松本潤『99.9』映画化も仲間の活躍に焦り「このままじゃダメ」で次なる舞台へ

松本潤

 活動休止まで残り1か月となった嵐。カウントダウンが迫る中、メンバーは続々と来年の仕事が決まり始めている。

「5人のレギュラー番組である日テレ系の『嵐にしやがれ』の後継番組『1億3000万人のSHOWチャンネル』を櫻井翔さんが、フジ系の『VS嵐』の後継番組『VS魂』は相葉雅紀さんがMCを務めます。二宮和也さんは日テレ系のレギュラー番組『ニノさん』が継続し、ドラマや映画のオファーも来ているといいます」(スポーツ紙記者)

 大野智は今年で芸能活動も休止するが、■松本潤だけ決まっている仕事がないように見える。実は、彼も“大役”が決まっていて─。

「■松本さんが主演を務めるTBS系のドラマ『99・9-刑事専門弁護士-』の映画化が決まったんです。公開日は未定ですが、配給会社は松竹で、早ければ来年の夏以降に撮影を予定しているそうです。ほかの出演者は、香川照之さんや木村文乃さんなど、ドラマでおなじみのメンバーを予定しているといいます」(芸能プロ関係者)

『99・9』の映画化について、TBSに問い合わせたところ、

「製作過程については従来お答えしておりません」 

 とのことだった。

■俺はダメかもしれない……

 映画の仕事は決まったが、テレビで松本を見る機会は少なくなりそうだ。10月22日に発売された『週刊文春』で、来年以降、彼がドラマの仕事をセーブする意向を示していることが報じられたのだ。それには、こんな理由が。

「■舞台の仕事をやりたがっているんですよ。松本さんが連続ドラマに出演したのは2018年の『99・9』が最後でした。その後もオファーはあったのですが、すべて断っていたんです。■数年前から周囲に“俺はこのままではダメかもしれない……”と話すなど、彼の中で俳優活動に関して、ドラマに出るだけでは納得できない部分があったようで」(同・芸能プロ関係者)

 松本は、2005年のドラマ『花より男子』(TBS系)でブレイクし、その後も俳優として輝かしい功績を残している。そんな彼がなぜ思い悩んでいるのだろうか。

「仲のいい■小栗旬さんや生田斗真さんが、役者としてひと皮むけているのを見て、焦っているみたいです。2人は、多くの舞台で主演を務めました。一方、松本さんは2011年の『あゝ、荒野』以来、舞台出演はありません。■2人からも舞台の魅力を聞いているうちに、“自分に足りないものはこれだ”と思ったようですね」(テレビ局関係者)

 今後は、俳優としてのスキルを高めていきたいようだ。

「これまでは毎年、嵐のコンサートがあり、演出を担当する松本さんは夜遅くまでスタッフと打ち合わせをするなど、演技の稽古をする時間が取れなかった。来年以降は、舞台を通じてレベルアップしようと思っているのでしょう」(同・テレビ局関係者)

 “武者修行”して、パワーアップしたMJを早く見たい!

関連記事(外部サイト)