浜崎あゆみ41歳、滝川クリステル42歳、最高齢は53歳! 有名人の高齢出産ランキング

(写真左から)滝川クリステル、浜崎あゆみ、キャメロン・ディアス

「日本で40歳以上で出産する女性は年間約5万人。45歳以上では1500人。40歳を越えると体外受精の成功率は非常に低くなっています」

 不妊症を専門とした『西川婦人科内科クリニック』の西川吉伸院長が高齢出産の現状を明かす。

■オーバー40歳の芸能人による高齢初産が続々と

 しかし、芸能界での高齢出産は増える一方。■新年早々、41歳の浜崎あゆみが昨年11月に出産していた、と突然発表。その2日後の3日にはハリウッド女優のキャメロン・ディアス(47)が第1子となる娘の誕生をインスタグラムで公表。世界中をにぎわせた。1月17日には滝川クリステル(42)が小泉進次郎との間に第1子の男の子を出産。

■ 3人ともオーバー40の高齢初産。浜崎にいたっては、出産したとされる日からわずか1か月後にはカウントダウンライブを行っていたことも話題に。

 芸能人の出産年齢を研究しているという女装家のダンデさんは、

「■1月はお笑い芸人のキンタロー。も38歳で出産しましたね。昨年は華原朋美の45歳での妊娠出産発表や43歳のMAXのNANA、38歳の高橋真麻も今春出産予定と、36歳以上での高齢出産はさほど驚かなくなりましたよね。昔だったら考えられないこと。大竹しのぶがIMALUちゃんの妊娠を発表したとき“すごい高齢出産だな”と感じたものですが、いま思えばあのときの大竹さんはまだ32歳だったんですね。全然、高齢出産ではないっていう(笑)」

 30代が“オバサン”なんてひと昔前のこと。晩婚化が進み、30代での結婚・出産はスタンダードになりつつある。そこで週刊女性は高齢出産した主な芸能・有名人でランキングを作成(ページ下部を参照)。

 見てみると36歳から39歳が抜群に多い。西川院長は、

「一般的には35歳から妊娠率は低下し39歳では流産率が妊娠率を上回ります。体外受精の成功率も40歳を過ぎると非常に低くなります」

■【芸能・有名人 高齢出産ランキング】
※年齢は第1子出産時のもの

53歳 坂上みき
50歳 ジャネット・ジャクソン、野田聖子
47歳 キャメロン・ディアス
46歳 戸川昌子
45歳 ジャガー横田、華原朋美
44歳 加藤貴子、林真理子、兵頭ゆき、金田朋子
43歳 水野美紀、田中美佐子、NANA(MAX)
42歳 長山洋子、落合信子、滝川クリステル、赤江珠緒
41歳 相田翔子、はしのえみ、浜崎あゆみ、坂井真紀
40歳 松嶋尚美、膳場貴子、杉山愛
39歳 松坂慶子、中澤裕子、永作博美、一青窈、寺島しのぶ、今井美樹、白石美帆
38歳 梨花、吉瀬美智子、澤穂希、釈由美子、仲間由紀恵、キンタロー。
37歳 多岐川裕美、吉村由美(PUFFY)、黒木瞳、小沢真珠、松たか子、中越典子、菅野美穂、渡辺満里奈、保田圭
36歳 宮沢りえ、辺見えみり、東尾理子、山本モナ、蛯原友里、青木さやか、国仲涼子、田中美保、中野美奈子

■それぞれの出産事情って?

 世間を騒がせたのはなんといっても■坂上みきの53歳出産!

■「坂上さんは'06年にニュージーランド人の12歳年下男性と結婚し、長く不妊治療をされていたみたいですね。卵子提供を受けたかは定かではありませんが、ご自分のお腹で育て出産されて、もうあっぱれですよね」(ダンデさん)

53歳で出産した坂上みき

 同じく50代での出産は海外ではジャネット・ジャクソン、日本の政界からは野田聖子議員が。

「2人とも卵子提供による妊娠、出産ですよね。野田さんは41歳から不妊治療をされて体外受精14回、流産1回を経て'10年初春に卵子提供を受け妊娠、50歳で授かりました。ジャネットも不妊治療の末、卵子提供で妊娠しました。'16年に予定されていたツアーの延期を発表し、妊娠かと噂されましたがそのとおりで、'17年に無事に男の子を出産しています。待望の赤ちゃんだったから大事にしたくてツアーを延期したんでしょうね」(ダンデさん)

