長谷川京子、平子理沙、Matt…高須院長がジャッジした疑惑の「ヒアル注入」まとめ

(写真左から)神田うの、平子理沙、長谷川京子、Matt、木下優樹菜

 いつまでも若々しく、美しい女性芸能人たち。そんな彼女たちに大人気だというプチ整形は、ダウンタイム(施術してから回復するまでの時間)の心配も少ない“注入系”メニュー。なかでも人気なのが、■シワ解消や輪郭のライン調整、唇のボリュームアップから豊胸まで、幅広い悩みに手軽に対応できる「ヒアルロン酸注入」。

 芸能人のメンテナンス事情に詳しい美容整形外科『高須クリニック』の高須克弥院長は『週刊女性PRIME』の連載で、■「コレって注入しちゃった?」と思われる芸能人を分析してきた。今回は、高須院長のジャッジを一挙ご紹介!

※■の見出しは元記事のタイトル

平子理沙(2015年)

■■平子理沙の変貌ぶりに高須院長「唇オバケになっちゃうよ」

 2015年、ネットで騒がれ続けた美容トピックがあった。それは、若見えするキュートなルックスで、同世代の女性から絶大な支持を得ていたカリスマモデル・平子理沙の■「顔面変化」。■当時44歳の平子の顔が膨らみ、かなり厚みのある唇の持ち主になっていたからだ。

 この変化について、高須院長によれば、「もともと四角顔でエラが張っているから、このタイプの顔はやせちゃダメ」とのことで、■骨ばった部分をカバーしようとしたのか「入れなくてもいいところまで、ヒアルロン酸で不自然に膨らませすぎているように見える」と指摘した。

 きれいになりたいからといってヒアルロン酸を過剰に注入しないこと。そして、もしも「やりすぎた!」と思ったら、ヒアルロン酸を分解する注射などを使うのも策だと教えてくれた。

(写真右から)長谷川京子の20代のころ、41歳現在

■■長谷川京子の顔面進化に高須院長「プチ整形三種の神器をやっているような顔!」

 大きな瞳が印象的で、可愛らしいお嬢さん系モデルとして人気を誇った長谷川京子。美しさではなんの問題もなかった彼女の顔に疑問があがったのは2017年。

 ■ネットでは、長谷川に対して「顔が変わった?」という声が多くあがり、整形による顔の“バージョンアップ”がなされたのではないかと推測された。

 そこで真相を調べるため、人気絶頂の25歳、第一子出産後の32歳、記事公開当時の38歳のハセキョーの顔写真を高須院長に見比べてもらうと……■高須院長が指摘したのが「唇」の変化! 妙にぼってりと目立つ唇はヒアルロン酸注入の可能性が高く、先述の平子と似てきたとも。高須院長がハセキョーにオススメする若返り術とは?

平子理沙(2018年)

■■「唇オバケ」と呼ばれた平子理沙、現在の顔を再び高須院長がジャッジ!

 平子理沙の顔面に再び変化が起きた。先述の記事を掲載してから3年後の2018年、ネットで「平子理沙の顔が戻った」とのウワサが……。■顔の膨らみは落ち着き、40代らしいナチュラルな美貌になった様子。

 ■そこで高須院長に緊急ジャッジをお願いすると、「今の平子さんはいいよ! かなりいい!」と絶賛。これはヒアルロン酸溶解注射を打ったか、時間の経過でヒアルロン酸が自然吸収されたかのどちらかだろう、とのこと。

 ヒアルロン酸を打つ場合はどのくらいのペースで行うのがいいのか、改めて高須院長が詳しく解説。また、美を追い求めすぎるきらいが見える平子へ、高須院長流の美容アドバイスも。鏡を見ては若いころの顔と比べてしまう方は、ぜひ高須流メンテナンス法をお読みください!

