鈴木保奈美、石橋貴明との“離婚説”でよぎる「1度目の結婚で起こしていた逃避行」

鈴木保奈美に石橋貴明との“離婚説” 最近の鈴木には離婚時と重なる動きか

記事まとめ

  • 石橋貴明の妻・鈴木保奈美が、“おひとりさま”の準備を進めていると報じられた
  • 鈴木は『SUIT』で織田裕二と共演、女優が復帰して仕事に精を出すと離婚が近い説もある
  • 平子理沙、横山めぐみ、新庄剛志氏の元妻・大河内志保は活動活発化すると離婚

鈴木保奈美、石橋貴明との“離婚説”でよぎる「1度目の結婚で起こしていた逃避行」

鈴木保奈美

 鈴木保奈美が“おひとりさま”の準備を進めているという。『女性セブン』(1月28日号)が報じたところによれば、鈴木は昨年9月に都内の超一等地にあるマンションを購入したというのだ。価格は3億円を超し、しかも現金一括で。

 最近ではドラマや映画だけではなくバラエティー番組に出演するなど活躍の場を広げている鈴木が億ションを購入しても別段気に掛けることではない。しかし個人名義で購入したとなると話は違ってくる。

 鈴木の夫は言わずと知れた石橋貴明だ。'98年に結婚(両者とも再婚)し、その後3人の娘が生まれている。一時期芸能活動を休止していたが'08年に石橋の事務所に所属して芸能活動を再開するも目立った仕事は少なかった。しかし、'18年にドラマ『SUIT/スーツ』(フジテレビ系)で『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりとなる織田裕二との共演を果たしたあとは、ドラマにバラエティーにとコンスタントに活動を続けている。

■石橋貴明から距離を置こうとしているとしか……

“結婚して芸能活動を休んでいた女優が復帰して仕事に精を出し始めると離婚が近い”

 というのはマスコミ業界でまことしやかに囁かれる説である。吉田栄作と離婚した平子理沙、CMナレーターと別れた横山めぐみ、新庄剛志の元妻・大河内志保らも活動が活発化したかと思えば……といったパターンなどが見受けられる。

 そして鈴木保奈美は昨年7月、石橋の事務所を出て新事務所を設立した。事務所の代表は鈴木の姉、母親が取締役となっている。

「■石橋さんの事務所を出て個人事務所を作った理由がはっきりしないんですよ。独立する必要もないですからね。また個人名義で豪邸を購入したとなると、即離婚ということではないでしょうが、鈴木さんが石橋さんから距離を置こうとしているとしか思えませんね」(芸能プロ関係者)

“おひとりさま”とは別居と取れるが、鈴木は時間をかけてこの機会を狙っていたということなのだろうか。それで思い出されるのが鈴木が前夫と離婚したときの状況だ。

■前夫の留守を盗んで荷物を

 鈴木が前夫であるF-1解説者・川井一仁と結婚したのは'94年のこと。離婚したのが'97年だから結婚生活はわずか3年だった。

 鈴木が離婚した年の夏、私は彼女が都内港区にマンションを借りたという情報を入手した。

 都内目黒区にある家賃100万円を超す超高級マンションで結婚生活を送っているはずなのに、なぜ。

子どもと公園で遊ぶ、石橋貴明と鈴木保奈美夫妻

 調べてみると新たに借りたマンションは夫婦で住むには狭すぎること、また借主が鈴木本人であることがわかった。彼女はひとりでそこに住むものと予想できたのだが、仕事部屋か衣裳部屋として借りた可能性も捨てきれなかった。そこで様子を見ていると、引っ越しはまだだったが鈴木が時折り愛車のポルシェでやってくる。そして何やら少しづつ荷物を運びこんでいるのだった。

 そしてその日がやってきた。10月12日、日曜日。忘れもしないF-1世界選手権第16戦『日本グランプリ』が開催された日だった。

 鈴木は朝から引っ越しを開始、新居に荷物を運び入れた。なかには冷蔵庫やテレビ、大きな家具などもあったことから、マンションは仕事部屋や衣裳部屋ではなく彼女の新居であると確信したのだった。

■ そのとき夫の川井はどうしていたかというと、『日本グランプリ』の開催地・鈴鹿サーキットで解説仕事の真っ最中。つまり鈴木は夫の留守を狙って家を出たということになる。

■ それにしても引越し業者に頼んで一度に持ち出せばいいものを、荷物をこわけに何度も運び出すという動きからして、当時は川井に新居を借りていることを直前まで伝えていなかったのかもしれない。そんな考えも浮かんでこよう。

 川井との結婚後、ドラマは年1本だけ、後は充電期間というスタイルを貫いていた鈴木だが、離婚直前になって連ドラや舞台の仕事を急増させていた。離婚に向けて準備を進めていたことがうかがえるだろう。なにやら最近の鈴木の動きと重なると感じた人も多いのではないか。

 再び“おひとりさま”になる日は近い!?

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>??????????????????????????????????????????????????????????????????????????? ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

関連記事(外部サイト)