上原多香子が“庭師”に…25周年も「SPEED再始動」に消極的な深刻事情

SPEED

 2008年に事実上の解散をしたSPEEDの周辺が、にわかに騒がしくなっている。

■「10月2日、突然公式サイトで謎のカウントダウンが始まり、結成25周年を迎える来年1月にベストアルバムを出すことが13日に発表されました」(レコード会社関係者)

 実は2013年にもアルバム発売の予定があったという。

「しかし、諸事情により中止に。収録予定だった未発表曲があったことに加えて、コロナ禍で在宅時間が増え楽曲が再評価されたのを受けて、制作されることになりました」(同・レコード会社関係者)

 4人は今、どんな日々を送っているのだろうか。

■SPEED4人の“今”を追跡すると

 2016年、参議院議員通常選挙に自由民主党公認で比例区より立候補。初当選以来、議員として忙しい日々を送っている今井絵理子。そんな彼女には、少し気になる噂が。

「2017年7月に不倫疑惑が報じられ、その後、交際宣言をした橋本健元神戸市議が今井さんの私設秘書になったそうです」(全国紙政治部記者)

 橋本といえば、2018年に政務活動費約690万円を騙しとった詐欺罪で懲役1年6か月、執行猶予4年を言い渡され、議員を辞職。妻とも離婚し、神戸市内で歯科医院を営んでいたはずだが……。

■「橋本さんの歯科医院なら去年の8月に閉院しましたよ。閉院後は今井さんと沖縄に行ったという噂です」(跡地に開業した歯科医院の従業員)

 通院していた女性は、当時の様子をこう振り返る。

「事件以降は閑古鳥が鳴き予約が取りやすいと聞いたので、昨年6月から通い始めたんです。そのときには、■橋本さんとスタッフ1人だけで規模を縮小していましたね。患者さんたちに連絡もなしに、いきなり閉まったので困りましたよ」

 そこで、今井の議員事務所に橋本氏のことについて問い合わせてみたが、

「担当者不在のため、わかりません」

 と繰り返すばかりだった。

 橋本以上に消息がわからなくなっているのが、メンバー最年長でリーダーを務めたHITOEこと新垣仁絵。

「2000年にグループがいったん解散したあとはニューヨークに留学。その後はヨガインストラクターに転身し、メディア露出も多少あったのですが、■2013年に一般男性との結婚を機に事務所を退社。それ以降、メディアどころかメンバーのSNSでも近況が明かされない状態です」(スポーツ紙記者)

 対照的なのが最年少メンバーだった島袋寛子だ。ソロアーティストに転身後は女優業や舞台、プロデュース業など幅広く活動している。

プロデュースする『原駅ステージA』との写真を投稿し、近況を報告した島袋

「今春にソロコンサートを開催予定でしたが、コロナで中止になってしまいました。しかし、■事務所の後輩である女性アイドルグループ『原駅ステージA』が9月に発売したシングルをプロデュース。また2017年には12歳年下の俳優・早乙女友貴さんと結婚。SNSでのノロケ投稿がたびたびニュースになるなど、公私ともに順調です」(前出・レコード会社関係者)

 グループの活動休止後、もっとも波瀾万丈な生活を送っているのが上原多香子だろう。

 2012年にヒップホップグループ・ET―KINGのTENNさんと結婚。しかし、2014年にTENNさんが自殺したことで風向きが変わる。

「TENNさんが遺した遺書に、上原さんの不倫をにおわせる内容が書かれていたと週刊誌で報じられ、大バッシング。1年ほど活動休止を余儀なくされました」(前出・スポーツ紙記者)

 その後、舞台で活動を再開させたが、主演を務めた舞台の演出家との交際が発覚する。

「2017年に上演された上原さんの初主演舞台『光と影からの恵み』の作・演出を務めた■コウカズヤ氏と公演終了直後に交際に発展。翌年10月にできちゃった婚を発表しました。前夫の自殺からあまり時間がたっていない中での再婚とあり、またもや批判を浴びることになりました」(ワイドショースタッフ)

■上原が見つけた新たな道

 出産や育児などもあり、再び活動を休止していた上原だったが、10月11日に1年5か月ぶりにSNSを更新。

■《石原和幸先生に弟子入りさせていただきました》

 庭園デザイナーの石原和幸氏のもとで修業中と明かしたのだ。

「上原さんは、10月上旬に石原氏の地元である長崎県の三原庭園で3日間研修に参加していました。■上原さんは芸能界には復帰せず、今後はガーデニングの仕事を中心に活動していくと聞いていますね」(庭園関係者)

 石原氏のブログには、花や緑のことを学びたいと上原が都内のオフィスを訪問してきたことを報告していた。

「将来的には、上原さんを三原庭園の広告塔のような存在にしたいという思いもあるのでは」(同・庭園関係者)

■上原は芸能界引退か

 そこで石原氏の事務所に上原のことを聞いてみると、石原氏本人が対応してくれた。

ーー弟子にした経緯は?

石原氏、上原のSNSではともにツーショットが投稿され特別な関係に見えるが、石原氏は否定

■「上原さんのほうから学びたいと申し出がありました。生徒の1人なので、決して彼女だけを特別扱いしているわけではありません。お話ししたところ、新しい分野で一生懸命、頑張りたいという熱意が伝わってきましたね」

ーーSNSでツーショットを投稿していましたが。

「写真はお願いされたので応じたまでです。どのぐらいの期間、うちで学ぶかは本人のやる気も関係してきますし、決まっていませんね。また、現時点で一緒に何かをやる予定はありません」

 と、あくまでも生徒の1人と主張した。しかし、石原氏の言葉からも、上原が芸能界への復帰を前向きに考えていないのは間違いなさそうだ。

「再始動を期待する声も少なくないですが、現実的に考えて厳しいはず。今井さんは現役の議員ですし、仁絵さんは7年も表舞台から遠ざかっています。また、上原さんへのバッシングはいまだ根強いですからね。順調に活動をする島袋さんからしてみたら、巻き込まれたくないというのが本音では。■全員が再始動に消極的なので、アルバム発売のみで終わりでしょう」(前出・レコード会社関係者)

 それぞれの道を歩き始めた4人が、一緒に活動する姿はもう見られない……!?

関連記事(外部サイト)

×