古市憲寿、安倍昭恵夫人ら女性権力者を次々と味方につけるヤバい“コミュ力”

世の中には「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」だけでなく、「ヤバい男=ヤバ男(ヤバダン)」も存在する。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバ男」を分析していきます。

古市憲寿氏(本人のインスタグラムより)

■第10回 古市憲寿

「若者のテレビ離れ」という言葉を聞いたことのある人は多いでしょう。ネットの台頭で、これまで絶大な影響力を持っていたテレビがその座を明け渡してしまうかもしれない。若者に見てもらうために、制作側はネットで人気のYouTuberをバラエティー番組にゲスト出演させたりしていますが、たいていブレイクするには至りません。■それはテレビで好かれる人と、ネットでウケる人が違うからだと思うのです。

 テレビはルックスや出身大学、経歴など「わかりやすい紋所」が物を言います。しかし、ネットではそういうエリートコースを歩んできたにも関わらず、脇道にそれるかのような生き方をしたり、非リア充だったり、シニカルな視点を持つ人に人気が出ることもあるようです。つまり、ネットとテレビで受ける人というのは正反対と言ってもよく、それだけに、両方で活躍できる人はかなり稀有な存在だと言っていいでしょう。

 しかし、いるところにはいるものです。■新進気鋭の社会学者としてデビューした古市憲寿氏はTwitterのフォロワー数が34万人超とネットでの支持者が多く、現在ではワイドショーのコメンテーターやバラエティー番組にもひっぱりだこ。それは古市氏がテレビとネットで受ける要素を半分ずつ持っているからだと思うのです。

 古市氏がテレビ受けする要素を書き出してみましょう。

■■高学歴である(慶応義塾大学から東京大学大学院総合文化研究科 国際社会科学専攻 相関社会科学コース修士課程修了)
■■権威ある賞を受賞している(文部科学省の外郭団体である「日本学術振興会」育志賞受賞)
■■おクニの役員も務めている(内閣府「パラダイムシフトと日本のシナリオ懇親会」メンバーなど)

 人は誰しもバイアスをかけて物事を見ていますから、こういう権威がずらっとならぶと視聴者は「頭のいい人が言うことは、本当だ」という先入観を抱きがちです。古市氏が言うことは「本当っぽく」聞こえるわけですから、テレビ向きの人だと言えます。

■ネット民に受ける非リア充ぶりや悪口

 しかし、同時に古市氏はネットの申し子のような部分もあるのです。

■■恋愛至上主義ではない

 テレビに出ることで人気者になった古市氏が、アイドルの彼女でも作ろうものなら、成功者同士の組み合わせで、面白くもなんともないでしょう。しかし、古市氏は『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、■「子どももキスも性行為も嫌い」と発言して話題になります。■キスが好きでない理由は「唾液の交換が好きじゃない」というぶっとんだもので、人気者でありながら、非リア充志向のような発言をする古市氏を支持する人も多いでしょう。

■■悪口を言う相手のチョイスがうまい

 ネットのだいご味の1つは悪口といっても過言ではないでしょう。もちろん、一歩間違えれば、誹謗中傷になってしまいますから注意は必要ですが、■悪口に慣れたネット民にとって、大物に気を使ってヨイショするテレビの世界はきれいごとにしか思えなくて物足りないかもしれません。そこで古市氏の出番です。たとえば、古市氏は『とくダネ!』(フジテレビ系)のレギュラーコメンテーターですが、同番組に出演し、自民党総裁選に立候補すると表明した石破茂元幹事長に対し、■「石破さんって自民党内で評判があんまりよくない、人気ないって言われてますけど、ご自身ではどう分析されていますか?」とご本人の前で■「おまえ、好かれてないよ?」と言ってのけるのです。

 ■勇気がある行動だと思う人もいるかもしれませんが、私に言わせるのなら「怒れない人を選んで面前で悪口を言う」「やり返さない人を選んでいる」のが古市氏のズルいというかヤバいところだと思うのです。究極の人気商売ともいえる政治家が、カメラが回ってるところで、若い古市氏を怒ったら「大人げない」と言われて、視聴者にマイナスイメージを与えるでしょうから、怒れないと思うのです。■また今回の総裁選、石破氏の劣勢が伝えられていますが、旗色が悪い人を選んで、強気な物言いで責めていくように感じます。

