西島秀俊がぶっちぎり、北村一輝は「ギャップ萌え」! 白熱の“イケオジ”ランキング

(写真左から)竹野内豊、北村一輝、西島秀俊、木村拓哉

 ドラマ『グランメゾン東京』の好演でキムタクの魅力を再認識した世間。気づけば、芸能界にはイケオジがあふれています。そこで、イケオジについて緊急アンケートを実施。みんなが好きなイケオジを大分析します!

■■包容力、経済力、色気が三大柱

 今、20代〜60代、70代の幅広い年齢層の女性たちの間でじわじわキテるのが、イケオジ=イケてるおじさん。若いころイケメンと言われていた俳優やアーティストが長い月日を経て、円熟した大人の男へと成長! キラキラ輝いていた眩しい光とは違う、いぶし銀の渋い光を放っている。

 イケオジフィーバーが来る前から、「大人イケメンが来る」ことを予言していたのは、ラジオDJでイケメン評論家としても活躍している沖直実さん。

■「女性では美魔女といいますが、男性のなかにも美しく年を重ねる人が増えてきたのが大きいと思います」(沖さん)

 たしかに、年齢を感じさせず「おじさん!」なんて呼ぶと失礼じゃね? と思うほどの魅力を備えた有名人は多い。

 まず気になる、イケオジの条件は?

■「いちばんは包容力、経済力、色気の三大柱ですよね」と沖さん。アンケートでも、「ちょっとのことでは動じない経験値」(38歳・無職)、「エスコートがうまそう」(29歳・会社員)、「話す話題が豊富」(47歳・パート)、「清潔感があって知識人で聞き上手で落ち着きのある行動ができる」(32歳・会社員)、など若い男子が頑張ってもとうていマネできない魅力を挙げている人が多かった。

 ではさっそく、イケオジの条件を思い浮かべながら、「イケオジランキング」を見ていくべし!

■【「好きなイケオジ」ランキング】
?1位 西島秀俊(48)……28票
2位 北村一輝(50)……13票
3位 竹野内豊(49)……12票
4位 木村拓哉(47)……10票
5位 大沢たかお(51)、上川隆也(54)……9票
7位 阿部サダヲ(49)?、HYDE(50)……6票
9位 阿部寛(55)、井浦新(45)、 内野聖陽(51)、及川光博(50)、椎名桔平(55)、反町隆史(46)、吉田鋼太郎(61)……5票
※緊急アンケートの実施は1月20日〜21日、対象100名、複数回答可、ASMARQ調べ

■西島秀俊は“戻り鮭イケメン”!

■ 断トツぶっちぎりの1位に輝いたのは、爽やかでやさしい雰囲気なのに、脱いだら筋肉隆々のエロい肉体美を誇る西島秀俊(48歳)。

「20代から見た目は変わらないのに、人間性がかなり熟成されてきた」(48歳・自由業)、「大人の色気と笑ったギャップが可愛くて心がほっこりする」(27歳・会社員)

 沖さんも■「西島さんは“戻り鮭イケメン”。20代でブレイクしたけど、また40代で演技力や存在感や渋さや色気などいろんな武器をつけて帰ってきた(笑)」と評する。

 妄想デートでは、「スーパーで買い物して家でごはんを食べたい」(41歳・会社員)などドラマ『きのう何食べた?』や「パナソニック」のCMイメージもありつつ、「セックス」(50歳・自営業)と回答した肉食系女子も。このっ、正直者!

■ 2位はギラギラな大人の男の北村一輝(50歳)。『スカーレット』の快演で新境地を開拓した。

「フェロモンダダ漏れの北村さんは、昔ながらの親父役にハマったのも大きい。今回の上位は『スカーレット』人気も後押ししたと思いますね」(沖さん)

「顔、雰囲気、演技、身体が好み。性格もいい」(37歳・パート)と大絶賛する人も。「夜景デートがしたい」(25歳・専業主婦)と、イケオジらしい夜のデートを望む声も多かった。

 その意見に沖さんも大きくうなずく。

■「20代の若い男子と違ってエッチなことが想像できちゃうんですよ(笑)。北村さんはクールビューティーの極み。日本人でこんな彫刻みたいな顔の人いるかなっていうくらい美しい。茶目っ気もあってギャップ萌えしているファンが多いと思います」

■ 3位に入賞したのは、低音ボイスにエクスタシーを感じる竹野内豊(49歳)。こんなに無精ひげの似合う男いる!?

