久代萌美アナと『北の打ち師達』はるくんが結婚、見えてきたユーチューバーの社会的地位

フジテレビアナウンサーの久代萌美

『さんまのお笑い向上委員会』、『ワイドナショー』(ともにフジテレビ系)などを担当するフジテレビの■久代萌美アナ(31)と、チャンネル登録者数120万人以上を誇るユーチューバー、『北の打ち師達』メンバーの■はるくん(25)の結婚。

 新年早々舞い込んできたこのおめでたいニュースを知り、真っ先に頭に浮かんだのは、≪どこか胡散臭さが拭えなかったユーチューバーという職業のステータスが、ここまで向上したのか≫ということでした。

 職業に貴賤はないですし、久代アナがユーチューバーという肩書きに惹かれて結婚したわけではないでしょう。“女子アナと結婚”=“ステータス向上”というのが短絡的な発想というのは重々承知のうえ、こう感じてしまったのです。

 そこで今回は恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーである筆者が、そんなお二人の結婚から、ユーチューバーという職業について考察します。

■Googleの一声で存在自体が揺らぎかねない職業

 女子アナの結婚相手と言えばプロ野球選手が定番でした。

 真っ先に思い浮かぶのが古田敦也・中井美穂、イチロー・福島弓子、石井一久・木佐彩子、松坂大輔・柴田倫世、高橋由伸・小野寺麻衣あたりではないでしょうか。

 近年でも2014年には堂林翔太・枡田絵理奈、2015年には長野久義・下平さやか、2016年には菊池雄星・深津瑠美、2017年には杉浦稔大・紺野あさ美が結婚していますが、以前に比べると“女子アナ×プロ野球選手”のカップリングイメージはだいぶ薄れてきている印象です。

 そこにきてのキー局女子アナと人気ユーチューバーの結婚は、時代の変化を思い知らされたトピックでした。■“職業”という視点で考えたときの、ユーチューバーの地位が向上したのだという驚きがあったからです。

 日本を代表するユーチューバーであるHIKAKIN(チャンネル登録者数880万人以上)やはじめしゃちょー(チャンネル登録者数900万人以上)らが、億単位以上の年収を稼いでいることは想像に難くありません。そこからチャンネル登録者数120万人以上の『北の打ち師達』メンバー・はるくんは年収数千万円以上あることが考えられます。それこそプロ野球選手にも引けを取らない高収入を得ているユーチューバーは少なくないのです。

 とは言え、ユーチューバーという職業の歴史は、まだまだ浅いもの。

 ユーチューバーは、2007年にYouTubeがアメリカで収益化プログラム「YouTubeパートナープログラム」を開始したことが起源とされていて、日本では2008年からその「YouTubeパートナープログラム」が開始されたので、まだ十数年の歴史。HIKAKINやはじめしゃちょーを擁する、国内最大手のユーチューバー事務所『UUUM』が設立されたのも2013年とわりと最近の話です。

 そもそもYouTubeはGoogleという一企業が展開しているサービスのひとつにすぎません。Googleの一存で根幹となるレギュレーションがいきなり変更されることもあるわけですし、実際、動画再生回数のインセンティブや、動画に広告が付けられる条件もたびたび変更されています。

 ■一寸先は闇。今、得られている収入が、来年も再来年も安定して得られる保証はなく、収入の乱高下を覚悟しないといけない職業なのです。

■小学生の憧れは野球選手よりユーチューバー

 けれど、ここで考えられるのは、“一寸先は闇”、“収入が乱高下”、これはプロ野球選手にも通ずるファクターであるということ。

 そんななか、ベネッセ 教育情報サイトが興味深い調査結果を発表していました。

『進研ゼミ小学講座』が、2020年11月20日〜23日に小学3年生〜6年生の会員7661人(男子2491人・女子5170人)に行ったアンケートによると、「2020年 小学生がなりたい職業ランキング」でユーチューバーは男子で2位、女子で4位という結果だったそうです。

 男子のランキング上位は、1位・ゲームクリエイター/プログラマー(343票)、2位・ユーチューバー(339票)、3位・サッカー選手(187票)、4位・野球選手(166票)。ユーチューバーは1位のゲームクリエイター/プログラマーとわずか4票差で、野球選手にはダブルスコアの差をつけた圧勝でした。

 今の小学生の将来の夢と女子アナの結婚観を結びつけるわけではないですが、小学生男子の憧れの職業として長年トップ争いをしていた野球選手の順位が後退し、そのポジションにユーチューバーがおさまっているというのは事実。ユーチューバーの社会的地位向上を感じさせるランキングでした。

 久代アナの先輩であるフジテレビ・山崎夕貴アナ(33)が2018年にお笑い芸人・おばたのお兄さん(32)と結婚した際には、まだおばたのお兄さんが売り出し中の時期だったこともあり、“格差婚”という声が多く挙がっていました。しかし、久代アナとはるくんの結婚にはそういった声は聞こえてきません。

 ■ひと口にユーチューバーと言ってもピンキリ。はるくんのようにチャンネル登録者数が100万人の大台を突破している人気ユーチューバーならば、キー局の女子アナと結婚しても何も揶揄されることなく、純粋に祝福されるほどユーチューバーという職業のステータスは向上しているということでしょう。

 ユーチューバーと結婚する女性が今後も増えていくかもしれませんね。

PROFILE●堺屋 大地(さかいや だいち)●恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー、恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。これまで『女子SPA!』(扶桑社)、『スゴ得』(docomo)、『IN LIFE』(楽天)などで恋愛コラムを連載。現在は『文春オンライン』(文藝春秋)、『日刊SPA!』(扶桑社)、『Business Journal』(サイゾー)などに寄稿している。LINE公式サービス『トークCARE』では、恋愛カウンセラーとして年間1000件以上の相談を受けている(2018年6月度/カウンセラー1位)。

関連記事(外部サイト)

×