『鬼滅の刃』に山崎賢人、GACKT、橋本環奈、動き出した“実写版”とキャスト候補

左からGACKT、山崎賢人、橋本環奈

 10月16日から公開されている映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が、破竹の勢いで数字を伸ばしている。

「全国403の劇場で公開され、10日間で動員数798万3442人、興行収入は107億5423万2550円を記録。10日間での興行収入100億円突破は、日本で上映された映画として最速記録です」(シネコン関係者)

 あの名作アニメをしのぐ数字だというから驚く。

「実写作品も含めた■国内興行収入ランキング1位は、2001年に公開された『千と千尋の神隠し』の308億円。それでも100億円突破するのに25日かかりました。『鬼滅』の勢いは新たな記録を打ち立てるのではないかと言われています」(同・シネコン関係者)

 原作のマンガは、連載時から人気だった。

「『週刊少年ジャンプ』で2016年11月から連載が開始。作者の吾峠呼世晴先生にとっては初連載作品でした。舞台は大正時代。炭売りとして幸せに暮らしていた主人公の竈門炭治郎は“人喰い鬼”によって家族を惨殺され、その復讐と唯一、生き残るも鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すために“鬼殺隊”という組織に入り、鬼との戦いに身を投じるというストーリーです。作者は名前だけ見れば男性に見えますが、実は女性なんですよ」(漫画雑誌編集者)

 作品がテレビアニメ化されたことで知名度が加速する。

「2019年の4月から9月までTOKYO MXで放送されました。美しい作画と迫力のアクションシーンで新たなファンを獲得。■LiSAさんによるアニメの主題歌『紅蓮華』も人気になり、昨年に続き、今年の紅白歌合戦の出場も間違いなしでしょう」(同・漫画雑誌編集者)

 アニメ終了後も、人気はとどまるところを知らない。

「今年10月10日と17日にフジテレビ系列の『土曜プレミアム』枠で『鬼滅の刃』の特別総集編を放送。再放送にもかかわらず、10日放送分の平均世帯視聴率は16・7%と高い数字を記録しました」(テレビ局関係者)

■芸能界で“鬼滅コスプレ”ブーム

 電子書籍を含むコミックスの累計発行部数は1億部を突破。コアなファンだけでなく、幅広い世代に支持されていったことがわかる。

「“ヒノカミ神楽 日暈の龍・頭舞い”“雷の呼吸 壱の型霹靂一閃”といったカッコいい技の名前がたくさん出てきて多くの子どもたちがまねしています。作品自体は血しぶきなど残酷な描写も多いのですが、繊細な心理描写が秀逸で大人でも楽しめる作品ですね。■芸能界でもDAIGOさんや叶姉妹がキャラクターのコスプレをするなど知名度が広がっています」(前出・漫画雑誌編集者)

 魅力的なキャラクターたちも人気だ。

「主人公の炭治郎は家族思いで鬼にも思いやりをかける優しい青年。妹の禰豆子も儚げで応援したくなりますし、炭治郎と行動をともにする小心者の我妻善逸や猪のかぶり物を身につけている嘴平伊之助など、登場人物すべての設定が凝っているため読んでいれば自然と“推しキャラ”ができてしまいます」(同・漫画雑誌編集者)

 国民的なマンガとなったことで、さまざまな関連グッズも発売されている。

「オリジナルのキャラクターグッズにとどまらず、多くの企業タイアップが生まれています。大手コンビニチェーンの『ローソン』では鬼滅キャンペーンを実施したところ、対象商品の弁当やおにぎりのほか、関連グッズは10日間で累計1000万個以上売れたそうです。飲料メーカーの『ダイドードリンコ』は、全28種のコラボ缶コーヒーが開始約3週間で累計販売本数5000万本を突破し、コーヒー飲料全体の販売本数は、昨年同月比149・5%。そのほかに、あらゆるジャンルでコラボが行われています」(経済ライター)

