『クイズ!脳ベルSHOW』なぜ人気? 関係者5人の証言でわかった「団結力」

『クイズ!脳ベルSHOW』

「テレビがつまらなくなった」「若者のテレビ離れ」だのといわれている昨今。どっこい、世間から熱い支持を受けているお化け番組があるんです! それがBSフジの『クイズ!脳ベルSHOW』。

 松本人志、徳光和夫、伊集院光、有田哲平など、番組ファンを公言する芸能人たちも多く、出演志願も多数届くとか! そんなテレビの可能性を掘り起こし続けている当番組の魅力を伝えます!

 ■知識を競い合う地上波のクイズ番組とは違い、誰でも楽しめる脳トレ的なクイズを出題し、“頭を使うこと”の楽しさを思い出させてくれるのが、この番組の人気の秘訣。また、40〜90代の多彩なゲストが登場する様子は、「この番組でしか見ることができない奇跡のコラボ」と呼ばれるほど!

 今回は、MCの岡田さん、アシスタントの川野アナをはじめ、屋台骨を支えている制作陣に、番組の裏側や印象深かった出来事を直撃。こうして脳ベルSHOWは作られていたんです!

■企画・編成▼谷口大二さん

■ハプニングが起きても面白ければそれでいい

 ゲストの中には、バラエティー慣れされてない方も多数いらっしゃるので、予定調和ではない面白さがある一方、毎回フタを開けてみないとわからない“出たとこ勝負”な部分があります。さすがに5年も続けていると、収録中にゲストの携帯電話が鳴るくらいでは動じなくなりました(笑)。

■ むしろそういった素の要素を活かしていくことを心がけていて、ハプニングが起こっても、無理やり軌道に戻すのではなく、面白いほうに流していくというのがわれわれの共通認識です。

 その原点ともいえるのが、第1回の放送で山本晋也監督が白紙で回答をしたとき。わからないものを無理やり問い詰めても何も出てきません。岡田さんは、「残念! タイムオーバー!」という言葉で表現するのですが、回答できなかったゲストが悪いのではなく、番組側の都合で不正解になってしまった──というニュアンスで伝える。

■ “回答者を悪者にしない”という意識を共有している点も、この番組ならではだと思いますね。

谷口大二さん……BSフジ編成局編成部企画担当部長。『クイズ!脳ベルSHOW』の企画・編成を務めている。

『クイズ!脳ベルSHOW』 ※12月7日〜OA分の風景です

■演出▼丸林徳昭さん

■なるべく早く1問正解できるように全員でフォロー

 ゲストによっては、プロフィール情報しかわからないときもあります。ですから、収録中にその人の面白いところや個性が垣間見えたら、そこをしゃぶり尽くすようにしています。

 演出する側からしたら、ゲストの方々には楽しんで収録を終えてほしいという気持ちがある一方で、どうなるか読めないから不安もあります。クイズに答えることができなくて落ち込んだり怒ったりしてしまわないか……ですが、岡田さん、川野さんを含めスタジオにいる全員がフォローするのもこの番組ならでは。

■ ドーピングではないですが、なるべく早く1問は正解できるように、なんとかヒントをあの手この手で伝えているんです。正解すると肩の力が抜けますから、中盤にあるゲストの足跡を振り返るパートでも積極的に話してくれます。気持ちを盛り上げていくような雰囲気作りを心がけていますね。

丸林徳昭さん……『クイズ!脳ベルSHOW』の制作会社、ディ・コンプレックス取締役。番組全体の演出を担当するディレクター。

■プロデューサー▼小沢英治さん

■キャスティングは“嗅覚”としか説明できない

 “40歳以上”という出演者ルールを前提に、数あるゲスト候補の中から、収録に参加する8人(月火の4人と水木の4人)を見つけてくるのが僕で、谷口さんと(演出の)丸林と相談しながら月火と水木各4人の回答者の組み合わせを決めています。

■「どうやってキャスティングをしているのか?」と、よく聞かれるのですが、嗅覚という言葉でしか説明できない(笑)。どう混ぜたらおいしくなるか……料理人に近いものがあるかもしれません。

『クイズ!脳ベルSHOW』 ※12月7日〜OA分の風景です

 おかげさまで番組の知名度が向上したのか、「40歳になったので番組に出場させてください」という連絡もあります。もはやタバコやお酒みたいな感覚(笑)。ですが、誰でも出られるわけではなく、やはり地道に活躍されていたことが大きなポイントです。

 地上波のテレビはどんどん新しいタレントさんが登場しますが、うちは逆。熟成された方々に出演していただきたい。『脳ベルSHOW』は守り続けたものが1つあれば光り輝く番組ですから。

