石橋貴明「時代」に降参か、番組終了と新番組立ち上げで見せるシフト変更

石橋貴明

 毎週月曜23時から放送されているバラエティー『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が、3月で放送を終了することが決まった。同時に、4月からは火曜0時25分から同系列での新番組『石橋、薪を焚べる』がスタートすることも発表された。

 新番組は、「スロー・トーク」をテーマにしたトークバラエティーで、毎週訪れるゲストと、焚(た)き火を囲みながらさまざまなトークを繰り広げるという。

■なぜ石橋の番組は途絶えないのか

「枠移動での番組リニューアルということですが、『たいむとんねる』も、終了することからわかるように、そこまで人気のコンテンツではありませんでしたから、終了はしかたないことかもしれません。■とんねるずのレギュラーは現在0本、貴さんのレギュラーもこれ1本というのは、かつての大活躍ぶりからしたら、少し寂しい現状です」

 と、ある芸能記者は言う。

 とんねるずは、'85年の■『オールナイトフジ』から、■『夕やけニャンニャン』、『ねるとん紅鯨団』『みなさんのおかげです』『ハンマープライス』『みなさんのおかげでした』などなど、特にフジテレビで長年にわたってトップを走り続けた人気コンビ。これらフジの番組ばかりでなく、日テレの■『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』やTBSでは石橋が中居正広とコンビを組んだ歌番組■『うたばん』など、お茶の間の顔であり続けた。

『オールナイトフジ』(フジテレビ系)や『ザ・ベストテン』(TBS)では過激なパフォーマンスでカメラを転倒させたり、『みなさん〜』では「仮面ノリダー」や「モジモジくん」「食わず嫌い王」「男気ジャンケン」などのヒット企画やコントを連発。『ねるとん』は、番組を飛び越して現在でも「ねるとんパーティー」として通用する、一般的な言葉にひとり歩きした。■同番組では「ツーショット」「大どんでん返し」などの流行語も生んだ。

■「業界用語やスタッフネタなどの楽屋落ちを多用するのも特徴のひとつですね。スタッフを正式メンバーとして結成した、ダンスボーカルグループの『野猿』などもまさにその延長でした。とんねるずに憧れてお笑い芸人になったという中堅・若手も多く、影響力はダウンタウンに匹敵すると思います」(同芸能記者)

 番組が4月からも新たにスタートするというのは、やはりこれらの功績が大きいのだろうか。ある放送作家は言う。

「■もちろん一定の需要はあるはずですが、“つながり”という意味もありますね。タレントさんや事務所との関係性を途絶えさせないため、なんらかの形で番組が存続するということはあります。もっとも民放ですから、スポンサーがつかなければなんともならないところはあるのですが」

 前述したように、石橋は数多くの番組に出演していたため、たくさんの“つながり”があるということだ。また、スタッフも共演者も、とんねるず世代の人、またとんねるずを見て育った人も多いのが現状。スポンサーと枠さえ確保できれば、一緒に番組を作りたい、とんねるずが無理ならば石橋だけでも、という思いを抱く人が多いのではと、推測する。

■今の時代に合わせ“無理”はしない

 とはいえ、昨今のテレビ界をとりまくコンプライアンス環境は、若干の逆風になっていることも否めない。前出の芸能記者と放送作家は、それぞれ、その背景に「時代」の変化を指摘する。

■「石橋さんは、後輩芸人やスタッフ、若手女優などをハードにイジることがウケていましたが、今はすぐ『パワハラ』『セクハラ』と言われ、ネットニュースになってしまいます。なので、本領発揮できない部分はあると思います。とはいえ、生き残るためにはキャラ変更や方向性を変えないといけません」(前出・芸能記者)

「■時代の流れはしかたないことですが、マイルドな番組では石橋さんのよさを完全に出せるとはいえないでしょう。ロケVTRも、とんねるずさんは基本的に自分たちも参加するロケでしたから、誰かのロケをスタジオで見てコメントするというスタイルの番組は、あまりやりたくないのかもしれません。

 石橋さんはAbema TVに出演していましたから、ギャラの折り合いも含め、いい番組がつくれる環境が整えば、民放以外のメディアでよさを出すことができかもしれませんね」(前出・放送作家)

 一方、とんねるずの特番『スポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)は、毎回、高視聴率を記録している。こういった番組をレギュラー化する可能性はないのだろうか。

■「スポーツバラエティーは、全体で見ると、実は数字が取りづらいんです。特番ならよくてもレギュラーは厳しいかもしれません。また、秋以降、オリンピックが終わったあとにスポーツ熱が一時的に冷え込む可能性もあります」(前出・放送作家)

 ということで、とんねるずは特番でしか拝めないというわけだ。相方の木梨憲武は、'18年に『みなさんのおかげでした』が終了して以降、レギュラー番組はない。ラジオ番組を1本持っているのみだが、ソロミュージシャンとして始動したり、芸術家としての活動が続いている。

 ふたりそろった姿を見る機会は減ってしまったのは残念だが、4月からの石橋の新番組がどうなるか期待して見守りたいところ。

「石橋さんは芸能界に友達も多いですし、仲のいいゲストと、趣味の話をじっくりやるというのが、今のスタンスに合っているということなのでしょうか。ひとりキャンプの流行もあったり、時代の流れでもありますからね。もう、昔のように“無理”をせず、深夜にまったり見るのにちょうどいい番組になるのではないでしょうか」(前出・放送作家)

 新たな深夜の定番番組となるかどうか……。

<取材・文/渋谷恭太郎>

関連記事(外部サイト)