綾瀬はるかよりも深田恭子が先か、石原さとみは? 「ホリプロ3姉妹」の結婚事情

TBS『赤いシリーズ2005』制作発表に登場した(写真左から)石原さとみ、深田恭子、綾瀬はるか('05年5月)

■「34歳くらいまでに結婚したいな」

 今から5年前に雑誌のインタビューでそう語っていた綾瀬はるか(35)は、今年3月にその年齢を越えた。これまでの綾瀬に関する熱愛報道といえば、ドラマや映画で共演した大沢たかおと松坂桃李の名前が挙がったものの、その後は大きなスキャンダルもなく、活動の場を広げ、人気女優の座を不動のものにしていた。

■綾瀬の好みは“色白ですっきりした顔立ち”

 その綾瀬が2年前から極秘交際を続け、結婚まで突き進む可能性まである、と報じたのが『女性セブン』(7月2日発売)だ。

■「雑誌の発売前日に同誌のニュースサイト『NEWSポストセブン』が速報を流すと、アクセスが集中し、ネット上ではまるで炎上したかのような騒ぎでした」(スポーツ紙記者)

 もちろん、スキャンダルとはごぶさたであった綾瀬の熱愛というだけでも驚きだが、さらに世間が驚愕(きょうがく)したのは、お相手が韓流タレントの■ノ・ミヌ(34)だったからだ。同誌によれば、■2人は共通の知人の紹介で出会い、2018年夏ごろから交際をスタートさせ、結婚も視野に入れているのだという。

 SNS上では■《素直に祝福したい気持ちはあるけど、ちょっと複雑》《ショックだ。もうダメだ》《やっぱり美形が好みだったんだ》などという声が大半を占めた。

■「日本のトップ女優と韓流スターとの熱愛は韓国でもすぐに報じられましたが、双方の事務所とも“友人だが、交際は事実無根”と完全否定したため、ハプニングだったと片づけられました」(韓流に詳しいライター)
 
 だが、「交際云々(うんぬん)はともかく、ノ・ミヌが綾瀬の好みであるのは事実」と話すのは芸能ジャーナリスト。

■「綾瀬はかつて、松坂の写真集を見ながら“きれいな顔立ち”“カッコいいよね〜”と見とれていたといいます。もともと色白ですっきりした顔立ちがタイプだそうですし、ノ・ミヌのコンサートにも足を運んでいますから、仲がいいのは間違いないですね」

 もし綾瀬がこのまま結婚まで突き進んだとすると、気になるのは同じ事務所の先輩・深田恭子(37)の結婚だ。

「いわゆる“ホリプロの3姉妹”といえば、長女が深田、次女が綾瀬、三女が石原さとみ(33)ですが、■石原は昨年、結婚秒読みだったIT社長と破局し、現在は主演ドラマ(『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』フジテレビ系)の撮影の真っ最中。一方、■深田は青年実業家と今年の夏にもゴールインするのではと見られています。事務所としては、まずは長女の結婚から、と考えているのでは」(同前)

 どうやら綾瀬の結婚は、もう少し先になりそうだ。

(取材・文/小窪 誠子)

関連記事(外部サイト)