白濱亜嵐“隆治”、認知症患者の転倒の理由が気になり…

白濱亜嵐“隆治”、認知症患者の転倒の理由が気になり…

雨野隆治(白濱亜嵐)

白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)が主演を務める土曜ドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00〜)の第3話が、5月8日に放送される。

鬱陶しいほどの熱い情熱をもって、一人前の医師になることを目指す雨野隆治(白濱)が、現実に打ちのめされ、葛藤し、幾度となく涙を流しながら、それでも“医師”という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちとともに成長していく姿を描く青春群像劇。

前回放送された第2話では、隆治が見栄を張って母親にメッセージを送る姿に「息子心にぎゅっとなった」「鹿児島弁可愛い」とインターネット上でコメントが。また、同グループの関口メンディーがカメオ出演したことも話題に。「しれっとメンディー(笑)」「愛おしい」といった投稿が寄せられた。

<第3話あらすじ>
雨野隆治(白濱)は、胃がんで入院している87歳の患者・森山から聞き取りを行い、病状を含めた情報収集する業務(=アナムネ)を任される。しかし、認知症でもある森山さんに何を聞いても隆治は会話にならず、結局看護師の吉川(西尾まり)が事前にヘルパーさんに聞いていた情報をもらうことに。その情報をもとに、今後の治療方針を決めるカンファレンスで隆治は治療方針を提案するが、先輩医師たちは森山の年齢や認知症などの状況を考え、手術を行わず、BSCでいく方針を決める。納得のいかない隆治は、森山に申し訳ない気持ちに。そんな中、森山が夜、ベッドに立ち上がって転倒してしまう。認知症の森山は、その後ベッドに拘束されてしまうが、隆治はなぜ森山が立ち上がろうとしたのかが気になる。

一方、中園くるみ(恒松祐里)は、担当する頭部にガンが見つかったシングルマザーの患者が、治療をすれば根治も目指せるのに、娘の中学受験まで待って欲しいと言われてしまう。先延ばしにすればリスクが高まってしまうため、なんとか説得して治療を行いたいが……。

関連記事(外部サイト)

×