石原さとみ×綾野剛、北川景子×永山瑛太ら、新ドラマ初タッグ“カップル”を徹底解剖!

石原さとみ(左)、綾野剛(右) 撮影/週刊女性写真班

 ついに出そろった期待の新ドラマ。中でも王道ラブ、禁断の愛、離婚ものなどこの春花盛りの恋愛ドラマには、注目の美男美女ペアたちが初タッグ。週刊女性厳選、話題となること必至の新カップルたちをいち早く徹底解剖です!

■『恋はDeepに』(日本テレビ系 水曜 夜10時〜)

海を愛する海洋学者・渚海音(石原さとみ)
ロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野剛)

■運命の恋が禁断に!?
この春いちばんディープな恋

■ 巨大マリンリゾートの開発で出会い、運命的な恋に落ちた2人。しかし、彼女にはあるとんでもない秘密があった……。

 石原さとみと綾野剛がW主演。石原は海や魚が大好きなオタク気質の海洋学者・渚海音を。綾野はリゾート開発を行う会社の経営者一家の次男で、夢だった展望タワーの建設に人生をかける御曹司の蓮田倫太郎を演じる。

■ 初共演について石原は「恋に落ちる相手役として、綾野さんのお名前を聞いた瞬間“わぁ、よかった! 恋に落ちるの簡単です”と思いました(笑)」と感想を。一方、綾野も「くるくる変化する魅力に、僕も現場で包み込まれ、恋に落ちてます」と早くも相思相愛。

 脚本は『おっさんずラブ』などを手がけた徳尾浩司。

「石原さん演じる海洋学研究者と、綾野さん演じるリゾート開発本部長の海にまつわる恋と、仕事の話をコメディーとして楽しく、ときにシリアスで切なく描けたらと思います」

■ 海音が抱えた謎が次第に明かされ、やがて運命の恋は禁断の恋に。彼女は何者なのか。この春いちばんディープな恋が幕を開ける。

■『リコカツ』(TBS系 金曜 夜10時〜)

北川景子(左)、永山瑛太(右) 撮影/週刊女性写真班

自由奔放なファッション誌編集者・水口咲(北川景子)
絵に描いたようなカタブツ男子・緒原紘一(永山瑛太)

■交際ゼロ日婚からまさかの破局!?
離婚から始まる男女の新たな愛

 “リコカツ”とは離婚に向けた活動のこと。ファッション雑誌の優秀な編集者・水口咲(北川景子)は、大手広告代理店勤務だった父と美魔女モデルと呼ばれる母を持つ、現代的で自由な家庭に育った女性。航空救難団のエース隊員・緒原紘一(永山瑛太)は、厳格な自衛官一家に育った絵に描いたようなカタブツ人間だった。

■ まるで正反対な2人だが、運命的な出会いをきっかけに、交際ゼロ日でスピード結婚。しかし、価値観の違いから衝突し、早々に離婚を決意する。だが、祝福してくれた周囲の人たちに気を遣い、なかなか言い出せず……。そんな2人の“リコカツ”から始まる大人のラブストーリーだ。

 北川と永山は大河ドラマ『西郷どん』で同じ作品に出演したが、本格的に芝居で絡むのは今回が初めて。

「こうしてお芝居でガッツリご一緒するのは初めてで。まじめな方だなという印象です」と話す北川に対し、■永山は「主演が北川さんというのは、チャレンジしたいことを受け止めてもらえるんじゃないかという甘えもあり……」。すると北川が「甘えてください、受け止めます!(笑)」と返すなど掛け合いも息ぴったり。

 離婚から始まる本当の恋愛とは。新たな形の恋愛ドラマ誕生の予感!