 経済にも影響を与えるほどの人気なのだから、次に期待されるのは実写化だ。水面下では、すでにプロジェクトが動き出している。

■主人公にはあの“実写化”俳優

集客が落ち込んでいた映画館にとって待望のヒット作。館内で販売しているグッズの売れ行きも好調

「■配給はアニメと同じ東宝になると聞いています。キャスティングも着々と進められていますよ。製作チーム内で回覧されている候補では、■主人公の炭治郎役は、山崎賢人さんか■神木隆之介さん。どちらも炭治郎らしい優しくてまっすぐなイメージを持つ好青年ですね。■禰豆子役は橋本環奈さん。“1000年に1人の逸材”と言われる可愛らしさは、禰豆子にぴったりです」(映画配給会社関係者)

 物語最大の敵も、これ以上ない配役だ。

「■鬼舞辻無惨役はGACKTさんで考えられています。2019年に公開された『翔んで埼玉』でも現実離れした存在感で話題になりました。端正でクールな顔立ちは無惨そのものですよ」(同・映画配給会社関係者)

 炭治郎の仲間たちも、今をときめく人気俳優たちの名前があがっている。

「■善逸役はKing & Princeの平野紫耀さん。母性本能をくすぐるところはマッチしていますね。■伊之助役は吉沢亮さん。野性味あふれる性格ながら端正な顔立ちという設定ですから、こちらもぴったりです」(同・映画配給会社関係者)

 豪華なキャスト候補はまだまだいる。

「■冨岡義勇は佐藤健さん。彼は『るろうに剣心』で主人公を務めましたね。ほかにも胡蝶しのぶ役は石原さとみさん。■不死川実弥役は菅田将暉さん、また、■炭治郎の父親・炭十郎役は福山雅治さんなどが候補にあがっています」(同・映画配給会社関係者)

 コラムニストのペリー荻野さんは、このキャスティングに太鼓判を押す。

「■原作は刀を用いたアクションや、戦いの合間にあるキャラクター同士の掛け合いも持ち味ですから高い演技力が求められます。その中でキャラクター性にマッチした俳優を選べているといって過言ではないでしょう。

 ■いずれも主演クラスなので、実現すればみんなで楽しめる作品になるんじゃないでしょうか」

 夢のような企画だが、公開はいつごろになるのだろう。

■“ドル箱”をめぐる争奪戦

「これから各芸能プロダクションにオファーをかける状況ですので、正式な配役が決まるのはまだまだ先のこと。さらに調整や脚本の執筆、監督の選定などもありますから、いくら急いでも公開まで2年はかかるでしょう」(前出・映画配給会社関係者)

 製作側にもいろいろな思惑が渦巻いている。

鬼滅の反響は芸能界にも。DAIGOはコスプレを披露

「テレビ局は製作に関わりたいでしょうね。■製作委員会に加わることができれば、テレビでの放映権も得られます。映画の宣伝で主要キャストを番組に登場させることができるのも大きいでしょう。製作に関わることで、多くの利益が生まれるのです」(制作会社関係者)

 アニメを放送したフジテレビが一見、有利な立場のように見えるが……。

「■フジテレビは昨今の業績がよくないことで早々に撤退しました。そもそもアクションマンガの実写化経験が乏しいんです。■有力なのはTBSと日テレですね。TBSは『ジョジョの奇妙な冒険』などを手がけていますし、日テレも『るろうに剣心』の実績があります。どちらが製作委員会に名を連ねるのか、自局の強みをアピールしながら激しく争っていますよ」(前出・映画配給会社関係者)

 実写化について、マンガを連載していた『週刊少年ジャンプ』編集部に聞くと、

「そういった質問には、いっさいお答えできません」

 とのことだった。

 社会現象化したアニメの外側では、テレビ局同士の戦いが行われているようだ。

?

関連記事(外部サイト)