときの見せ場は“言い争い”です。「稼げないオトコに用はない」で売っていたころの西川センセイも、よくバラエティーで共演者の熟女タレントたちから説教の集中砲火を浴びていました。西川センセイがいじめられているように見えるかもしれませんが、こうやって怒られて「すみませんでした」と謝ることで、西川センセイは「本当は素直な人だ」と思われますし、熟女タレントも活躍の場ができますから、双方にメリットがあります。

 ■しかし、今はテレビでもそういう演出が減っています。出演者も若い人を叱って「パワハラだ」とイメージダウンを招くのは心外でしょうから、強くものを言うことはしないでしょう。となると、お騒がせタレントは他人の手を借りずに、ネットニュースになるような“語録”を生み出さなくてはなりません。

 この点でも、加藤紗里はイマイチだったのではないでしょうか。芸能コラムニストの山田美保子センセイに■「次に金づるにしたい芸能人は?」と聞かれても、彼女は■「誰かな〜?」と答えられないでいましたが、このテの質問がされることは想像がつきますから、あらかじめ準備しておくか、即座に答えるかしないと、ネットニュースにはならないでしょう。

■炎上タレントから出世する方法

 結婚の際、保証人になった演出家のテリー伊藤は同番組で、「加藤紗里は、自分を悪く見せる術を持っている」と評価していましたが、■悪というのは、極めると善と同じかそれ以上に人気を得られるものです。今のところ、彼女は善でもなく、かといって悪と言えるほどの華もなく、中途半端な存在におさまっているように感じます。

 もし加藤紗里が「オトコはカネ」路線で行くのなら、「論より証拠」ということわざのとおり、有名人か芸能人の高収入な恋人をつくるのがいちばんではないでしょうか。本当に金持ちに愛されていると証明することで、世間の評価は変わります。

■「あの人、最初はヤバいと思ったけど、お金持ちの恋人が途切れなくてすごい。秘訣があるなら、教えてほしい」

 ■女性たちにそう思わせることができたら、彼女は単なる炎上タレントから、頭ひとつ抜けられるのではないでしょうか。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ。会社員を経てフリーライターに。『サイゾーウーマン』『週刊SPA!』『GINGER』『steady.』などにタレント論、女子アナ批評を寄稿。また、自身のブログ、ツイッターで婚活に悩む男女の相談に答えている。2015年に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)を発表し、異例の女性向け婚活本として話題に。好きな言葉は「勝てば官軍、負ければ賊軍」。

関連記事(外部サイト)