はねだえりか『CoCo』月給7万円時代と、未婚のシングルマザーを語る

アイドル時代を語ってくれたはねだえりか

 かつて世間の注目を集めた有名人に「あの騒動の真っ最中、何を思っていたか?」を語ってもらうインタビュー連載。第9回は'80年代後半から'90年代前半にかけて活動したアイドルグループ『CoCo』の一員だった、■はねだえりか(47)。グループが解散に至った経緯、また妊娠・出産を経験し、その後シングルマザーを選択した理由について聞いた。

「■もともと芸能界に入るつもりはなかったんです。母は私を姉と同じ薬剤師にさせたいと考えていたので、そうするつもりでした」

 '89年に放送開始したフジテレビ系バラエティー番組『パラダイスGOGO!!』。アイドルを目指す10代の女の子たちで構成された番組内のグループ『乙女塾』の1期生で、同年に5人組アイドル『CoCo』としてデビューした、■はねだえりか(旧芸名・羽田惠理香)。現在もタレントとして芸能活動をしているが、デビュー当時は2年前に『おニャン子クラブ』が解散し、“アイドル氷河期”と呼ばれたころだった。

■はねだがCoCoになるまで

「姉が勝手に私の書類を作って、『国民的美少女コンテスト』に応募したんです。トントン拍子に選考が進んだので、気持ちが盛り上がって。でも、■最終選考はステージの上を歩いただけで終わり、受賞を逃しました。それがすごく悔しくて、『乙女塾』に応募したのが始まりでした」

『CoCo』と同時代に活躍したアイドルグループ『ribbon』メンバーも在籍していた『乙女塾』。タレント育成も目的としており、女優・歌手・モデル・タレントを目指して日々レッスンを行っていた。はねだは“歌手コース”に在籍していた。

「1週間に土曜日だけ歌のレッスンがありました。でも、私は女優コースで応募していたんです。歌がうまいわけではなかったし、“■羽田さんは歌手コース”と言われて驚きました。無理ですよと……」

 それでも『パラダイスGOGO!!』に出演しながら、『EQUALロマンス』という曲でデビュー。

「初めてのレコーディングはヒドイものでした。ヘッドホンから自分の声が流れるなんて、わけがわからず(笑)」

 デビュー曲はオリコン7位を獲得。その後もシングルは11曲連続ベスト10入り。バラエティーなどのテレビ出演も増え、次第に忙しくなる。はねだは進学校に通っていたので、苦労も多かった。

「■小・中・高と筑波大学附属校に通っていました。いわゆる“芸能人が通う学校”ではなく学業優先。学校に芸能活動を伝えると、アルバイトとしては認めるけれど、特別扱いはしないと。仕事現場で宿題をやって、間に合わないと家に持ち帰っていました。夜遅くまで仕事しても、朝は時間どおりに学校に通っていたので、いつも睡眠不足。学校生活をしっかりこなそうとしましたが、■留年して高校には4年間通ったんですよね」

 現場からメイクしたまま学校に行くことも。■忙しい毎日だが給料は月給制で、デビュー当初は月7万円だった。

「あまり買い物もしないし、母に管理してもらっていました。1年ほどすると、自分はアイドルのタイプじゃないと思うようになりました」

 '92年にはメンバーが1人抜けて、4人組に。

「1人抜けてからも2年間は活動したのですが、だんだんソロ活動が増えてきました。グループとして活動することが難しくなってしまったのかな。■私は“5人でCoCo”と思っていたので、4人になることを聞かされたとき、疑問が大きかった。解散が決まったときは“来るときが来たな”と思いました」

 '94年に『CoCo』は解散。その後、日本テレビ系の人気番組『進め!電波少年』では過激なアポなし取材で身体を張ったロケが話題に。

「女優をやりたいという思いはありましたが、いただくお仕事はバラエティー中心。でも、やってみるとすごく楽しかった。もちろん、バラエティーをやった先に女優業があればいいなと思って、事務所には話していましたが、“■はねだはバラエティー班だから”って(笑)」

 '■12年に突然、結婚と妊娠を発表。無事出産するが、はねだは未婚のまま。パートナーとは、しばらくは一緒に生活していたが破局。

■先に子どもを授かって

 そのころの気持ちを、今回初めて打ち明けてくれた。

「パートナーとは、いわゆるタイミングが合わなかったんです。■先に子どもを授かったので、バタバタと籍を入れるよりも、落ち着いてからと思っていました。でも、だんだんお腹が大きくなっていくうちに、お互いにズレが生じて。子どもが生まれた後、そのズレが一気にふくれ上がってしまった。

 ■それで、もう今後も籍を入れることはないな、と覚悟を決めました。一緒に暮らしていたときも、ほぼすべてのことを自分でやっていたので、生活はあまり変わりませんでした。子育ても、ほとんど私のみでしたし」

 パートナーの男性は、知人を通して知り合った、はねだより4歳上の一般人だった。

「出会ってからは長くて、10年以上になります。友人として知り合い、少し付き合ったけど離れて、また再会して。時間を経て再会したとき、お互い大人になっており、将来をともにするイメージが湧いたのですが、結局うまくいかなかった。距離を置いたらうまくいく人と、■近づいたら壊れてしまう人がいるということを学びました」

 デビューから30年以上になるが、言い寄ってくる芸能人の男性は少なかったという。

「全然でしたねぇ……。あ、でも、そういえば1人だけ、電話番号をいただいた方がいました! それは、■井手らっきょさん(笑)。番組でご一緒した後、ゴルフで同じグループになったことがあって」

 もちろん、井手とは何もなく、熱愛やスキャンダルとは無縁。

「私はホント、何にもありませんでしたねぇ……。元メンバーたちの熱愛報道とか見ると“■いつ出会っているのよ!?”って思っていました(笑)。

 私が好きなのは、ヤンチャそうに見えるけれど、性格はすごく優しいお兄ちゃんタイプ。『パラダイスGOGO!!』で一緒に番組に出ていた、当時『B21スペシャル』の■ヒロミさんが、まさにタイプでした。

■ 『乙女塾』には“ヒロミさん派”と“デビットさん派”がいて、休みの日には彼女たちと『B21』のライブを見に行ったこともありましたよ」

 現在は7歳の息子と一緒に出かけるのが何よりの楽しみ。

「■最近は、芸能のほかに不動産関係のお仕事もさせていただいてます。ゆくゆくは、シングルマザーという私と同じような環境の人に向けて、自分が経験したことから何かできないかを考えています。やりたいことは膨らんでいるので、いろいろと取り組んでいきたいですね」

最近の芸能活動とプライベートな出来事をオフィシャルブログ『Erikaちゃんぷるー』で公開中のはねだえり

関連記事(外部サイト)