泰葉がまたしても外国人と交際宣言、“鼻ピアス”にスカーフで幸せオーラ全開

スカーフを巻いた泰葉(公式ブログより)

 タレントの■泰葉(59)が50代のパキスタン人男性と結婚を前提に交際していることを自らのブログで明らかにした。

■泰葉、交際宣言で幸せオーラ全開

 6日の午後9時に更新されたブログは「真剣交際宣言です!」のタイトルで、《■私、泰葉はパキスタン人男性と結婚を前提に交際しています。実は先月、彼に会いにパキスタンまで行ってきました。この私の大恋愛、、、自分でも驚き!!です》と、幸せオーラ全開でつづり、《■10月末ごろ、彼が日本に来て入籍する予定です》と結婚も予告している。

 相手の男性については詳しくは明かしていないが、《■ご紹介します。私のフィアンセです》と虹をバックに水辺で微笑む男性の写真を公開。《■彼は、田村正和様に似ています、、、カッコイイです》と紹介している。

 泰葉の喜びようは交際宣言の前日あたりのブログからも、ハイテンションぶりが伝わってくる。

 5日の早朝には「■私から負のオーラが消えている。。。」と題し《■長〜い長〜い暗闇から、やっとこさ脱出です。あ〜嬉しい ほんとうに嬉しい》とつづり、同日夕方には《素敵な報告があります》と翌日の報告について予告。6日の朝も《ワクワクしています》と夜9時の報告を再び告知した。

「■相手の男性とは4年ほど前に知り合いSNSでやり取りを続けていたそうです。昨年からお互いに意識するようになり、泰葉が8月初旬にパキスタンへ渡航。その際、結婚を前提とした話しあいを持ったといいます。先月下旬に帰国していますが、出国と帰国の際にPCR検査を受け、結果はどちらも陰性。その後、2週間の自宅待機も終えているそうです」(スポーツ紙記者)

 交際宣言した翌日には20回もブログを更新し、イスラム教に入信したことやパキスタンの友人のこと、婚約者が父の初代・林家三平さんと性格がよく似ている点など書き連ねている。

 泰葉は'88年に■春風亭小朝(65)と結婚したが、'07年に離婚。'17年9月にはSNSで知り合ったイラン人男性との婚約を発表したが、'18年4月に婚約を解消した。

「■小朝さんとの離婚会見は帝国ホテルの金屏風の前で行い、円満離婚を強調していましたが、その後、ブログで小朝のことを“金髪豚野郎”と罵り、2016年に『あの時は心労が重なって双極性障害を発症していた』と明かしています」(女性誌記者)

 泰葉は、もともと『■フライディ・チャイナタウン』で歌手としてデビューしているが、結婚、離婚を経て'09年、'13年に歌手活動再開を発表しているものの、話題になるのはトラブルばかりだった。

 '17年には小朝さんからDVを受けていたと告発、一方、本人は元マネージャーの自宅へ脅迫状と包丁、犬のフンを送りつけたとして刑事告訴された。翌'18年には『週刊女性』が箱根の高級ホテルで宿泊費100万円を踏み倒したと報じている。

「■CD制作費の600万円が未払いで借金が膨らんで、一時はホームレス生活をしていたと本人が明かしています。現在もブログやYouTubeなどを展開していますが金銭的にはかなり厳しい状況に変わりはありません。パキスタンへの渡航費や滞在費などは婚約者が出しているのかもしれません……」(同前)

 婚約者が10月末に来日した後、婚姻届を提出する予定だという。

「前回のように、婚約破棄にならず無事ゴールインすれば、生活の拠点など今後はどうしていくのでしょう。泰葉自身は今後もエンターテイメントで頑張っていくつもりのようで、本格的に歌手活動を開始したいようです。単なる話題づくりで終わらなければいいですが」(同)

 鼻ピアスをつけてスカーフを巻いた泰葉は、どこへ向かおうとしているのか。

関連記事(外部サイト)