横浜流星“駿”、川口春奈“真柴”へ涙のカレーに感情移入「胸がぎゅっとなった」

横浜流星“駿”、川口春奈“真柴”へ涙のカレーに感情移入「胸がぎゅっとなった」

記事画像

川口春奈と横浜流星が共演する火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系、毎週火曜22:00〜)の初回が、4月20日に放送。インターネット上では、横浜の“キュン”シーンと物語の切なさに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深めたりする中で、着飾るという鎧を脱ぎ捨て自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。主人公の真柴くるみを川口、真柴とひとつ屋根の下で暮らすことになるミニマリストの料理人・藤野駿を横浜が演じる。

インテリアメーカーに勤める真柴は、広報としてPR活動に従事。会社のためはもちろん、密かに思いを寄せる社長の葉山祥吾(向井理)のためにも、毎日奮闘していた。

宣伝を兼ねたSNSでは、10万人目前までフォロワーがおり、インフルエンサーとしても脚光を浴びている彼女。ある日、仕事で遅刻寸前……。困っていると、キッチンカーでバルを営業する男性(駿)が、車に乗せてくれると声をかけてきた。駿としてはある思いがあったが、フォロワーなのかと勘違いした真柴は、乗せてもらうことに。車中では駿の話。和・洋・中得意で、キッチンカーを出す際、何を出すか迷った際に「フードは勝負の一品、カレーだろって!」と楽しそうに語り出す。駿としては、バルのキッチンカーを出しているつもりなのだが、真柴は、駿を“カレー屋さん”と呼び、身の上話。しかし、彼の態度に若干苛立ちを覚えた。

仕事の忙しさにかまけていると、マンションの契約更新を失念してしまった真柴。彼女に手を差し伸べたのは、友人のフードスタイリストの早乙女香子(夏川結衣)だった。彼女が住んでいるマンションに月5万円で招待される。表参道という高立地でキラキラした生活を送れると思いきや、そこはルームシェアをしている家だった。寺井陽人(丸山隆平)、 羽瀬彩夏(中村アン)のほか、“カレー屋さん”こと駿の姿も!

新しい生活が始まり仕事に邁進する中、SNSもフォロワー10万人目前。葉山社長からは、大きなプロジェクトが終わったら、桜を見に行こうと誘われウキウキだ。

そして迎えたプロジェクト当日、真柴は葉山社長が突然退任したことを知る。しかも、彼と連絡がとれない。家で落ち込んでいると花束が届いた。葉山からだ。その日は彼女の誕生日。カードには「誕生日おめでとう。桜は見に行けない ごめん」のメッセージが添えられていた。そんな折にSNSフォロワー10万人を達成。温かい祝福コメントに包まれる。喜ぶはずの状況なのに、浮かない顔をしている彼女。何かを感じた駿は、カレーを作った。SNSに縛られる真柴を理解できないとしながらも「頑張っていることだけは分かる」と語りかけた。

真柴は涙を流しながら「おいしい」とカレーを食べる。駿が片付けをしていると、真柴がソファーで眠っていた。駿は彼女を抱えて部屋まで運んで……。

ネット上では「横浜流星の手作り料理とお姫様抱っこ付きで月5万って何か月か前に殺人事件が立て続けに起きてないとかじゃないと流石に辻褄合わない」「キュンもあるけど、それだけじゃない。ちゃんとドラマがある感じ」「涙の味がするカレー 胸がぎゅっとなった」「初回からこんなに切ない展開になるとは……油断してました」との声があった。

次回は4月27日に放送。陽人は元気のない真柴を勇気づけようと花見に誘う。

関連記事(外部サイト)

×