水卜麻美アナ、新総合司会に就任した『ZIP!』初日に緊張「うなされて起きるという…」

水卜麻美アナ、新総合司会に就任した『ZIP!』初日に緊張「うなされて起きるという…」

水卜麻美アナウンサー

『ZIP!』(日本テレビ系、毎週月〜金曜5:50〜)の3月29日放送分から新総合司会に就任した日本テレビアナウンサーの水卜麻美が、同日の放送後リモート囲み取材会を行い、感想や今後の意気込みなどを語った。

水トアナは会見冒頭、「今日見てくださった皆さん、本当にありがとうございます」とあいさつすると、「わたしにとっては緊張の1日だったんですが、みなさんにとっては日常の中の1日。なるべく皆さんに緊張を伝えないようにしていました。でも、どうだったかな」と照れ笑い。「自分の夢だった朝の情報番組の初日というのは今日しかない。でもこれは始まりに過ぎない。身が引き締まる思いでした」と感想を述べる。

放送前日は眠れなかったといい、「布団には入ったんですけど、5回くらい目が覚めて、夢の中で5回くらい『ZIP!』をやっていました」と振り返り、「夢の中で5回くらい失敗しています。それでうなされて起きるという……。そうしたら目が覚めるたびに友人や先輩がメールが届いていて、“明日頑張ってね”って。それを見て“大丈夫、できる”って。考えられる失敗は夢の中でした感じがします」と友人たちの助けに支えながら本番に臨んだという。

前任の桝太一アナからも励ましのメールをもらったといい、「桝さんは、わたしが10年前に桝さんに送ったメールの内容をそのままコピーしたものを逆に送ってくれたんです。10年前は桝さんが『ZIP!』を始めた日。わたしが勝手に大先輩を励まして、“大丈夫、マッサンはできますよ”って声をかけているんですけど、それを逆にわたしに送って、“この言葉は10年前に水トが言ってくれた言葉だけど、そのまま今の水トに伝えたい言葉になっている。当時から水トはわかっていたんだから、今の水トならできるよ”って。なんてあたたかい言葉、なんて先輩なんだろうって。何より嬉しい言葉でした。泣きそうになりました」と紹介した。

自宅を出る際は「一人暮らしですけど、出る前は“行ってきます、大丈夫”とだけ行って家を出ました」と自分に言い聞かせたという。収録中は「わたしがグイグイ引っ張るのはやっぱり最初からは無理だなって。後輩に助けてもらった1日でした」と反省の弁も述べる。また、スタジオの雰囲気に関しては「思っていた100倍くらいあたたかかった。やっぱり好きな番組だなって思えた」と述べ、「『ZIP!』をやっている自分と、その自分を見ている自分がいた。モニターでやっているわたしを見て、グッとくる感じがありました。同時に、責任も感じました」とのこと。

また、アナウンサーを目指した原点が朝の情報番組だったと明かし、「子供の頃、家族より先に顔を見るのがアナウンサーだという小学校時代があったんです。お子様が学校で話せる内容や、将来も記憶に残る内容を届けられたらと思います」と改めて意気込みを述べ、「企画で今いくつか考えていることがあって、いろいろな世界(業界)の方と一対一で話せるコーナーをやってみたいなって。力のある言葉を持っている人のインタビューをみなさんに届けたい。会いたい人はたくさんいます。有名な女優さんや、文化界の有名な人、政治家の人など今オファーしているんです。ぜひ楽しみにしていてください」と話していた。

関連記事(外部サイト)