コロナで受注激減…「経営危機」の“テレビ御用達”ロケ弁店の生き残り打開策

金兵衛で一番人気の銀だら西京味噌漬け焼き弁当

■《みなさん助けてください! コロナウイルスの影響で会社が危機に…》

 5月中旬にこんなツイートで危機的状況を訴えたのが『オーベルジーヌ』。1986年創業の欧風カレー店で、弁当やケータリングといった宅配食は年間24万個の注文を誇る老舗だ。

 オーベルジーヌのような撮影(ロケ)や番組の収録を行う際に出演者やスタッフに配られる弁当が、俗に言う『ロケ弁』。■6月より多少再開しているところもあるが、いまだに多くの撮影や収録はストップしているため、現在、ロケ弁は“危機的状況”にあるという――。

「オーベルジーヌさんのカレー弁当は『笑っていいとも!』においてロケ弁ランキングで1位となるなど、芸能界では長く親しまれてきたロケ弁の1つですね。KinKi Kidsの堂本剛さんも大ファンで、グルメロケの収録の前なのに食べてしまうというほど。また、『人志松本のすべらない話』で小籔千豊さんがオーベルジーヌを話題にして爆笑をとった際は、非常に話題になりましたね」(制作会社関係者)

 そんな人気店が経営の危機とは、いったいどういうことなのか……。

■ロケ弁に頼っていた売り上げが

■「コロナウイルスの蔓延前は、1日600食〜800食程度の注文がありました。しかし、3月に入ったとたんに1日350食。4月は1日180食程度に落ち込みました」

 現状についてそう話すのは、オーベルジーヌの3代目店主で代表取締役の高橋祐介さん。

「売上のほとんどがイベント時、会議食、収録時にご利用いただいている『Bタイプ』のお弁当でした。しかしながら■会議はテレビ電話、イベントや収録も自粛とお弁当を利用していただく機会がまったくなくなってしまい、需要は皆無です。コロナの影響が出る前は1件の納品数は100食から200食を毎日いただいていましたが、影響後はそれがいっさいなくなりました。

 現在は、ほとんどが1件につき2食から3食の納品ばかりです。納品先も会社ではなく一軒家やマンションなので、人が集まらなくなってしまったのが如実にわかります。みんなで集まってお弁当なんて、感染リスクの観点からするとありえないですから仕方ないと思います。結果、■売上は50%ダウンとなりました。以前は注文の70%ほどはロケ弁が占めていたと思いますが、今現在の割合は5%程度です」(高橋さん)

 オーベルジーヌにおいて、ロケ弁として収録現場などに配達されるのは『Bタイプ』と呼ばれる弁当で、じゃがいものメークインが丸ごと付いたもの。「ロケ弁として、一番売れるのはビーフカレー、チキンカレー、野菜カレーあたりですね」(高橋さん)とのこと。

 コロナウイルスの影響にただ黙って手をこまねいているわけではない。

「売上が急激に落ち込みはじめた際は、家賃交渉や従業員の残業禁止など経費を抑えることばかり考えていました。しかし、いつまで続くかわからないのにそんなことを考えていては従業員もその家族も守れないんじゃないかと思い、売り上げを別の形で生み出そうと考えました。スーパーの売上が例年に比べて3割ほど上昇していると報道されていたので、自宅での食事頻度が増えたことは明らか。

■ 当店のカレーを自宅で召し上がっていただこうと、『お取り寄せ おうちでオーベルジーヌ』と題して始めてみました。対策というより何か新しいことをやっていかないとまずいなと思いつきで始めたって感じです」(高橋さん)

 お取り寄せについては、ツイッターではKinKi Kidsのファンなどから「ずっと頼んでみたかった」という声が多数上がった。

■「ツイートは約137万人の方に見てもらえました。リツイート件数が6400件ほどありますのでお客様には本当に感謝しています。“潰れたら困る!”“応援してます! 頑張ってください!”“世界一大好きなカレー!”“オーベルジーヌのカレーはご褒美!”など、多くの励ましのお言葉をいただきました。

 言葉が正しいかわかりませんが、今まで積み重ねたことが報われた、絶対に潰すわけにはいかない……そう思いました。私は15年間この会社に勤めていますが、これからの20年、30年に向けた励みになりました」(高橋さん)

