前田敦子の恋愛遍歴からみる“離婚の要因”「熱しやすく、熱し続けるタイプ」

ファーストアルバム発売イベントでの前田敦子('16年)

 昨年12月31日に太田プロダクションから独立したばかりの元AKB48・■前田敦子(29)と、俳優・■勝地涼(34)夫妻が離婚協議に入っていると報じられています。

 ふたりは2018年7月に約4か月の交際を経てスピード婚し、2019年3月には第一子が誕生していましたが、2020年6月には別居報道が出ていました。結婚からわずか2年半での離婚報道にファンは驚いていることでしょう。

 そこで今回は、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーである筆者が前田の過去の恋愛遍歴を振り返りながら、今回の離婚に至った経緯を推察したいと思います。

■佐藤健に尾上松也……前田敦子の恋愛遍歴

 まず、これまで報じられてきた彼女の恋愛遍歴を振り返ってみましょう。

 2010年にイケメン俳優として当時人気だった■山本裕典(33)との熱愛が『週刊文春』で報じられますが、当時は恋愛禁止のAKB48に在籍していたため破局。

 続いて2012年のAKB48卒業直後、またしても『週刊文春』に俳優・■佐藤健(31)と深夜合コンを開き、泥酔していた前田は佐藤の前で号泣、最終的に彼にお姫様抱っこされてタクシーに乗せられたという衝撃的な写真とともに報じられていました。

 2013年には歌舞伎俳優・■尾上松也(36)との熱愛報道が『日刊スポーツ』から流れ、2015年末ころまで交際していたようですが、破局。けれど翌年の2016年にはアパレル会社役員との交際が『女性セブン』で報じられました。

 ■恋愛禁止のAKB48在籍時代もスクープされ、AKB48卒業後はさらに頻繁に熱愛報道が出ていたため、“恋多き女”というイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。

 また、これまでの恋愛が2年ほどの期間で破局したり、夫の勝地とも2年で別居報道が出ていることを考えると、恋愛感情を長年継続できない“熱しやすく冷めやすいタイプ”と思われるかもしれません。

■前田敦子は“熱しやすく、熱し続ける”?

 しかし、過去に報じられた多くの熱愛報道、そして今回の離婚騒動は、彼女が“熱しやすく冷めやすいタイプだから” ――ではなく、■“熱しやすく熱し続けるタイプだから”だと考えられます。

 前田といえば絶対的エースだったAKB48在籍時代から、過呼吸になりながらもステージに立ったことや、感情の起伏が激しくたびたびヒステリーを起こしていたというエピソードが数々ありました。

 それを裏付けるように、過去に交際していた男性宅へ、深夜にタクシーでパジャマ姿のまま押しかけたという報道や、前田が妊娠中に勝地が外で飲んでいると何度もスマホに電話し、家のドアにチェーンをかけて帰ってこれないようにしたという報道も出ていましたよね。

 なんとも思っていない男性にそこまで感情を剥き出しにすることはないですから、■ヒステリックになってしまうのは相手の男性を愛しているがゆえでしょう。

 ですから3年以上といった長期間のパートナー関係を継続できず、わりと短命の恋愛で終わってしまうのは、前田が冷めるからではなく、相手の男性が彼女の愛の熱さ(重さ)に耐えきれなくなるからではないでしょうか。

■どちらも悪くない、愛情量のバランス崩壊

 熱しやすく冷めやすいどころか、さらにその恋愛に没入していき、熱量をキープしたまま猪突猛進の恋愛を続ける。恋が始まった当初は相手の男性も恋愛のボルテージが高いため、一緒に盛り上がっていけるし、彼女の高い熱量を受け止められます。しかし、その熱量を維持し続けて真っ直ぐに感情をぶつけつづけると、次第に疲弊してしまう。

 ■恋愛スタート時の高い熱量を維持するのはなかなか難しく、一般論でいうとゆるやかに(もしくは急激に)下がっていく人のほうが多いもの。ですが彼女はよくも悪くも、その熱量が維持できてしまうのかもしれません。

 そして当然、恋愛スタート時の高い熱量を相手の男性にも求め続けますが、一方、相手はゆるやかに熱量が下がっていくため、徐々に温度差が生まれ、気持ちのズレが大きくなっていくのも容易に想像できます。

 前田が勝地を怒鳴りつけたり、勝地の飲み歩きに苦言を呈し回数を減らさせたり、勝地からの提案とはいえ自分の両親と同じマンションに住んだりと、これまでの報道を見る限り二人のパワーバランス(力関係)は前田優位であったことが伺えます。

 そんなパワーバランスの夫婦生活において、2人の意見の食い違いや、前田の意に沿わない出来事が起こると、熱量の高い彼女がヒステリックに爆発してしまうこともあったのかもしれません。また、彼女は自分と同じレベルの熱量で夫婦生活や子育てに真剣に向き合うことを夫に求めていたものの、勝地にはそれと同等の熱意がなかったことでバランス崩壊が起こったとも考えられます。

 そうだとしたら今回の離婚報道は、前田も勝地もどちらかが悪いというわけではなく、愛情量のバランスが崩れてしまったゆえの悲劇に思えてなりません。

 このままふたりが離婚してしまうのかどうか、まだわかりませんが、AKB48時代も卒業後も、心ないバッシングをたびたび受けてきた彼女。しかし、そのたびに起き上がってきた強い女性でもあります。そんな前田が今回の離婚報道も経験値として蓄え、大女優になるための糧にしていってほしいです。

前田敦子

PROFILE●堺屋 大地(さかいや だいち)●恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー、恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。これまで『女子SPA!』(扶桑社)、『スゴ得』(docomo)、『IN LIFE』(楽天)などで恋愛コラムを連載。現在は『文春オンライン』(文藝春秋)、『日刊SPA!』(扶桑社)、『Business Journal』(サイゾー)などに寄稿している。LINE公式サービス『トークCARE』では、恋愛カウンセラーとして年間1000件以上の相談を受けている(2018年6月度/カウンセラー1位)。

関連記事(外部サイト)