松本人志、伊集院光もファンに! 『クイズ!脳ベルSHOW』爆笑の秘密を大解剖

クイズ!脳ベルSHOW

「テレビがつまらなくなった」「若者のテレビ離れ」だのといわれている昨今。どっこい、世間から熱い支持を受けているお化け番組があるんです! それがBSフジの『クイズ!脳ベルSHOW』。

 ■松本人志、徳光和夫、伊集院光、有田哲平など、番組ファンを公言する芸能人たちも多く、出演志願も多数届くとか! そんなテレビの可能性を掘り起こし続けている当番組の魅力を伝えます! 昭和の底力を持つもの同士による奇跡のコラボ連載。読み逃しなく!

■“頭を使うこと”の楽しさを
思い出させてくれる

 “今、いちばん面白いBS番組”と言われている『■クイズ!脳ベルSHOW』(BSフジ)。2015年からスタートし、今や本家フジテレビの地上波でも、早朝4時から帯で再放送されるほどのお化けクイズ番組に!

 といっても、知識を競い合う地上波のクイズ番組とはひと味もふた味も違うんです。誰でも楽しめる脳トレ的なクイズを出題し、“頭を使うこと”の楽しさを思い出させてくれるのが、この番組の人気の秘訣。

 そして、40〜90代の多彩なゲスト(総ゲスト数はのべ2000人以上!)が登場する様子は「この番組でしか見ることができない奇跡のコラボレーション」と呼ばれる番組の醍醐味になっているほど。今回は、そんな脳ベルSHOWでおなじみのゲストの方々に、■“脳ベル愛”について語っていただきました!

■●大木凡人
出演者が生き生きとする“昭和の同窓会”のような番組

大木凡人

 ■かつて共演した方や、ステージで司会をさせていただいた歌手の方に会って、「■元気だった〜!?」■って声をかけ合う、われわれにとっては同窓会のような番組です。■出演者が生き生きとしているのが、この番組のすごいところ。

「■私たちが集まるためにこういう番組ができたのかな」■って感謝しかないですね。「脳ベル、見たよ」と声をかけてくれる人たちも、みんなにこやかに話しかけてきてくれるんです。演者も視聴者も一緒になって楽しんでいるんだなってうれしくなっちゃうよね。

 クイズだけじゃなくて、「脳ベルヒットスタジオ」では口上を述べさせていただいたり、この番組に出ると脳みそが柔らかくなりますね。口上って、詩心がないとできません。「ネオンの影の路地裏の、恋物語を五線の譜にたどるは〜♪」とかね。

 自分が勉強した詩集を引っ張り出して、何を言おうかなと考える。11月21日にサンシャイン劇場で行われる「脳ベルヒットライブ」も楽しみ。■JAGUARさんや■森口博子さんに対して、“大木凡人がどんな口上を言うのか”楽しみにしていてください。

 ■MCは、マスターオブセレモニーの略です。■私も数々のMCをしてきましたが、岡田圭右さんのMCは、まさにマスターですよ。■雰囲気と一体化する彼がいると、安心するしホッとする(笑)。

 脳ベルSHOWは、本当に楽しい現場です。それを、みなさんと分かち合えるのが待ち遠しい!

■おおき・ぼんど
1945年、愛媛県生まれ。日本の司会者・タレント・レポーターとして、数々のテレビ番組、ラジオ番組、ステージなどで活躍する。日本司会芸能協会会長。10月下旬より、YouTubeに『大木凡人の凡チャンネル』を開設。

■■回答者の素のキャラを引き出す魔法は……

■●大沢逸美
『あきたこまち』は美しい輝かしい“コメ”です!

