石田純一、コロナ対策で580万円の“秘密兵器”導入も「理子には合わない」

小雨が降りしきる中、傘もささずに丁寧に対応してくれた石田純一

 4月中旬に新型コロナウイルスへの感染が発覚し、約1か月入院していた石田純一(66)。5月末には千鳥足になるまで飲む姿を撮られ、再びバッシングを受けていたが、周囲に迷惑をかけないためなのか“■秘密兵器”を手に入れていた──。

「浅はかでした。完治のお墨つきをもらい、挨拶回りに出かけた。奥さんから“絶対に行くな”と言われていたので、怒られています……」

■免疫力アップの“秘密兵器”導入

 6月11日、木曜レギュラーを務める文化放送のラジオ番組『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』で■約2か月ぶりに仕事復帰した石田純一。出演後には待ち構えていた報道陣に、逃げることなく謝罪したのだった。

 そんな彼が、新型コロナウイルスに立ち向かうべく、人知れず高額な秘密兵器を購入していたという。

「■退院後、“コロナ感染対策のために免疫力を上げたい!”と、トップアスリートも使用する酸素カプセルを買ったそうです」(石田の知人)

 石田が購入した酸素カプセルは、タイムワールドという会社から発売されている『O2カプセル』という商品。もともとNASAの宇宙ステーションで、宇宙飛行士の健康管理や体力維持の目的で研究・開発されたものだという。

「日本ではサッカー日本代表の香川真司選手などが愛用していることで、人気に火がつきました。疲労回復の効果が期待でき、■このカプセルの中に1時間入ると、3時間休んだのと同じぐらいの回復力があるそう。また糖尿病など生活習慣病の治療効果もあると言われており、最近はエステや介護施設にも設置されているので、女性や高齢者の利用者も増えていますね」(スポーツライター)

 今回、マシンを購入した背景には、過去のケガが影響しているようだ。

「'12年にテレビ番組の収録中に転倒し、■『左足内転筋肉離れ及び左手首靭帯損傷』というケガを負ったんです。その影響でしばらく身体に痛みが残ったそうなのですが、週3回の酸素カプセル通いをしたところ、回復したんだとか。そんな経験があるため、石田さんは酸素カプセルの効果に信頼を置いているようです」(芸能プロ関係者)

『O2カプセル』は、プロ野球チームなどでも利用されているコロナ田一昨で580万

 購入したというメーカーのサイトを見てみると、個人で使用するには本格的すぎる商品ばかりだが……。

「石田さんが購入したのは天井が高く、中でストレッチもできるような『O2カプセル』シリーズの1〜2人用ボックスタイプと聞いています。■レンタルをすすめられたそうですが、本人がかなり気に入って購入を決めたそうですよ」(前出・石田の知人)

 いったい、どのくらいの値段なのか。製造しているメーカーに問い合わせたところ、

「■ボックスタイプはメーカー希望小売価格で580万円になります。販売店によって価格は異なるため、実際はこの金額よりは安く買えると思います」(広報担当者)

■石田純一に直撃取材!

 石田本人にカプセルの効果を聞くため、仕事復帰となったラジオ番組出演後、自宅前で直撃した。

─最近、ボックスタイプの酸素カプセルを580万円で購入したそうですね。

「■いやいや、月10万円でレンタルしているんですよ」

これまでおしどり夫婦として有名だったふたり。石田の観戦で妻の東尾理子にも批判。

─かなり大きな機械ですが、理子さんに設置を反対されませんでしたか?

「事務所に置いていますからね。ただ理子にはあまり酸素カプセルは合わないようで、使っていませんね」

 どうやら、事務所でレンタルしていたようだ。

─酸素カプセルを利用しているのは、新型コロナ対策だと伺いました。

「■コロナの影響なのか、酸素が足りないらしくて。使っているタイプは、中でストレッチなどもできていいですよ」

─では、もう体調は万全?

「■コロナの影響で、まだ声の調子が悪くて……。でも退院して1か月くらい外出しませんでしたし、声以外はもう大丈夫です。家族とも普通に暮らしていますよ!」

─千鳥足になるまで飲み歩いていたそうで、理子さんから注意を受けたそうですが。

「あれは関係者との打ち合わせや挨拶だったんです。飲み歩いていたわけではないんだけどね……(苦笑)」

 丁寧に質問に答えたあと、一礼して帰っていった。

■酸素カプセルはコロナに効果あるの?

 コロナ対策で高額な酸素カプセルを使っている石田だが、実際に効果はあるのだろうか? ■感染症に詳しい上昌広・医療ガバナンス研究所理事長に話を聞いた。

「■酸素カプセルが感染症に効果があるとは聞いたことがありません。医学的観点から言うと、酸素が免疫力アップにつながったり、感染防止があることは証明されていません」

 と、きっぱり否定。

「ただステイホームで身体を動かさないと持病が悪化してしまうので、自宅で可能な範囲内で身体を動かすことは大事。ストレッチをするのはいいと思います」(上氏)

 石田自身は声の調子が悪いのはコロナの影響では? と話していたが、実際に関係はあるのかも聞くと、

「■感染すると、のどや肺が炎症を起こして、後遺症が出るケースも。のどが元に戻るのに時間がかかるのは十分に考えられますね」(上氏)

 高性能マシンで健康になって、もう理子さんを心配させないでね!

関連記事(外部サイト)