生田斗真がいた伝説のユニット『FOUR TOPS』が、嵐やSMAPを超えた「可能性」

『FOUR TOPS』だった長谷川純、山下智久、生田斗真、風間俊介

 6月5日、■生田斗真(35)が結婚を発表した。相手は■清野菜名(25)。人気と実力を兼ね備えた、役者夫婦の誕生だ。

■生田が所属していた伝説ユニット

 ■ジャニーズと結婚という観点でいえば、ソロならではの身軽さというものも感じられる。グループで活動している人に比べたら、自分の意志で決定できる部分が大きく、ハードルが少し低めなのだろう。生田同様、役者をメインにソロで活動する■風間俊介がすでに妻子持ちであることも、その一例だ。

 そんな生田と風間には、もうひとつ共通点がある。それはかつて、Jr.時代に同じユニットのメンバーだったことだ。その名は『■FOUR?TOPS■』。このふたりに、■山下智久、■長谷川純からなる4人組である。

 このうち、生田、風間、山下の3人は'98年に「文具券」のCMで共演。そしてこの年『■8時だJ』(テレビ朝日系)の番組内オーディションで選ばれ、ジャニーズ入りしたのが長谷川だ。その4年後、彼らはFOUR?TOPSになるわけだが、それまでにかなりのキャリアを積み上げていった。

 まず、生田は'96年に『■天才てれびくん』(NHK教育)のてれび戦士としてデビュー。翌年には朝ドラ『■あぐり』(NHK総合)で役者デビューも果たした。

 また、風間は'99年に『■3年B組金八先生』(TBS系)でメインの生徒を演じ、翌年にはアニメ『■遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ』(テレビ東京系)で主役の声優に起用される。'01年に始まったJr.番組『■裸の少年』(テレビ朝日系)では司会も務めるなど、マルチな才能を発揮していた。

 そして、山下は'00年に『■池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)でブレイク。Jr.内では滝沢秀明の後継者として期待される存在だった。

 残る長谷川は、'98年に『■眠れる森』(フジテレビ系)で主役・木村拓哉の子供時代を演じてデビュー。'00年からは『■渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)のレギュラーとしても活躍していた。

 そんなFOUR?TOPSが結成された'02年は、タッキー&翼がデビューした年でもある。つまり、ツートップが抜けたJr.新体制において、ポスト・タキツバの座をKAT-TUNと争っていたのが彼らだったのだ。

 しかし、ジャニー喜多川社長(当時)はFOUR?TOPSをそのままデビューさせるつもりはなかったという。風間がのちにこんな話を明かしている。

「■社長にこのメンツでデビューすることはない。お前らはそれぞれのところで頑張るからFOUR?TOPSと、言われました」(『TOKIOカケル』'17年4月26日放送回)

 実際、タキツバの翌年にデビューしたのは、■NEWSだった。その中心に山下が据えられ、ほかの3人は選ばれなかったことで、FOUR?TOPSは解散。さらに、翌'03年には■関ジャニ∞がデビューすることになる。

 こうした状況に大きなショックを受けたのが、生田だった。11歳から表舞台で活躍し、新聞に「■第2のキムタク」と書かれたこともある彼は、'99年デビューの嵐に選ばれてもおかしくなかったからだ。

「■もちろん、最初の頃はいつかグループを組んでデビューするのかなとは思っていました。でも、なかなかチャンスがなくて(笑)」(『ORICON NEWS』'17年10月26日配信)

■それぞれで一流になった「FOUR?TOPS」

 Jr.にとって、デビューできるかどうかは人生を左右する大問題だ。チャンスを逃し続けたために、あきらめてやめていく人も少なくない。が、■生田はあきらめず、役者の道を極めることで一流になった。それは、風間も同じだ。

 そんなふたりに比べ、長谷川の活動は地味だが、今年は風間とともにNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演するなど、結果を残し続けている。この3人はジャニー氏の言った■「それぞれのところで頑張る」を実践することで、見事に生き残ったのだ。

 ジャニーズの長い歴史においても、こういうケースは珍しい。グループで売れてからソロ活動を展開するパターンと異なり、■グループでのデビューを経ずにソロ活動だけで成功するのは至難のワザだ。

 ついでにいえば、山下も現在はソロで活動。NEWSの時代から、主演ドラマの主題歌をひとりで歌ってヒットさせるなど、じつはソロ志向でソロ向きなのではという印象もあった。

 そして今、4人はそれぞれ、ジャニーズの公式サイトに自分の紹介ページを持っている。つまり、■FOUR?TOPSはソロでも結果を出せる男たちの集まりだったのだ。そこが伝説のグループと呼びたいゆえんである。

 逆にもし、彼らがそのままデビューしていたら、という想像もしてしまう。グループ活動による切磋琢磨や認知度アップなど、相乗効果も期待できるから、それこそ嵐やSMAPに匹敵するような“■アイドルの王道を行くすごい存在”になっていたのではないか。

 ただ、ソロならではの身軽さという冒頭の話に戻れば、グループデビューしなかったおかげで生田も風間も早く結婚できた、と見ることもできる。

 なんにせよ、彼らがそのままデビューしなかったのもひとつの運命だ。そんなめぐりあわせの妙を愛でることこそが、ジャニーズウォッチングの醍醐味かもしれない。

PROFILE●宝泉 薫(ほうせん・かおる)●作家・芸能評論家。テレビ、映画、ダイエットなどをテーマに執筆。近著に『平成の死』(ベストセラーズ)、『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、『あのアイドルがなぜヌードに』(文藝春秋)などがある。

関連記事(外部サイト)