■滝沢秀明が愛するロケ弁もピンチ

 代々木上原に本店を置く『魚屋さんのお弁当 金兵衛』も、オーベルジーヌに並ぶ芸能界で人気のロケ弁の1つ。グルメで知られるアンジャッシュの渡部建や滝沢秀明、バカリズムなどが番組や自身のSNSで紹介している人気店だ。

■「滝沢さんは“これがロケ弁で出ると張り切る”というほど、金兵衛のファンで、先輩であるTOKIOの番組に出た際は、弁当だけでなくさまざまな食べものも含んだ“大好物ベスト10”に入れていたほどです」(エンタメ誌ライター)

 タッキー御用達の金兵衛も、やはりコロナの影響は出ていて……。

「確かにテレビやイベント関係は、このような時期ですので当然減少しております。政府および都のコロナ関係の発表によりキャンセルなども出ますが、おかげさまで店頭販売や個人のお客さまのご注文及びお届けが増えてきました。全体としては製造数が半分近くになっておりますが、みなさまが同じ条件ですので頑張っていこうと思います」(金兵衛担当者)

 ロケ弁で特に人気だというのが、1200円の『銀だら西京漬け焼き弁当』。タッキーが“大好物”としているのもこちらの弁当だ。コロナ禍において、金兵衛はどのような営業を行っているのか。

「店頭販売で家族や個人のお客さまに喜んでいただけるよう、■配達用より安い価格の設定と、日替わりの金兵衛らしいのり弁を販売しております。緊急事態宣言後は日替わりで150円惣菜も始めております。インスタグラムなどお客さまのSNSを拝見して、お惣菜が晩ごはんなどにされているとうれしく思っています」(同・金兵衛担当者)

■ロケ弁女優が応援メッセージ

 芸能界でも特に大ファンというのが女優の生稲晃子。有吉弘行がMCを務めるバラエティー番組『有吉反省会』(日本テレビ系)では、“■『金兵衛』を愛しすぎていることを反省”したほど。ブログでも金兵衛の登場回数が非常に多い。彼女にその魅力を聞いた。

生稲晃子(いくいな あきこ)1968年生まれ 東京都出身?1986年おニャン子クラブのメンバーとしてデビュー。おニャン子クラブ卒業後は、女優・リポーター・講演活動等で活躍。乳がん闘病を綴った『右胸にありがとう そして さようなら』(光文社刊)を執筆のほか現在は、『スイッチ!』(東海テレビ)火曜レギュラー、『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)水曜レギュラーとして出演中。?内閣府「働き方改革実現会議/働き方改革フォローアップ会合」民間議員、厚生労働省「がん対策推進企業アクションアドバイザリーボード」、内閣府「DV等被害者のための民間シェルター支援に関する有識者検討会委員を務める

■「若いころから、仕事現場の控室に金兵衛さんのお弁当が置いてあると、テンションが上がり、ものすごくやる気が出る私でした! そのくらい金兵衛さんのお魚が美味しくて好きです。特に『銀むつ西京漬け焼き弁当』が大好きです! また、付け合わせのマカロニサラダも好きですね」

 “通”らしく(?)1番人気の銀だら弁当ではなく、銀むつ弁当が大好きという生稲。前出の『有吉反省会』の出演時、3種類の銀むつ西京焼き弁当を食べ比べ、金兵衛のお弁当を当てる“利き金兵衛”に挑戦。目隠しをした状態で食べたが、見事正解。金兵衛の銀むつ西京焼きは他店とどう違う?

■「口に入れたときのしっとり感が違います! だから『有吉反省会』でもすぐにわかりました。舌に触れる身のなめらかさ、そして西京漬けでも魚本来の味が損なわれていないところだと思います!」(生稲)

『有吉反省会』では、金兵衛で“人生初”のアルバイトを行い、実際に“ロケ弁”を現場に配達した彼女に、愛するロケ弁へのメッセージをもらった。

■「コロナの影響で大変な思いをされていらっしゃると思いますが、長年の金兵衛ファンがここにいます。あともう少しの辛抱です。頑張ってくださいね!」

 以前のように出演者やスタッフがロケ弁を楽しみ、そしてお茶の間に笑いや感動を届けてくれる日が早く訪れてくれることを願いたい。

関連記事(外部サイト)