 続く■キャメロン・ディアスは、'15年にバンドマンの夫と42歳のときに結婚。妊活に励んでいたという。

「キャメロン夫妻は子どもが生まれた経緯などは公表しない、とインスタグラムで言っています。キャメロンのお腹が大きい時期がないことなどから代理母による出産と報じられましたが、キャメロン夫妻が望んだ待望の赤ちゃんであることには間違いないでしょう」(ダンデさん)

 '77年に46歳で自然妊娠での出産をしたのはシャンソン歌手の■戸川昌子('16年死去)。

「自然妊娠だけでも驚きなのに、妊娠中も連日飲酒してライブしていたという。生理があがったと思って妊娠に気づいたのが5か月目だったとか。坂上みきさんが出てくるまで高齢出産といえば戸川さんという状態が1977年からずっと続いていたんですよね。

 そんな状態で生まれた息子のNEROさん(シャンソン歌手)も、もう43歳ですものね。時代が流れるのは早いですね。しかもイケメンに育っていて、母子ともに肉体の強さを感じます(笑)」(ダンデさん)

 戸川と同様に自然妊娠したと思われるのは歌手の■華原朋美。

「父親は公表していないですが、不倫ではないかと報じられました。華原さんの家は財力もありますし、シングルでも家族のサポートでやっていけるんでしょうね」(芸能記者)

 ■ジャガー横田は不妊治療の末に息子を授かり、続く44歳出産の■加藤貴子や■林真理子も不妊治療の経験を自分の著作で語っている。

 そんな中“40歳を過ぎての自然妊娠だったので最後のチャンスだと思った”と言い、疑惑の目を向けられているのが41歳で出産したとされる■浜崎あゆみ。

「さまざまな芸能人の出産をウォッチングしている私からすると、あゆは産んでいないように思っちゃうのよねぇ。あれだけにおわせが好きなあゆが一切妊娠をにおわせていない(笑)。妊娠中といわれている8月に2丁目での目撃談もありますしね。まぁ酒を飲んでいなかったのかもしれないけど。

 ■それにしたって、11月出産でその前の5月から8月までは全国ツアーのタイトスケジュール。ピンヒールで歌い踊り、ウエストはタイトな衣装で締めつけって……。40代の高齢妊婦は怖くてそんなことできないと思うんですよね。あゆの体形はおととしがいちばん妊婦ぽかったので、おととし産んでいたといわれたら納得なんですけどね」(ダンデさん)

 ダンデさんはあゆ出産説には疑問を投げかけるが、あゆを応援しているという。

「それも含めてエンターテイメントですからね。代理出産でもなんでもいいんですよ。自分で産んだとか、わざわざ言う必要なんてなかったんですよ。でも思いのほか話題になりませんでしたね」

 前出の西川院長は医師の観点から浜崎あゆみ出産についてこう語る。

■「元気だとはいえ、40歳を越えて望まれて妊娠されたなら、なんとか流産しないように過ごすことをされたほうがよかったのでは……?」

■■第2子以降の高齢出産

 第1子は若いうちに産み、第2子以降が高齢だというケースも。

「最近だと女優の■竹内結子さんが39歳で第2子を出産されましたね。初産は25歳でしたから14歳も離れた兄弟です。ほかにも歌手の■hitomiさんは44歳で第4子を妊娠中です。彼女は長女以外は全員35歳以上で産んでいます」(芸能記者)

 ■芸能人の高齢出産のニュースを見て希望を持つ不妊治療中の女性は多いが、それは危険だと西川院長は警鐘を鳴らす。

■「やはり一般的には30代後半くらいから卵子の質は下がり、妊娠率の低下、流産率の増加、妊娠合併症も増え、いくら芸能人の方が高齢で無事に妊娠出産されたとしても、それをすべて鵜呑(うの)みにし、ご自身も同じようにいくと思うことは危険です」

 しかし、芸能界の出産年齢は原点回帰の方向にあるとダンデさんは言う。

「ここ最近は適齢期で産む女性芸能人が増えてますよ。元AKBの前田敦子は27歳で出産、先日も桐谷美玲が30歳で妊娠を公表しましたよね。若い女優さんのインタビューでも結婚、出産願望を口にしているのをよく見ます。

 モーニング娘。全盛期のメンバーは全員、子どもを産みましたが、中澤裕子、保田圭以外は高齢出産と呼ばれる35歳よりも前に産んでいます。辻ちゃんなんて初産は20歳でしたからね。まぁモーニング娘。は最近の人ではないですけど(笑)」

 若いうちに産むのに越したことはないけれど、お金さえあればいくつになっても出産できる時代が来ている!

関連記事(外部サイト)