中村芝翫がまた不倫も「あの人はそういう人だから」がまかり通る“異様な業界体質”

中村芝翫

「オリンピックじゃないんだから」なんてツッコミが入りそうな、中村芝翫の“4年ぶり不倫”騒動。『週刊文春』(1月14日号)が報じているのだが、今回のお相手は芝翫より23歳年下、32歳の自称FXトレーダー。彼のファンだったという。

 '16年『八代目芝翫』の襲名を翌月に控えた当時の橋之助は“文春砲”の直撃弾を浴び、謝罪会見を開く羽目に。あれは反省している振りだけだったのか、懲りてはいないようだ。

 ネットニュースのコメント欄は荒れに荒れていたが、歌舞伎界ではこの話題を気にかける様子は見られない。というのも、

「■歌舞伎役者はなによりも色気が大事。女性にモテることに越したことはない。今や時代錯誤な感はありますが、艶事は色気を養う上で不可欠と昔から言われていましたが、現在でもそれは暗黙の了解です。妻に迷惑をかけなければ問題ない、と歌舞伎役者の浮気や女遊びはほかの芸能人とくらべて大目に見られている傾向がありますね」(スポーツ紙歌舞伎担当記者)

 なんでも4年前の不倫が報じられた京都の芸妓とも「■不倫の期間はかぶっているそうです」(同前)とのことらしいのだ。

■「あの人はそういう人だから」

「週刊誌がこれほど不倫を報じるようになるまでは、歌舞伎役者に愛人がいるのは公然の秘密みたいなもので、気に留める人はいませんでしたよ。今回の女性も、10年以上前から交流があり、芝翫さんは隠すこともしなかったので歌舞伎関係者のあいだではよく知られた存在でした。今回報じられたときも皆、■“あの人はそういう人だから”と漏らしていましたよ」(ワイドショースタッフ)

 どの業界でも同じことがいえるのだが、歌舞伎も一定ファン(=フリーク)がいて、楽屋に出入りするタニマチを介して出会うことも多いのだという。時折、歌舞伎役者の隠し子が発覚することがあるが、それほど大きな騒動になることもない。『文春』も今回のケースについては芝翫の妻が三田寛子だから取り扱った節もあるだろう。

 当の三田は前回の騒動時、成駒屋の稽古場前で報道陣に囲まれ、雨に濡れる報道陣を気遣いながらキッパリと、

「これからが、彼の男として、人としての見せどころとなっていきます」

 と語り、離婚の可能性について記者の問いかけられると、

「ないで〜す」と笑顔で否定したのだった。

■コロナ禍ではテレビの“不倫報道”にクレームも

 この神対応で騒動は鎮火し、三田の株は急上昇。その後コメンテーターとしてテレビで姿を見る機会も増えた。

 今回も彼女は『文春』のインタビュー取材に3時間も応じ、やはり離婚はないと明言。そして夫のこと、息子たちのこと、家族の絆について語っている。内容は非常に含蓄のあるもので、夫を諫(いさ)めるだけではなく、立てることも忘れてはいない。名実ともに“梨園の妻”の覚悟を感じさせるものだ。 

 結局、芝翫の不倫疑惑騒動は文春誌上で完結したかたちだ。不倫相手は気になるところだが、これから後追い記事がでる可能性は低いとみていい。テレビでの報道に関しても、

「■コロナの新規感染者が急増するようになった昨年末あたりから、視聴者からは“こんな大変なときにくだらないニュースを流すな”というクレームが入るようになりました。

■ 実際にコロナ関連のニュースが多く、エンタメ系の話題については、尺が取りにくい状況です。それもあって、不倫報道はラインナップには入れても大きく扱わないことが多いですね。ただ、どうしてもワイドショーのスタッフからは“何かしら芸能ニュースを入れなくては……”という発想がなくならないみたいですね。

 コーナーの特性上『バイキングMORE』では触れられましたが、坂上忍さんは“コロナのニュースばかりだったので不倫のニュースでもホッとする”と曖昧なコメントを残されていました(笑)。もう話は完結しているので“掘り甲斐”がないのでは?」(ワイドショースタッフ)

 2度にわたる不倫報道も、妻やコロナにも救われたようだ。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中

関連記事(外部サイト)