TOKIOは愛され続けるか?「1mは60cm」ど天然・長瀬智也というデカイ損失

TOKIO脱退、ジャニーズ退所で裏方になるという長瀬智也

 ファンならずとも日本中が驚いた、TOKIO長瀬智也の来年3月でのジャニーズ事務所退所と残るメンバー3人での「株式会社TOKIO」設立の発表。

「長瀬くんの伸びやかでツヤのあるボーカリストとしての表現力と、ハードな役柄からコメディーまでこなせる演技力や存在感。それが、退所後は裏方を目指すというこなので、今後見ることができないのはとても残念です」

 と、あるテレビ誌記者は語る。

■爆笑の“長瀬語録”の一部を紹介

「そして、数々の珠玉の“おバカ”“天然”エピソードも、少なくともメンバーから語られることがなくなってしまうのも、ちょっと寂しい限りです」(同)

 ジャニーズタレントには、いろいろな“おバカ”伝説があるが、長瀬のこういったエピソードには、衝撃のものが多い。そのいくつかを列挙してみると……

■〈都知事って、土地をいっぱい持ってる人ですか?〉

■〈1mは60cm〉

■〈JRの「みどりの窓口」は、グリーン車専用の窓口だと思っていた〉

■〈「はーい夕刊」と書かれたカンペを、「はーい、タモリ」と読んだ〉

■〈太陽が東から昇るということを知り、「バカボン(の歌)はウソなの!?」〉

■〈海外ロケで宿泊したホテルで火事騒ぎがあったとき、避難する際、とっさに手に握っていたのは、テレビのリモコンだった〉

■〈宮島の鳥居を見て、「手作りっぽいですねー」〉

■〈大山のぶ代がドラえもんの声を披露してくれた際に「おお〜、上手ですね〜」〉

■〈飛行機の機内食で「ビーフorチキン?」と聞かれ、「バード」と返答〉

■〈『食わず嫌い王」出演の際に提示したメニューが、「チャーハン」「ステーキ」「カレーライス」そして「きのこソテー」という、あまりにもわかりやすいラインナップにしてしまう〉

■〈w-inds.を事務所の後輩だとずっと思い込み、共演するたびお菓子をあげていた〉

■〈60度の熱湯に入ることができたので、「次はマイナス60度の水に入りたいですね」と物理を超越した抱負を口にする〉

■〈堂本光一に「これおいしいよ、食べる?」と差し出したのは、ドッグフードだった〉

 などなど枚挙にいとまがない。どれも真顔で発言する長瀬が、メンバーや芸能界仲間、そしてファンからどれだけ愛されていたことか。そしてこれらをネタにするメンバーの笑顔も印象的だった。前出のテレビ誌記者は、

■「TOKIOでは城島リーダーの天然っぷりも有名ですが、このようなことに松岡くんや山口くんが的確にツッコミを入れるという、非常にいいバランスで好感度を高めてきました。かつてのSMAPと並ぶお茶の間の人気者にもなり、ジャニーズファンではない層や、中年男性やロックファンにも愛されていたグループでした」

 と、今回の決断は残念だという。

 株式会社TOKIOの3人は、「円満離婚」という言葉を用いて、長瀬がメンバーや事務所との関係性が悪化して退所するわけではないことを強調した。ある芸能記者は、「TOKIOは、この先も“グループの好感度”を活かした仕事を続けていきたいという目論見はあるでしょう」と見る。

「福島の農林水産物のPRや、東京五輪・パラのスペシャルアンバサダーの仕事は、長瀬込みのTOKIO4人のイメージで展開され、TOKIOの好感度の高さがあるからこそつかんだものです。解散はせず、TOKIOの名前を残すことにはそういった事情もあると思います」

 長瀬の愛されおバカ発言がなくなっても、TOKIOは3人で愛されグループでいられるのだろうか。長瀬の“残像”が消えたときが勝負どこだ。

〈取材・文/渋谷恭太郎〉

関連記事(外部サイト)