浅井企画は若手120人に“お見舞い金”! 芸能事務所、驚きの“福利厚生”

浅井企画所属、ANZEN漫才のみやぞん(左)とあらぽん(右)

 6月12日、新型コロナウイルス感染拡大への警戒を呼びかける“東京アラート”が解除された。それに伴い、営業を再開する店が増えているが、千葉県のスポーツジムでクラスターが発生したこともあり、フィットネスジムに関しては、利用者が減少しているようだ。そんな中、■ある大手芸能事務所専用のフィットネスジムが注目を集めている。

「■ジャニーズ事務所は岡田准一さん監修でタレント専用のジムを都内にオープンさせたそうです。1年前から工事を始めたので新型コロナは関係ないですが、6月からは感染防止のため最大2人までしか使用できない予約制にするなど、コロナ禍の中でも気兼ねなくトレーニングができるとタレントたちからは好評だそうです」(レコード会社関係者)

 会社員であれば社員食堂や人間ドック、育児支援に資格取得支援……と会社によってさまざまな福利厚生があるが、ジャニーズ以外にもタレントたちに“福利厚生”を用意している芸能事務所はあるのだろうか?

「■かつては業界団体が運営する芸能人のための年金制度がありました。‘73年から運営を行っていましたが、法改正や景気の悪化により'09年に廃止。現在は事務所単位で設定しているところもあるといった感じですね」(芸能プロ関係者)

■浅井企画は約120人にお見舞金を

『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で昨年放送された「事務所ツアーズ」という企画では、■『ワタナベエンターテインメント』を紹介する際にこんな福利厚生が紹介されていた。

「■保養所や研修所のほか、ニューヨークへの研修制度、スポーツジム、年に1回の健康診断が社員、タレントともに利用できるそうです。健康診断は1年目の若手でも受けられるそうですから、タレントファーストですよね。ちなみに同企画で■浅井企画を紹介した際には、番組レギュラーを持つと社員や先輩からゴルフセットが贈られるという面白い福利厚生を紹介していました」(お笑いライター)

 そこで、浅井企画に事実かどうか確認すると、

「以前はレギュラーを持った芸人にゴルフセットや特注のスーツをプレゼントしていたそうですが、少し前になくなったと聞いています。なので『流れ星』や『ANZEN漫才』などはもらっていませんね。ただ新型コロナで仕事がなくなってしまったこともあり、■若手の芸人やタレントさん約120人にはお見舞金をお渡ししましたよ」

■ワンコイン社員食堂も

 お見舞金の具体的な金額は教えてくれなかったが、■萩本欽一の“欽ちゃんイズム”を継承しているだけありタレント思いな事務所に変わりはないようだ。また、お笑い事務所の『プロダクション人力舎』では最近、こんな特典があるそうだ。

「■元宝塚の遼河はるひさんが所属してから、女性芸人向けにメイク講座や衣装提供が定期的に行われているそうです。事務所の福利厚生というより、遼河さんのご厚意ですが(笑)」(バラエティー番組スタッフ)

 かつては、■ブラック事務所の代名詞だった『吉本興業』東京本社には、訪れた人は誰でも利用できる格安社員食堂が。

「DDホールディングスという有名飲食店がプロデュースしていて、■サラダ・カレーバー付きでリブロースステーキ膳など、ほとんどのメニューがワンコイン500円で食べられます。お金のない若手芸人に喜ばれていますね。

 あと千葉県内にある『よしもと幕張イオンモール劇場』は、都心からも駅からも遠く出たがる芸人が少ないため、去年から支配人特製のケータリングが出るようになったそうです(笑)。■こちらも稼ぎの少ない芸人には“出番のある日は食事に困らない”と好評みたいですよ」(放送作家)

 EXILEのHIROが会長を務める『LDH』では、彼の誕生会を会社が経営する焼き鳥店で行ったと報じられた。

「■LDHは飲食店を13店舗経営していますが、コンサートの打ち上げや所属タレントが人目を気にせず食事を楽しめるように……と始めた側面もあると聞いています。そのほかジムなど関連施設はタレントも利用できるそうです」(前出・レコード会社関係者)

 コロナ禍で仕事が減っている今、福利厚生が充実している芸能事務所はタレントにとってありがたい存在なのかも。
?

関連記事(外部サイト)