普通サイズの27本分!?90cm丸太ソーセージを作る理由は?『オモウマい店』スタート

普通サイズの27本分!?90cm丸太ソーセージを作る理由は?『オモウマい店』スタート

ヒロミ

ヒロミがMCを務める『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週火曜19:00〜)が、4月13日よりスタートする。

日本全国には想像をはるかに超える“びっくりなお店”がたくさん! まだ見ぬ“オモウマい店”を求め、スタッフが日本中を大捜索。気になる店を発見したら飛び込みで交渉する、粘りに粘るリサーチと取材スタイル。“グルメ馬鹿”なスタッフが日本全国を駆けまわり、オモウマい店を発掘するバラエティ。MCをヒロミ、進行を小峠英二(バイきんぐ)が務め、この日は、久本雅美、SHELLYがゲスト出演する。

まず登場するのは、茨城県日立市の「サービスを断ると怒る?中華店のママ」。創業53年、今までテレビの取材をすべて断ってきたという店が、あることを理由に取材OKに。なんと焼きそば麺3玉使うなどボリュームたっぷりのメニューの数々は、他の店に行っても「ここの方が美味しい」となってしまい40年も通い続ける客や、他県から人が来た時にここに連れてきがちというほど味も評判! 化粧をばっちりした“すーちゃん”がこの店の名物お母さん。明るくて気前が良くお会計もサービスしてくれるお母さんだが、申し訳なく思い断ろうとすると「騒ぐんじゃねえ」と怒られてしまい……!?

続いては、茨城県北茨城市「自称『普通盛』の海鮮店主」。茨城県五浦海岸そばにある、新鮮な魚介類が売りの料理屋。名物は普通盛を頼んでも超豪快サイズで出てくる海鮮丼や天丼。ハサミで切らなければ食べづらいほどの大きさのネタがふんだんに盛られている。しかもその量からは考えられないお得な値段。だが、大盛で売っているわけではないので「大盛りの店とは言わないで」というのが店の主張。お得にそんなサイズで提供するのには、店主のある思いが……。

続いて登場するのは、埼玉県幸手市「長すぎるソーセージ定食」。幸手市の地元を中心に大変人気のある喫茶店。名物は、なんと普通のソーセージ27本分という90cm程度ある自家製丸太ソーセージ! 見たことのないほどの長さのソーセージだが、それを作る理由は? テレビの取材は長年断っているという店だが、番組ディレクターが何度も遠方から通いお願いしたことで、今回テレビ取材を行えることに。

最後に登場するのは、三重県松阪市「燃やしすぎ焼肉店」。この店では、ホルモンを焼くと70cmほどもの火柱が上がり、店内が煙だらけに。甘みを追求し脂を落とさないため、勢いよく火が上がるのだそう。そのこだわりもあって、ホルモンの味は評価が高く「世界一のホルモン」と呼ぶ人もいるほどの味わいになっている。

関連記事(外部サイト)

×