舞台『十二夜』で共演の前山剛久と新納慎也、「三角関係に陥ったら?」に“本気回答”

(写真左から)前山剛久、新納慎也 撮影/廣瀬靖士

「シェークスピアと聞くと、“高尚で手が出しにくい”というイメージが持たれていると思うんです。今回の舞台では、セットに“和”の要素を入れていたり、ほかにもお客さんに親しみをもってもらえる要素がたくさんちりばめられた舞台になっていると思います」

 '13年、演出家・青木豪氏が手がけ、「こんなに笑えるシェークスピアは初めて!」と人気を博した■喜劇『■十二夜』。複雑な恋愛模様や、登場人物たちの“勘違い”によって繰り広げられるドタバタ劇が、2020年3月、ふたたび上演されることに──。

■お尻に顔を埋められそうになったり……

 双子の兄と生き別れたことをきっかけに、■男装して身分を隠しながら生きる主人公・ヴァイオラ役を前山剛久が、■男装したヴァイオラが小姓として仕える主人・オーシーノ公爵を新納慎也が務める。

■前山「最近、ようやく立ち稽古が始まって、にぎやかに楽しくさせていただいています」

■新納「多少の緊張感はあるけど、■今(最初)がいちばん自由に演技させてもらえるときだから、みんな自由に挑戦してるよね。“こんな演技どうでしょう”っていう提案を青木さんにどんどん投げていて、まれに“それはやりすぎだろ”っていうようなむちゃくちゃなこともしてたり(笑)」

■前山「そうですね。豪さんが“まずは好きにやってみて”ってスタンスなので(笑)」

喜劇の稽古は面白さ満載で、自然な笑い声が聞こえることも……? 撮影/廣瀬靖士

■新納「喜劇なので“笑い”をとる演出が多いんですけど、僕は突然ズボンをずらされそうになったり、お尻に顔を埋められそうになったり……(笑)なんの打ち合わせもなくそういうことが始まるから、稽古中でも本当に面白くて笑ってます」

『■刀剣乱舞』『■ヒプノシスマイク』など、2・5次元俳優として人気を集める前山と、舞台以外にも数多くのテレビドラマに出演し、注目を集める新納。勢いのある2人だが、今回が初共演だという。

■新納さんにキュンとした!

■前山「実は昔、新納さんとはお会いしているんですよ。新納さんが司会を務めるWeb番組に、僕が出演させていただいてるんです」

■新納「そうだったね! 申し訳ないことに毎週ゲストが来るから、前ちゃんに限らずうっすらとしか覚えていなくて、当時の印象がないんだよね(笑)」

劇中では、前山がギター演奏と歌声も披露 撮影/廣瀬靖士

■前山「そりゃそうですよね(笑) 今回、新納さんと初めて一緒に作品に携わる機会をいただいて、■改めて“お若いな”って感じています。■カッコいいしおしゃれだし、新納さんの年齢でこういう雰囲気の方、あまりいらっしゃらないですよね?」

■新納「そうだね、いないかも。■やっぱりどこかおかしいんちゃう? 頭とか(笑)」

■前山「いやそんなことないでしょ!(笑) なんていうか、若くてスタイリッシュだし、初めて番組でお見かけしたときはてっきり怖い人なのかなって思っていたんです。でも今回、本読みするにも何をするにも、役的に隣にいる時間が多いんですけど、■本当にめちゃくちゃ優しいんですよ。

 僕が劇中でギターを弾くシーンがあるんですけど、家でしか練習していない拙(つたな)いギターを初日に緊張しながら弾いていたんです。■そしたら隣にいた新納さんが“よかったよ”って小さい声でフォローしてくれて。■そんなん言われたらキュンとしちゃうじゃないですか!」

■新納「キュンとしたんだ(笑)」

徐々に縮まる2人の距離感を、手元の動きで繊細に表現……! 撮影/廣瀬靖士

■前山「あれはしちゃいました。■“うまくいかなかったかな”って思ったときにひと言、声をかけられてジーンときちゃいましたね」

■新納「前ちゃんは今回のメンバー内でも若手だし、見た目もカッコよくて現代っ子っぽい感じなんだけど、上の世代に臆せず果敢に挑戦していく姿勢があるよね。

 いろいろ自分の演技を試しているところを見て、■“えらいなぁ”って感心しちゃう。■あとは顔がきれいすぎるから、“もしかして整形かな?”ってジッと見て観察してます(笑)」

■前山「■いやいや、新納さんこそ整形なのかなってくらいきれいじゃないですか!(笑)」

■三角関係に落ち入ったらどうする?