「色気があって渋さやワイルドさもある」(32歳・会社員)、「年齢を経ても清潔感がある」(57歳・専業主婦)、「素敵なバーで飲みたい」(60歳・パート)と、シルバー熟女も成熟した男の色気にノックアウト!

■「『義母むす』で、彼の素敵さに改めて気づいた若い世代が増えたと思います。竹野内さんは30代まではクールな役が多かったけど、40代に入って『東京ガス』や『ダイワハウス』などクスっと笑わせるCMにも出演するようになって、カッコいいのにこういうこともやるんだという驚きが私たち世代以外からも好感を持たれたのかも」(沖さん)

■ 4位は、「元祖抱かれたい男」の木村拓哉(47歳)。

「薄暗いバーでお酒を勝手に注文してほしい」(52歳・専業主婦)、「いつまでもカッコいい。何でもこなす」(29歳・パート)、「ポリシーがあってカッコいい!」(27歳・専業主婦)

 ここ最近、キムタクのよさを再確認した人たちが増えたと沖さんは言う。

■「木村さんは殿堂入りのイケメンですが、『グランメゾン東京』でシェフを演じて、やはりキムタクはカッコいいと人気が復活しました。年が役柄に追いついてきたんだと思います。1周まわってやはりキムタクはいい。メディアに叩かれようが結局、自分を貫く人はカッコいいんです」

■■阿部サダヲとHYDE、正反対の2人がともに7位に

 ■5位は「キング・オブ・塩顔」の大沢たかお(51歳)。沖さんは、■「塩顔が好きな人は必ず大沢さんのことを好きですよね。大沢さんの魅力は顔や佇まいだけじゃなく、映画『キングダム』の役作りで15キロ増の肉体改造をしたりかなりストイック。現状に甘んじず、常に新しい挑戦をしていく姿がカッコいい」と分析する。

「見た目は控えめな感じだけど、秘めた魅力がたくさんある」(45歳・専業主婦)。『アナザヘヴン』や『JIN-仁-』など、役によって表情が変わるカメレオン俳優としても、みんなが惹かれるのでございます!

■ 同点5位の上川隆也(54歳)は、演技派でありながら、バラエティー番組に挑戦したり、気さくな性格が人気。

「ダンディーな雰囲気に鍛えた身体と物腰の柔らかさが好き」(44歳・専業主婦)

■「上川さんが出る作品は間違いがないという安心感があります。そしてバラエティーで見せる素の顔にギャップを感じるんでしょうね」(沖さん)

HYDE(写真左)、阿部サダヲ(同右)

 7位以降はイケオジのデッドヒートが繰り広げられ、それぞれの魅力に票が割れた。まず、■7位は阿部サダヲ(49歳)とミュージシャンのHYDE(50歳)で、まったく対照的なふたりが同時にランクイン。

■「阿部サダヲさんは、年齢を重ねても老けない、美男子というより童顔なところがミソ。そして役と違ってシャイなところも魅力ですよね」(沖さん)

「一緒に散歩がしたい」(59歳・専業主婦)という声も多く、癒し系イケオジ?

 イケオジを通り越して、美魔男なのがHYDE。

「とにかくきれいでカッコいい。声もしびれるし仕草がセクシー」(36歳・パート)、「いつまでたっても変わらない美しさ」(37歳・パート)と、もうメロメロ〜。

■「女性ばかりか男性もHYDEさんに憧れてる人は多いんです。ルックスだけじゃなくて、音楽性とかミュージシャンとしての生き方にブレがない。男が認める男は間違いない!」(沖さん)

■及川光博はまだまだ現役の王子様

 9位はさらに、イケオジが大渋滞(!)。まずは、■シリアスからコメディーまで難なく演じ分ける阿部寛(55歳)。■「美しい顔はもちろん、職人気質の役者さんですよね。『結婚できない男』のように、残念な部分を出しても嫌味にならない。クスッと笑えるお茶目さが同居しているところも人気」(沖さん)

 阿部寛と同じくモデル出身の■井浦新(45歳)にも、羨望の眼差しが。内面がしみ出てくる味わい深さがあるようで、「簡単に心を明かさないミステリアスな雰囲気と、その裏に隠された悲しみや弱さのある演技がいい」(39歳・公務員)。うん、うん、わかる〜っ! 沖さんも■「『なつぞら』もよかったけど、『コントレール』で見せた陰のあるわけあり男子がハマり役でした。何を考えてるかわからない役と井浦さん本人を重ねて見ちゃうのかも」と共感。

