Koki,のインスタで木村拓哉が鬼コーデ、“ヒョウ柄LOVE”私服が「ヤンキーおじさん」

木村拓哉とCocomiとKoki,(@kokiより)

■《私が旦那さんを見つけるのは難しいだろうと、言っていた人達がいましたが、その理由が良く分かります》

 11月13日に木村拓哉と工藤静香の次女・Koki,が自身のインスタグラムを更新。この日は木村の誕生日だけに、お祝いの言葉と共に父娘の“秘蔵”写真もアップしたのだった。

「■海外旅行先でのワンショットでしょうか。7、8年くらい前だと思いますが、キムタクは父親とは思えない若さ。確かに、こんなにカッコいい男性が近くにいれば、娘たちは彼氏探しに苦労しそう(苦笑)。

 にしても注目すべきは、■当時はアラフォーにしてヒョウ柄のノースリーブシャツにダメージジーンズのショートパンツ。このハイセンスなファッションを楽しめるのは、キムタクくらいのもの」(スポーツ紙芸能デスク)

 SMAP時代から、身に着ける衣服やアクセサリーが瞬く間に店頭から売り切れる、“キムタク売れ”を起こしてきたファッションリーダー・木村。そんな彼がこよなく愛するのが「レオパードコーデ」、つまりは「ヒョウ柄」を取り入れたファッションだ。

 5月に開設したインスタにも度々、ヒョウ柄のシャツやジャケットを身に纏(まと)った姿がアップされている。

「かつて『さんタク』(フジテレビ系)でも『ヒステリックグラマー』のジャケットを羽織ったりと、ただヒョウ柄ではなくブランドにもこだわっています。最近では『サブサエティ』『ワコマリア』『シュプリーム』などのヒョウ柄を好んで着ていますね。Koki,さんもワンポイントで入ったアイテムをコーディネートに取り入れているみたいですよ」(スタイリスト)

■下手するとヤンキーのおじさんになる

 とはいえ、木村だからこそ、とも思えるヒョウ柄コーデだが、■一般のアラフォー、アラフィフ男性ならば、ただの「イタいおじさん」になりそうなもの。どうすれば着こなせるのだろう。自身もモデルとして活躍するファッションコーディネーターの中村康介さんに聞いた。

「■ヒョウ柄は下手するとヤンキーのおじさん、大阪のおばちゃんになってしまうアイテムですが、上手に着こなせばワイルドでセクシーな色気あるアイテムになるのです。アラフィフ男性がバランスよく、品よく着こなすには、例えばシャツやポロシャツのような襟のあるアイテムがオススメです。

 また、一般的には露出部分を限定した方がいいので、シャツの一番上までボタンを閉めて、その上に相性の良いシンプルな黒のジャケットを羽織ります。ヒョウ柄は非常に主張が強いので、ワンポイントで使うことを意識して品よく見せたいですね」

 また、ヒョウ柄に柄物を重ねるのはNGで、単色、特に黒がマッチするとのこと。インディゴブルーといったデニム素材も相性がいいようだ。ヒョウ柄を全面的に押し出している木村だが、彼の場合はあくまでビジュアルでカバーできているということか。そしてサイズ選びにも注意したい。

「ビッグシルエットといって、オーバーサイズで着こなすのがカジュアルのトレンドになっていますが、■ヒョウ柄においては男性はダボダボさせずにジャストサイズを選ぶこと。あまりルーズサイズですと、地方のホストのようになってしまうので要注意です(笑)」(中村さん)

 ヒョウ柄は迷彩柄などと同様に、時代やトレンドに左右されないアイテムでもある。年甲斐もなくと思わずに、うまく取り入れれば色気のある大人の雰囲気を演出できそうだ。

■木村に影響を与えた“ヒョウ柄”歌手

 それにしてもアラフィフになっても止まらない、木村の“ヒョウ柄愛”。彼がここまで貫き通す理由はなんだろうか。

「ヤンキー気質のイメージが強い静香さんの影響と思われるかもしれませんが、意外にも彼女がヒョウ柄を着ることはほとんどないんですよ。おそらく■木村さんが影響されたのは、2人のビッグアーティストではないでしょうか。その1人が稲葉浩志さん」(前出・スタイリスト)

2015年6月、都内のカフェで食事をした木村拓哉夫妻と稲葉浩志夫妻

 超人気ロックユニット『B'z』の稲葉浩志。最近こそ落ち着いたものの、若いころの彼といえばノースリーブやショートパンツ、やたらと透けた露出度の高い衣装を着ることも多かった。そして、ステージはもちろん、CDジャケットでもヒョウ柄衣装を披露している。

「■稲葉さんとは親友で、互いに同じ犬種を飼ったり、誕生日会に呼び合うなど家族ぐるみの付き合い。B'zコンサートにも家族で訪れていますし、今年2月の木村さんのソロデビューを後押ししたのも楽曲を提供した稲葉さんだと言います」(芸能プロ関係者)

 そしてもう1人のビッグアーティストが『エアロスミス』のヴォーカル、スティーヴン・タイラーだ。ロック界の大御所もまたヒョウ柄衣装に身を包み、マイクスタンドにも同柄のストールを巻きつけてステージを飾る。

「木村さんはスティーヴンを崇拝するほどの大ファンで、1998年に雑誌の対談で初共演。その後、SMAPとして、個人でも共演を重ねて、自身の主演ドラマや映画にもスティーヴンの曲を使用しました。■自宅のガレージにはツーショット写真を引き伸ばした巨大パネルを飾るほどです」(前出・芸能プロ関係者)

 そんな木村がリスペクトする2人が、2002年の日韓W杯のオフィシャルコンサートで顔を合わせる。エアロスミスとB'zの夢のコラボが実現したのだ。

「当然ながら、木村さんは静香さんを連れ立って一緒にスタジアムに駆けつけたのでしょうね。サッカーの試合以上に興奮したのでは? そんな■ビッグな3人が共通して、こよなく愛するのがヒョウ柄というわけです。木村さんは“ウルトラソウル(強い心)”で結ばれた友情の証として、今なお着続けているのではないでしょうか」(前出・芸能プロ関係者)

 Koki,に子どもが生まれておじいちゃんになっても、木村はヒョウ柄を着るのだろう。

関連記事(外部サイト)