神田うの

■■神田うの「若返りはエチケット」に高須院長「欲を出すと“いかにも顔”になるよ!」

 美容整形したことを公表する芸能人はそうそういない。しかし2018年、■友人のインスタグラムに投稿された神田うのの“謎の若返りっぷり”がスゴすぎると、コメント欄が神田の見た目に関する意見で埋まる事態となった。

 しかしそんなことに動じる神田ではない。なんと友人のインスタのコメント欄を使い■「ヒアルロン酸とベビーコラーゲン注射をしただけで、整形ではなく若返りというエチケットである」「老け込んだ汚いお顔は失礼」「40歳を過ぎた周りの友人はみんなエチケットとして行っている」といった内容の長文で反論。さらに炎上する事態になった。

 そこで高須院長が美容整形外科医としての目線で、神田のメンテナンスは成功しているのか失敗なのかを診断。また、実際にセレブリティーや美容感度の高い人にとって「若返りとしての整形」はエチケットなのか? という疑問をぶつけた。美容整形業界の本音はここからチェック!

(写真上段左から)夏帆、長澤まさみ、石原さとみ、沢尻エリカ、(中段左から)宮沢りえ、木下優樹菜、吉川ひなの、(下段左から)YOU、松嶋菜々子、梨花、奥菜恵

■■高須院長が選ぶ! ヒアル注入したい女性芸能人TOP3は「幸せなのにしなびすぎ!」

 夏帆、長澤まさみ、木下優樹菜、石原さとみ、沢尻エリカ、吉川ひなの、奥菜恵、宮沢りえ、松嶋菜々子、梨花、YOU。いずれも芸能界で大活躍し、個性ある美貌を誇る人気女性芸能人だ。

 しかし、寄る年波には勝てず……? ■「シワっぽくなった?」「ほうれい線が気になる」とネットでささやかれる彼女たちの中から、高須院長が「ヒアルロン酸注入をおすすめしたい」女性芸能人をジャッジ!

 ■高須院長が最も注目したのが、木下優樹菜の“年齢以上のシワ”。2019年末からタピオカ恫喝騒動&フジモンとの離婚で世間を大いに騒がせているが、記事公開当時は夫と仲よく共演するなど、幸せいっぱいの様子だった。もしかして高須院長にはシワの隙間にある彼女の悩みが見えていた……?

 高須院長が選んだ「注入したい女性芸能人」トップ3には、■再婚で落ち着いた幸せを得たあの人気女優と、かつて絶世の美少女と言われたあの女性タレントがランクイン。ダイエットとシワの話にも注目です!

Matt

■■Mattの顔面進化は“整形なし”で可能なのか? 高須院長が詳しく解説!

 元プロ野球選手・桑田真澄氏の息子でタレントのMattのインスタに登場した芸能人が、総じて不自然な写真加工が施され、■“Matt化”することが話題に。最近では写真加工アプリに「Matt化スタンプ」が搭載され、人だけでなく犬や猫までMatt化できるように! そして、Mattはついに2019年のNHK紅白歌合戦に出場。

 もはや彼の異次元系加工は「加工していることをオープンにし、ポジティブに自分の顔にこだわる」姿勢が評価され、大ブレイクしている。

 ■しかし、ネットなどで拡散しているMattの学生時代の写真と現在とを比べると、リアルな顔もかなり変わった様子で……? 毎日3時間かけてメイクするというが、もともと骨っぽかった顔がここまでシャープに、整形なしで変わることはできるのか? 高須院長がヒアルロン酸注入の可能性をまじえ、詳しく分析した。

 そして高須院長が「もし整形するなら、彼に絶対、伝えたいことがあります!」と提言。その内容とは!?

  ◇   ◇   ◇  

 取り組みやすさから芸能人はもちろん、一般人にも大人気の「ヒアルロン酸注入」施術。悩みを短時間で解消することができる施術だが、■注意したいのは「気にしすぎ・入れすぎ」! 

 高須院長いわく、■「美貌は、すべてにおいてバランスが重要」。なんだか足りないかも? と思ってやりすぎると、“いかにも顔”になってしまうので、仕上がりの目安は「ちょっと足りない」と思うくらいがベスト。これを読んでいるヒアル系芸能人のみなさん! 量に気をつけてくださいね!

関連記事(外部サイト)