■ 内野聖陽(51歳)は『きのう何食べた?』の乙女心全開のケンジ役を熱演し、新たな扉を開いた。

■「男臭い役者さんがゲイの役を演じたのは衝撃的でした。やっぱりイケオジは、ギャップなんですよね。内野さんも阿部寛さんと同じく職人気質で、出演する作品は間違いなくおもしろい」(沖さん)

 ミッチーこと■及川光博は50歳になっても現役の王子様! 「王子様! ミッチー! というイメージが全然痛くない。お芝居も振る舞いもしゃべり方もお顔も歌も好き」(22歳・学生)、「ユーモアがあり、まじめで努力家」(54歳・パート)

■「50歳で王子キャラを通してるのはある意味、ブレてなくてカッコいいし、どんな衣装も着こなせるスタイルが抜群」と、沖さんも太鼓判をドンっ!

 現在、『トップナイフ』に出演中の■椎名桔平(55歳)も9位入賞。「セクシーで大人な魅力」(47歳・会社員)、「何事にも一生懸命で、これまでの経験が内面からにじみ出ている」(50歳・会社役員)という意見も。イケオジともなれば経験や生きざまが顔に出るんですね。■「椎名さんはデビューのころから人気。ずっと安定してイケメンだなって思います」(沖さん)

 そして男気路線をひた走っている■反町隆史(46歳)は、■「年を重ねるごとに魅力が増してると思いませんか? 『相棒』を見てもめちゃくちゃ素敵なイケオジになったと思いますし。竹野内さんもだけど、『ビーチボーイズ』から変わらないカッコよさをキープしてます」(沖さん)

 そしてラストを飾るのが、『おっさんずラブ』ではるたん大好き上司を熱演した■吉田鋼太郎(61歳)。「シリアスからコメディーまでこなせる演技力と、ダンディーな見た目も好きです!」(43歳・専業主婦)とラブコール♪

■  「藤原竜也さんや小栗旬さんと仲がよくて、若い役者さんたちと同じ目線になれる気さくさも素敵。後輩に慕われるのもイケオジの条件なんだと思います」(沖さん)

■【将来有望株のイケオジ予備軍ランキング】
1位 菅田将暉(26)……10票
2位 佐藤健(30)……9票
3位?斎藤工(38)……5票
4位?小栗旬(37)、向井理(37)……3票
※緊急アンケートの実施は1月20日〜21日、対象100名、複数回答可、ASMARQ調べ

■将来に「期待しかない」

 ザッと見てきたイケオジ・ ランキング。そこで気になるのが、これから10年、20年後にイケてるおじさんになりそうなイケオジ予備軍。■1位は、佐藤健を抑えて俳優や歌手としても大活躍中、才能に愛された男・菅田将暉!

■「もちろんカッコいいけど、イケメンすぎないところが逆にいいのかも。何でもできちゃう器用なところが、この先をもっと見てみたいって思わせる期待感につながっていますよね。あと、個性的なファッションやセンスのよさ、これからさらに楽しませてくれそうでワクワクします」(沖さん)

 菅田将暉は、きっと今までにない新しいタイプのイケオジになるに違いない!

 惜しくも■2位の佐藤健は、現在『恋はつづくよどこまでも』に出演中。「今のドラマ、いいですよね。佐藤くんは王道の二枚目路線がハマり役だけど、もっといろんなキャラクターを演じてほしいなって個人的に思ってます。■演技がうまいから、これからどんな作品に出演して年を重ねていくかで、イケオジへの道が決まってくる気がする(笑)」(沖さん)

菅田将暉(写真左)、佐藤健(同右)

 そして、沖さんから見て■3位の斎藤工、■4位の小栗旬と向井理はイケオジ確定だそう。

「まだイケオジではないけど、3人ともすでに年上の素敵な人という立ち位置まで来てると思います。■斎藤くんは包容力もあるし、エロいし(笑)、監督をやったり才能もあります。小栗くんはヤンチャ系から渋い大人の男に変貌を遂げ、今はLAで生活しながらハリウッド映画が決まったり新しい挑戦をしています。向井くんも結婚後にひと皮むけて、二枚目路線だけじゃなくサラリーマンやパパ役など幅広い役を演じられるようになってきました。イケオジに磨きがかかった3人には期待しかありません」 

 ワインが熟成するのを待つように、イケオジ予備軍の成長っぷりをじ〜っくりと待とうじゃないのっ!

(取材/花村扶美)

【PROFILE】
■沖 直実さん ◎ラジオDJでイケメン評論家。ラジオ、テレビ、イベントに多数出演。2004年から主催している「沖直実のいい男祭り」を3月開催予定。

?

?

関連記事(外部サイト)