広瀬アリス、子育て奮闘中の母親役を演じるも「結婚はまだいいかな(笑)」

広瀬アリス 撮影/伊藤和幸

「子どもを育てるお母さん役は初めて。実際に子ども役の子が泣いてしまい撮影が進まず、それをあやしたりしたこともありました。前と後ろの椅子に子どもを乗せて自転車に乗るシーンもあったんですが、めちゃくちゃ怖くて。世のお母さんはすごいなと思いました。

 ただ、子どもがいてわちゃわちゃしているのも楽しいかなと思いましたが、■私自身の結婚はまだいいかなと(笑)。もうちょっと、ひとりの時間を楽しみたいと思いましたね」

 こう結婚観を語ってくれた広瀬アリスが出演中のドラマ『知ってるワイフ』で演じているのは、2児の母親である澪。ほぼワンオペ育児にストレスを抱え、マイペースな夫の元春(大倉忠義)にイライラを募らせ怒鳴り散らす恐妻だ。

■超恥ずかしかった
中学時代の思い出

「澪と違って、私は疲れちゃうので普段あまり怒らないです。■ただ、怒るときは突発的に怒るのではなく、追い詰めていくタイプ。私を敵に回したらちょっと厄介かもしれません(笑)」

 物語は“結婚生活、こんなはずじゃなかった!!”と悩む元春がひょんなことから過去にタイムスリップ。大学時代の憧れの女性と結婚し新たな人生を送ることになるファンタジーラブストーリーが描かれる。

「■もし私自身が過去に戻るとしたら……学生時代に戻ってみたいです。中学3年ごろからお仕事で上京する機会が多く、帰り道に友達と何か買って食べたり、そういう機会もなかったので。

 卒業アルバムも、久しぶりに登校した際にたまたま体育の授業のときにカメラマンの人が来て撮ってくれたんです。でも、その日、体育着を忘れてしまい借りていたから、全然違う人の名字の体育着を着た写真がアルバムに。超恥ずかしかったですし、それが私の中学時代の思い出です(笑)」

■5年たっても毎日
可愛いを更新中!

広瀬アリス 撮影/伊藤和幸

 元春がタイムスリップした世界では、澪は母親ではなくキャリアウーマンとして新たな運命を送ることに。ちなみに、広瀬にはこんな運命の出会いがあったそう。

「■5年前くらいにワンちゃんが飼いたいという話になり、(妹の)すずとペットショップに行ったんです。私はフレンチブルドッグが欲しくて、妹はトイプードルと2人の犬種はバラバラ(笑)。それでお店に行ったら、可愛いワンちゃんばかりだったのですが、奥のほうに1匹だけお客さんが来ても何の反応もしない超無愛想な子がいて、“何あの子やばいね”って話していたんです」

 その直後、2人は一瞬で恋に落ちた。

「2人でケースに近寄ってトントンと叩いたらトコトコって近づいてきたんです。その瞬間“ああ、この子だ!”って全然関係のない犬種のチワワにひと目惚れ。

 ■名前は“ぱ〜ぷ〜”っていいます。“何であなたは5年たっても可愛いの。毎日、可愛いを更新していくね”と話しかけています(笑)」

■私をいちばん“知ってる” 芸能人

「唐沢寿明さんです。お食事に誘っていただいているのですが、年間を通していちばん会っていて、親戚のおじちゃんみたいな存在です(笑)。いろんなことを客観視されてますし、アドバイスも的確で、何か迷ったら相談してます。私とか“唐沢会”に来る方たちはよく “信頼と実績の唐沢さん”と言ってます(笑)。それくらい何でも話せる存在です」

『知ってるワイフ』フジテレビ系 毎週木曜夜10時〜

■『知ってるワイフ』
フジテレビ系 毎週木曜夜10時〜

ヘアメイク/宮本愛 スタイリスト/朝倉豊

関連記事(外部サイト)