小林麻耶の降板騒動にダンマリの市川海老蔵、“禁断愛”報道で壊された家族の絆

小林麻耶、市川海老蔵

■《不機嫌なのは洗脳説が流れているのが原因?》

 11月16日に自身のYouTubeチャンネル配信で、動画が始まってからしばらく不機嫌な表情を見せる夫・國光氏を相手に気遣う小林麻耶。そんな心配をよそに、一度画面から退いた同氏はパネルを手に《ドッキリでした!》と再登場し、夫婦は笑顔ではしゃぐのだった。

 11月12日、麻耶が出演していた『グッとラック!』(TBS系)降板と、さらに所属事務所『生島企画』との契約終了が発表され、各メディアが報じることになった。同日の朝には前出のYouTubeチャンネルで、番組内で“いじめ”にあっていたと主張し、また所属事務所社長やプロデューサーを名指して批判する“暴走”配信をしていたのだった。

「■そんな発言をすれば“クビ”になるのは当然で、テレビの世界に身を置いてきた人物なら想像できること。彼女は“夫に操られている”とも報じられたわけですが、動画の“洗脳”ネタは明らかにマスコミへの意趣返しでしょう。

 でも、麻耶さんの精神状態がますます疑わしく思えてしまいます。余計なお世話ながら、■彼女を説得する“家族”はいないのかと思ってしまうのですが……」(芸能リポーター)

 小林が4歳年下の國光氏と結婚したのが2018年7月のこと。最愛の妹・麻央さんが2017年6月に亡くなってから1年後のことだった。麻央さんの約4年間の闘病生活を支え、舞台に立ち続けることを余儀なくされた市川海老蔵の代わりに、叔母として、麗禾さんや勸玄君に寄り添った麻耶。この時、市川家をともに裏で支えたのが麻央と麻耶の実母だった。

■母親とテレビ共演した麻耶

 2020年4月11日放送の『愛情!マザーSHOW』(フジテレビ系)に、その母親がテレビ初登場して、麻耶と母娘共演を果たしている。

「■“私のコピーだとずっと言われてきた”と話したように、お母さんは麻耶ちゃんとそっくりの仲良し親子でした。番組では母と姉妹との楽しい思い出と、麻央さんの闘病生活中に自身が倒れてしまったことを涙ながらに謝罪していました。

 番組では転勤族だったとしか触れられなかった父親は、仕事の都合で早くに家族と別居していてるようで、麻耶ちゃんは女子アナ時代からお母さんと実家に住んでいました。結婚当初は夫を引き入れて3人で住んでいたものの、しばらくしてお母さんが夫婦生活を尊重して家を出たとも。夫婦が動画配信をしているのも、この実家からではないでしょうか」(前出・芸能リポーター)

 そして、彼女が大切にするもう一つの“家族”が、麻央さんが過ごした市川家だ。■今年2月には麻耶夫婦と実母、そして勸玄君を連れて、麗禾さんが通うバレエ教室の発表会に出席する姿を『NEWSポストセブン』がキャッチしていた。國光氏と結婚した後も“家族”交友は続いているのだ。

「特に麗禾ちゃんは麻耶に懐いていて、海老蔵が海外に出るときも、留守を預けて夫婦と一緒に過ごさせることもあるのだとか。でも、■当の海老蔵と麻耶さんは顔を合わせることはないのでは? お得意のブログでも、麻央さんが存命の時は頻繁に“まやさん”を登場させていましたが、彼女の結婚を機に全くと言っていいほどに名前が出てこない」(スポーツ紙芸能デスク)

 今回の麻耶のピンチにしても、海老蔵は無言を貫いているーー。

 海老蔵といえば、片岡愛之助や中村獅童ら役者仲間の私生活をブログで愛あるイジりを披露。また最近では、伊藤健太郎のひき逃げ事件をツイッターで■《現場離れなければただの事故なのに、一夜にして容疑者としてのニュース》と言及するなど、今や芸能界の“ご意見番”の一面も見せている。

 ましてや身内、義姉が起こした騒動に対して言いたいこともあるのではないだろうか。それでも、彼がダンマリを決め込むのには理由があるようだ。

■海老蔵との関係を追求されて

「麻央ちゃんの死去後間も無く、■海老蔵さんと麻耶ちゃんの関係に目をつけた一部の週刊誌から交際を追及されるようになり、“海老蔵さんとはどうなんですか?”などと連日のように追い回されたんです。もともと敵を作りやすいキャラでしたから、報道を真に受けた連中からネット上で誹謗中傷されたり、勸玄君の出演舞台を観に行っただけで非難されることもあったそう。かなり精神的に参っているようでした」(麻耶を知る芸能関係者)

 國光氏と結婚してもなお、同週刊誌に「市川海老蔵似」などと報じられた麻耶はブログで《正直、真逆な雰囲気です》と反論し、■《海老蔵さんとは、家族です。それ以上でも、それ以下でもありません。何もありませんから!!》と主張。

 これに海老蔵も、■《新婚の生活はその時間しかないのです。その時間を余計な邪推で穢さないであげてほしい。それが家族の想いです》と、義姉の幸せを願ったのだった。

「海老蔵さんは以後、■自分が発信することで麻耶ちゃんに余計な負担をかけまいと慎んでいるんですよ。彼は奥さんの闘病生活において、■“麻耶ちゃんとお義母さんには感謝しかない”と常々口にしていました。

 たしかに、■海老蔵さんも吟さんに多少の不安は感じてはいるみたいですが、それでも何も言わないのは、家族として彼女を信じているからでしょう。それは実母も同じ想いだと思います。自分が夫婦を全うできなかっただけに、その分、麻耶ちゃんが笑顔でい続けることを心から願っているんですよ」(前出・芸能関係者)

 闘病中も笑顔で前向きだったという麻央さん。麻耶もまた姉として、笑顔を絶やさないようにしているのかもしれない。

関連記事(外部サイト)