大沢逸美

 最初のころは、それこそ脳みそフル回転! で疲れ果てましたが、今では岡田さんや共演者の方々とのトークを楽しませていただいています。スタッフさんたちも温かい雰囲気で迎えてくださるので「■ただいまー。■“コメ”もらいにきたよー!」と、リラックスして挑める番組です。

 '18年の出演時に週間チャンピオンとなり、あきたこまち15kg(5kg×3袋)をいただきました。お米の美味しさに加えて、優勝賞品というご褒美は、何とも美しい輝かしい“コメ”なのです! 番組を通して「今回も、コメをゲットしてください!」と、応援してくださる方々もいらっしゃいます。

 クイズの解答には必死になりますが(“コメ”がかかっていますし!)、ジャンルの異なる先輩方とご一緒させていただける番組です。また、「脳ベルヒットスタジオ」のコーナーが大好きで、出番がなくても必ずスタジオの隅で観賞しています。

 ■川野良子アナは歌がうまいうえに、本当に楽しそうに歌うお姿が魅力的。■出題のヒントではついポロリ! してしまう、とってもチャーミングな方。■回答者の素のキャラを引き出す魔法は、岡田さんと川野さんの絶妙な距離感によってなせる技だと思います。

■おおさわ・いつみ 
1966年、北海道生まれ。第7回ホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリとしてデビュー。母親を11年にわたり介護した体験をもとに講演活動も行っている。

■●谷 隼人
“悔しい” “悲しい” “キツイ”の3Kに翻弄されています

谷隼人

 ■懐かしい人たちが次々と出るから、僕も見ていて楽しいんだけど、答えられないと悔しくてたまらない! 「■なんて俺はバカなんだ!」■と落ち込んでしまう(■苦笑)。

 でも、ちょっと自慢したいんだけど、特番の『11時間テレビ』で都道府県対抗クイズ合戦があるんだけど、その第1回で僕らの「九州沖縄代表」が優勝したんだよね! すごいでしょ? 仲間のおかげなんだけど、お米をもらってうれしかったなぁ。

 あと、やっぱり岡田君と川野さんの進行力、持っていき方がすごい。まさに“オカダ・ワールド”ですよね! みんなを楽しませる力が素晴らしい。毎回、感心しています。

 この番組、けっこう見ている人がいるんだよね。だから「谷さん、見ましたよ!」「次いつ出るの?」なんてよく聞かれます。

 ■見てくれるのはうれしいんだけど、僕にとっては問題がわからなくて“悔しい”、答えられなくて“悲しい”、次々にわかんない問題が出てくるから“キツイ”の3Kなんですよ!

 そんな困っている谷隼人を応援してください!

■たに・はやと 
1946年、鹿児島県生まれ。1961年、子役としてデビュー。その後、日活のニューフェイスを経て、東映に入社。『キイハンター』『風雲!たけし城』などテレビでも活躍。女優・松岡きっことのおしどり夫婦としても有名。

■脳ベルSHOWは着目点がわかってる!

■●マッハ文朱
『脳ベルSHOW』は「人間死ぬまでが現役」を教えてくれます

マッハ文朱

 ■何ごともダイナミックで面白い時代“昭和”を知っている世代の人たちは、懐かしく誇らしく思え、また、知らない世代の人たちは刺激を受け、これから先の大きなヒントにつながる──、そんな昭和をありとあらゆるジャンルで取り上げ、きちっと脳も活性化させてくれる構成内容になっており、うなっております。

 番組中でもお互いに安心してツッコめる! ツッコまれる!! そんな昭和リズム&ギャグでやりとりができるのも楽しい。岡田さんは、ちんぷんかんぷんな答えや言動に対しても私たちを嫌な気分にさせずに、いつもちゃんと私たちが立つようにしてくださる。川野さんのゆるキャラにも似たキャラクターも最高です。

 私は「どうやってその商品が生まれ、それをヒットさせたのか?」のコーナーが大好き。マッチ棒はとにかく苦手。お金の合計は3問中1問は必ず、おっちょこちょいで見落として不正解……性格を直したいです(笑)。

「シニアだから」とか、「昭和の時代の方々だから」なんて、世の中では“古い”“昔”と一括りにしたがりますが、「■人間死ぬまでが現役」でよいのでは? 脳ベルSHOWは着目点がわかっていらっしゃる! 私自身、大大ファンの番組です。