 '16年の青木氏の舞台『お気に召すまま』でも主演を務めていた前山は、今回の『十二夜』で果たしたい“リベンジ”があるという。

■前山「さっき新納さんが、■“果敢に挑戦する姿勢がある”っておっしゃってくれたんですけど、『お気に召すまま』で主演をさせていただいた当時、右も左もわからないまま先輩たちに教えていただきながら演じる形になっていたんです。

 演出も受け身状態で、自分から“こうしたい”と意思表示することもほぼできなくて。■だからこそ、今回は自分からどんどん提案したり、たまには突拍子もないことを言ってみたりして、積極的に挑戦しているんです」

 三角関係や騙(だま)し合いなど、複雑な恋愛模様も見どころの今作。■2人がもし、現実世界で、三角関係に陥ったら……?

(写真左から)前山剛久、新納慎也 撮影/廣瀬靖士

■前山「■すごい、『週刊女性』っぽい!(笑)うわ〜、これめちゃくちゃ難しい質問ですね」

■新納「三角関係ってことは、ライバルが1人いるわけでしょ? その人がどういう人かによってめちゃくちゃ変わってこない?」

■前山「たしかに。■すごく仲のいい友達と好きな人がかぶってしまったとかだったら、僕は相手に譲るかもしれないですね。■そもそも三角関係だってわかった瞬間、ちょっと引いちゃうかも」

■新納「あと、その“好きな人”がそこそこ好きな人なのか、もうこれ以上の人はいない! っていう、墓石に刻みたいくらい大好きな人なのかにもよるかな。そこそこ好きな人なら、相手に譲ります(笑)。■でもどちらにせよ、“あなたが好きです”っていう思いは伝えると思う」

■前山「なるほど……大人な回答。というか、墓石に刻みたいくらい好きな人ってすごいですね!」

■新納「人生に1度は経験するものじゃない? ■墓石に刻みたいくらいの、酸いも甘いも詰まった恋愛。■きれいな思い出だけじゃないからこそ忘れられない、みたいな(笑)」

■前山「そういえば、ヴァイオラのセリフの中に、そういう言葉あったような気が……。僕自身はまだ経験していないので、これからに期待しようと思います!」

■“勘違い”で起きたハプニング

■前山「このあいだ、ニューヨークに行く機会があったんですけど、行く前に友達から“Just”でわりとなんでも通じるから大丈夫だよって教えてもらってたんです」

■新納「ジャスト?(笑) どういうこと!?」

■前山「“これが欲しい”とか“ちょうどいい”って伝えたいときに“ジャスト!”ってめっちゃ言ったんです(笑)。そしたら全然通じなくて■“何だコイツ?”みたいな顔されてましたね……。■そういうときは“Good”って言えばいいってことを学びました」

■新納「それは教えてくれた友達が悪いってことにしとこう(笑)」

■相変わらず関西弁が抜けない

■前山「今回の舞台メンバーは関西人が多いねっていう話しましたよね?」

■新納「したね。■僕は東京に来て25年くらいたってるけど、相変わらず関西弁が抜けない(笑)」

日常生活にありそうな“笑い”の演出を話し合う場面も 撮影/廣瀬靖士

■前山「でもそれ、1番の関西人あるあるですよね! ■関西の人はいい意味でも悪い意味でもまっすぐだから、怒るときはめっちゃ怖いんですよ。■だから初めて東京に来たときは、“東京の人、めっちゃ優しいやん!”って思いました」

■新納「たしかに。地元で鍛えられたから、東京で怒られても全然大丈夫だったかも。でも、■“感情を表現するということに関西人はすごく適していて、その時点で演技の土台ができあがっている”って演劇学校の先生が言ってたから、役者には向いているらしいよ」

■前山「そうなんだ! それはちょっとうれしいです」

■『十二夜』原作:ウィリアム・シェークスピア
3月6日〜22日/東京・本多劇場、3月29日〜31日/大阪・近鉄アート館にて上演予定 共演は納谷健、三好大貴、坪倉由幸、清水宏、阿南健治、春海四方、小林勝也ほか

●PROFILE●
■新納慎也(にいろ・しんや) 1975年4月21日生まれ。兵庫県出身。ミュージカルなど舞台やドラマに多数出演

■前山剛久(まえやま・たかひさ) 1991年2月7日生まれ。大阪府出身。2.5次元俳優として人気を集める

関連記事(外部サイト)