 ■古市氏が「タレントでない」ことも毒舌をはくのに、プラスに働いているのではないでしょうか。芸能人が先輩芸能人や目上の人に非礼を働こうものなら、事務所の監督責任が問われますし、本人の芸能人生命を縮めかねません。しかし、古市氏の場合、「タレントではないから」と逃げることができます。

■味方にするべき権力者を判断する嗅覚がすごい

 ■考えてみると、古市氏はその場で誰がいちばん権力を持っているか、誰を味方にすればトクなのかを判断する嗅覚が優れているのではないでしょうか。特にすごいと言わざるを得ないのが、古市氏が徹底的に「倍率の低いところ」を狙うことだと思うのです。

 新潮社出版部部長・■中瀬ゆかり氏が『AERA.dot』で連載していた「50代ボツイチ再生工場」によると、古市氏は社会的地位のあるジジババにLINEをインストールしてあげて、秘書などを通さずに直接、食事に誘うそう。

 ■最近の若い人は、目上の人と食事に行くことを嫌うという話を聞くことがありますが、古市氏はその逆を行っているわけです。自分になついてくる若い人とそうでない人、権力者がどちらを引き立ててやりたいと思うかは言うまでもありません。みんながやらないことをあえてすることで、労せずトクをすることができるのです。

 ■古市氏の「倍率の低いところ」狙いは徹底していて、女性の権力者に積極的に近づいていっていることがすごいと思うのです。

 何かと話題のファーストレディー、■安倍昭恵さんは古市氏のお友達です。古市氏は昭恵さんに「夫婦の営みはするのか」と尋ねたところ、「チューはする」と返されたと『おかべろ』(フジテレビ系)で明かしていました。夫婦のセックスのことまで聞けるくらいですから、相当お親しいのでしょう。

 古市氏は文壇の重鎮、■林真理子センセイにも食い込んでいる様子。『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演した中瀬ゆかり氏によると、古市氏は真理子センセイにLINEで「フグを食べたい」とねだったりしているそうです。

安倍昭恵夫人と仲睦まじげ(古市氏のインスタグラムより)

■女性権力者に上手に甘え、転がす手腕

 帝国データバンクの調査結果によると、2019年4月末での全国の女性社長の割合は7.9%だそうです。社長以外でも■日本で要職についているのは、まだまだ男性のほうが多いと思いますが、そういう男性にかわいがってもらおうと思うと、ライバルが多くて大変です。しかし、女性の権力者は数が少ない上に、若くない女性だとなんとなく煙たくて、近づこうとしない男性も少なくないと思います。かわいがってもらえる倍率という点で考えれば、女性の権力者のほうが低いと言えるでしょう。

 また、古市氏の甘え方もうまいのです。エラい人たちとて、若い人を無理に食事に誘ったり、自分の話を聞かせたりするとパワハラ、セクハラと言われてしまうことを知っていて、ある意味、若い人に気を使っています。そんな中、■古市氏のようにわかりやすく甘えてくるタイプは、かわいがりやすいと思うのです。女性の権力者は数が少ないが故に、各界の女性権力者と横のつながりを持っていることも多いもの。女性の権力者にかわいがられるほうが、スピーディーに「あの人を紹介してあげる」と人脈的なおこぼれにあずかれるかもしれません。

 年上の女性に甘えることを「みっともない」とかヤバいと思う人もいるかもしれません。しかし、時代は令和。これからは古市氏のように積極的に年上女性とコミュニケートして、うまく転がせるヤバいオトコが上に行く時代なのかもしれません。

<プロフィール>
仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ。会社員を経てフリーライターに。『サイゾーウーマン』『週刊SPA!』『GINGER』『steady.』などにタレント論、女子アナ批評を寄稿。また、自身のブログ、ツイッターで婚活に悩む男女の相談に応えている。2015年に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)を発表し、異例の女性向け婚活本として話題に。好きな言葉は「勝てば官軍、負ければ賊軍」

関連記事(外部サイト)