■まっは・ふみあけ 
1959年、熊本県生まれ。15歳で全日本女子プロレスに入門。長身のルックスとスター性で人気スター選手となるも、2年8か月で引退し、タレントに転向。2013年、20年ぶりに芸能活動を再開し、多岐にわたって活躍中。

■●杉浦 幸
すごろくに行きたい! 脳ベルSHOW愛は誰にも負けません

杉浦幸

 ■老若男女関係なく答えられるクイズ番組なので、知識を問わず見ている方も参加できるところが、この番組の魅力だと思います。放送されないところでも、とても楽しいMCのおふたりなので、出演者みんながリラックスできて楽しいです。

 子どものころから勝負事は1番を目指してたので(笑)、「クイズ!すごろく大逆転」は最終決戦の場! 何度も「奇跡のアイディア クイズ!その時どうした?」で逆転をされ、すごろくに行けなかったのは本当に悔しくて……。特番のときチーム戦で初めてすごろくに進んで優勝したときはとてもうれしかったです!

 ■年齢を重ねると頭が固くなったり、何かにとらわれて思い込みなどで柔軟性がなくなり、答えにたどり着くまで時間がかかります。■でも自分の中で難しく考えたり簡単と感じたりするのは、柔軟性の問題。■それによって難易度が変わるのでみなさんも頭を柔らかくして参加してみてください。

 私は脳ベルSHOW愛は誰にも負けません! 今度は個人戦ですごろくまで行って優勝、1番を目指します!

■すぎうら・みゆき
1969年、東京都生まれ。1985年、主演ドラマ『ヤヌスの鏡』でデビュー。清純派アイドルとして人気を博す。翌年にはシングル『悲しいな』で歌手活動を開始。自身が厳選した犬グッズを扱うセレクトショップ「mauMina」(マウミーナ)を展開中。

■◆『クイズ!脳ベルSHOW』はこうして作られている!(11月9日〜OA分)

クイズ!脳ベルSHOW

 この週の前半の回答者は、■川柳作家のやすみりえ、歌手の浜博也、マッハ文朱、俳優でジャズ歌手の寺泉憲の4名。このごった煮感、まさに『クイズ!脳ベルSHOW』の神髄!

クイズ!脳ベルSHOW

 後半の回答者は、■格闘家の菊田早苗、元タカラジェンヌの姿月あさと、おネエタレントで最近は落語もこなす日出郎、女優の神保美喜。この4人が登場する夢って吉兆なの? 悪夢なの!?

クイズ!脳ベルSHOW

 出題者としてトランプマンが登場。回答者はもちろん、出題者まで盛り上げる岡田のプロ司会者ぶり!

(取材・文/我妻アヅ子)

■◆『クイズ!脳ベルSHOW』どんな番組?
「なぞなぞ」、「過去のヒット商品を思い出す」といった、誰でも楽しめる絶妙な脳トレクイズに、昭和のスター、スポーツ選手、俳優、文化人など多彩なゲストが挑戦。白紙回答、カンニングまがい(!?)の言動など自由すぎる内容&喜怒哀楽をあらわにしてクイズに熱狂するゲスト陣の姿が、「地上波のクイズ番組よりも面白い!」と話題に。
1日15分、毎日の脳トレ習慣が身につく、番組と連動したドリルも大好評発売中!
https://www.bsfuji.tv/noubellshow/
放送時間:BSフジ 月〜金 22:00ー22:55
再放送:フジテレビ 月〜金 4:00ー4:55

■◆待望の公開収録が決定!「脳ベルヒットライブ」
『クイズ!脳ベルSHOW』に登場した有名人の中から、選りすぐりの総勢15名に今なお愛される昭和のヒット曲を歌っていただきます!
11月21日(土) 会場:サンシャイン劇場 全席指定:5500円(税込み)
司会:岡田圭右、川野良子
口上:大木凡人
ゲスト:氏神一番、JAGUAR、森口博子ほか
問い合わせ先:BSフジイベント event@bsfuji.co.jp

関連記事(外部サイト)