小沢英治さん……『クイズ!脳ベルSHOW』の制作会社、ディ・コンプレックス取締役。番組全体の演出を担当するディレクター。

■アシスタント▼川野良子アナウンサー

■『ヤングマン』をきっかけに役割に変化が生まれました

 最初このお仕事が決まったときは本当にびっくりしました。ナレーションの担当かなと思っていたら、上司から「いやいや、出るの」と伝えられ、「えぇっ?」って(笑)。

 番組開始当初は、出題をする黒子に徹して、岡田さんの邪魔をしてはいけないなと思っていたんです。2〜3か月くらいたって、西城秀樹さんの『ヤングマン』が流れる問題があった際のこと。ついつい「YMCA」をノリノリで踊ってしまい、スイッチが入ってしまいまして……。

 以来、丸林さんにバレたのか、カンペで「ハミングでヒント」など音楽関連の問題は、私の個性を引き出していただくようになり、今に至っています(笑)。

■ 岡田さんも私も、その日の収録の成功・失敗以前に、ゲストの方に楽しんでもらいたい──、その気持ちだけです。0点を出さないように、全員で救いにいくところが、この番組のすごいところ。

■ 収録前に、メイク室で「答えられるかな?」って不安になっているゲストの方もいるのですが、「大丈夫です! 絶対に解けるようにします!」とお伝えして、番組を一緒に楽しむようにしています。

川野良子(かわの・よしこ)……1970年、神奈川県生まれ。1993年、ニッポン放送入社。2006年、フジテレビに転籍。現在、フジテレビ編成制作局アナウンス室デスク担当部長。ラジオ局のアナウンサーだったことからナレーションを担当する機会も多い。番組ルールの説明、クイズの出題やヒントの提示にとどまらず、歌・ダンス・モノマネまで何でもこなすベテランアナウンサー。

■MC▼岡田圭右(ますだおかだ)

■失礼のないように、うまいこと失礼なことを言う

 忘れられないのは、BSフジの上層部の方々もいた第1回の収録で「気合入れていきましょう! “BS朝日”が総力を結集して」と言ってしまったこと……空回りからのスタートでしたねぇ。

 そして、特番の『11時間テレビ』になりますが、スタン・ハンセン、長州力、前田日明といった、憧れの伝説のレスラーたちに囲まれたことですね。自分はアントニオ猪木になったのか!? と。

『クイズ!脳ベルSHOW』 ※12月7日〜OA分の風景です

 ミュージシャンとか、本来であれば接点のない方々と会えて、個人的な魅力を発掘できるのが面白い! 僕がハードルを下げることで、みなさんどんどん柔らかくなってくれるんで、気軽に飛び越えてきてくださいねっていう雰囲気をどう作れるか。ハードルを下げすぎた結果、それが滑り芸にもなっているんですけど。

■ 失礼のないように、うまいこと失礼なことを言う──、これが難しい! でも、それが大事だと思いますね。

 最近、ある記事で岡田圭右の魅力ランキングみたいなものを目にしまして、思いのほか、60代女性からの評判がよくなかったんですよ。脳ベルは人気あるのに僕自身にはないんか、と! ぜひとも『週刊女性』を読んでいらっしゃる女性のみなさま、岡田圭右の応援、よろしくお願いいたします!

岡田圭右(おかだ・けいすけ)…1968年、大阪府生まれ。松竹芸能所属。お笑いコンビ・ますだおかだのツッコミ。第2回M−1グランプリ王者。一発ギャグも得意とし、多方面で活躍中。ホイッスルを片手に縦横無尽に番組の司会進行を務める。多種多様なパネラー陣を明るく愉快に取りまとめる手腕は、各界からの評価も高い。

■脳ベルヒットライブレポート

 11月21日、BSフジ開局20周年を記念して、池袋・サンシャイン劇場で「脳ベルヒットライブ」が行われた。『クイズ!脳ベルSHOW』では、これまでヒット曲を持つ歌手が多数出演。今回は出張版という形で、クイズではなく歌でお客さんを魅了した。

『クイズ!脳ベルSHOW』「脳ベルヒットライブ」

 麻丘めぐみ、森口博子、宮路オサムなど、選りすぐりの総勢15名が紅組白組に分かれ、大木凡人の口上つきで熱唱! もちろん、岡田さんと川野アナを交えたトークパートも舌好調。ここでしか聞けない(!?)秘話もあり、ファン大満足のステージに!

『クイズ!脳ベルSHOW』……2015年10月より放送開始。「なぞなぞ」、「過去のヒット商品を思い出す」といった、誰でも楽しめる絶妙な脳トレクイズに、昭和のスター、スポーツ選手、俳優、文化人など多彩なゲストが挑戦。白紙回答、カンニングまがい(!?)の言動など自由すぎる内容&喜怒哀楽をあらわにしてクイズに熱狂するゲスト陣の姿が、「地上波のクイズ番組よりも面白い!」と話題に。1日15分、毎日の脳トレ習慣が身につく、番組と連動したドリルも大好評発売中!
放送時間:BSフジ 月〜金 22:00〜22:55
再放送 フジテレビ 月〜金 4:00〜4:55

《取材・文/我妻アヅ子》

関連記事(外部サイト)

×