■『レンアイ漫画家』(フジテレビ系 木曜 夜10時〜)

吉岡里帆(左)、鈴木亮平(右) 撮影/週刊女性写真班

恋愛ベタな孤高の天才漫画家・刈部清一郎(鈴木亮平)
ダメ男ホイホイなアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆)

■漫画のために擬似恋愛
不器用な男女の王道ラブコメ

 山崎紗也夏の同名コミックをドラマ化。鈴木亮平演じる常人には理解できない思考回路を持つ天才漫画家・刈部清一郎と、吉岡里帆演じる夢なし・彼なし・仕事なしのアラサー女子・久遠あいこ。

 ■2人はひょんなことから出会い、漫画のネタのために擬似恋愛をすることに。しかし、人付き合いが苦手な清一郎と、ダメ男にだまされやすく男運の悪いあいこの恋は、少しずつ発展したり、しなかったりで……。

 主演の鈴木は地上波民放連続ドラマ単独初主演で、漫画家役も初。

「今作のようなキラキラした王道恋愛ドラマとは縁遠いと思っていたので、新しい挑戦になると思いました。とはいえ、かなりアクの強いキャラクターではありますが(笑)。■このドラマは男性にもおすすめです。清一郎の不器用な生き方にきっと共感してくれるでしょう」

 そんな鈴木との初共演について吉岡は、「お会いする前からストイックな方だと伺っていました。現場でも“ラブコメといっても、■どこで人はキュンとするのか?”とかを一緒に話し合いながらシーンを重ねていけるのが本当に楽しいです」

 恋に縁がない2人が繰り広げる不器用だらけのハートフルラブストーリー。最後は見事にハッピーエンドとなるのか?

■週刊女性厳選! このペアも注目

川口春奈(左)、横浜流星(右) 撮影/週刊女性写真班

 話題の『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』に続くTBS火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系 火曜 夜10時〜)で、川口春奈と横浜流星が共演。2人の共演は2018年のAmazon Prime Videoの配信ドラマ『しろときいろ〜ハワイと私のパンケーキ物語』以来3年ぶり。

 ■川口はきれいに着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロイン・真柴くるみを。横浜はシンプルを追求する“ミニマリスト男”の藤野駿を演じ、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で、さまざまな恋を繰り広げる。

 共演について川口は「横浜さんとは3年ぶりにお会いするのですが、お互い年を重ねてちょっと大人な感じのラブストーリーをやれることが感慨深いです」

 ■恋愛ドラマ以外での注目のペアは、『ネメシス』(日本テレビ系 日曜 夜10時30分〜)で広瀬すずと櫻井翔が探偵バディに。2人の共演は2018年の映画『ラプラスの魔女』以来3年ぶり。天才的ひらめきを誇る謎多き助手の美神アンナを広瀬、ポンコツだが人望に厚い自称天才探偵の風真尚希を櫻井が演じ、数々の難事件に挑んでいく。

 ■広瀬は「自由人なアンナを楽しんで見てもらえたらうれしいです」

■ 櫻井も「たくさんの人に愛される風真を作れたら。そんな思いで本日も撮影に挑んでいます」

■映画では恋人同士だった2人、
4月ドラマではどうなる!?

有村架純(左)と菅田将暉(右)

? “心に刺さる傑作”と、大ヒット中の映画『花束みたいな恋をした』。観客動員167万人、興行収入が22億円を突破(3月1日興行通信社提供)と快進撃を続けている作品に主演しているのが菅田将暉と有村架純。■終電を逃したことで出会った21歳の麦(菅田)と絹(有村)が恋に落ちてからの最高の5年間のできごとを丁寧に描き、共感を呼んでいる。

■ 2020年で終わりを迎える物語で麦と絹を演じた菅田と有村は、4月スタートの新土曜ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系、夜10時〜)でも共演! 

 菅田が神木隆之介、仲野太賀とともに売れないお笑い芸人のトリオ“マクベス”を、3人がネタ作りに集うファミレスのウエートレスを有村が演じる。93年生まれの4人が実年齢の役を演じることでも話題の今作に主演する菅田にとって憧れだった青春群像劇。

■「あのころ夢中になっていたドラマの脚本家。ほかにもいろいろ(ニヤリ)。こんなにもそばにいてほしい人が集まってしまい、正直浮ついています。責任を感じています。すみませんでした。ありがとうございます。がんばります。でも、それ以上に楽しんでいただきたいのが本音です」

 ドラマで、寄り添うふたつの笑顔が見たいなぁと今から期待してしまいます。

『花束みたいな恋をした』(全国公開中) 配給:東京テアトル、リトルモア (C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

メイク/AZUMA スタイリスト/猪塚慶太(菅田将暉)
メイク/尾曲いずみ様 スタイリスト/瀬川結美子(有村架純)

関連記事(外部サイト)

×